デジカメ散歩日記

自然は四季折々我々を楽しましてくれる。とりわけ散歩道の野草花や野鳥たちの姿を観ていると時間の経つのもわすれてしまう。

ミズキの花が真っ盛り

2017年06月26日 | デジカメ散歩日記

ミズキの花

「梅雨空」だが、時折陽ざしもある。そんななかカメラ持って出かけた。久々「岩杖~杖坂往復コース」を歩こうとおもい、集落へ向かったものの、奥地の集落に至る山の斜面等がきれいに「除草」されていたことから歩くのを断念。奥地の集落(杖坂)までJeepで向かい、その周辺を散策するとともに「棚田風景」をカメラに収めた後、「宮野湖」方面に向かい、その周辺を散策した。ここでは、あちこちでミズキが白い花をいっぱいつけているのを見かけたのでこれを今日の一枚とするほか、ナンテンの花、コウゾの実、久々に出会ったナツツバキなどをUPする。

もう一枚ミズキ

ナンテンの花

あちこちとで見かけた熟した実をつけたコウゾ

ナツツバキ・・・高い位置で咲いていたのでズームアップ・・・花径は5~6cmくらい

杖坂地区の風景(紫陽花と棚田)

「宮野湖」にて・・・今日の湖面は鏡のようだ


この記事をはてなブックマークに追加

美しいネムノキの花

2017年06月24日 | デジカメ散歩日記

美しいネムノキの花

空は「雨雲」に覆われているが薄日も射していることから、午前中いっぱいは降らないだろうと雨具も持たずに散歩に出かけた。今日のコースは田園地帯を経て山地の集落(大山路)一周の4キロ余。田圃の畦に生えていたイヌガラシやキキョウソウ、ウツボグサ、ニワゼキショウなどを撮りながら山地の集落へ。山地の集落にさしかかったところでワルナスビの群生を見かけたのでこれをカメラに収めしばらく歩をすすめていると、ネムノキが美しい淡紅色の花をいっぱいつけているのを見かけたのでこれを今日の一枚とする。家々の庭先や畑の縁などに植栽されている紫陽花が見頃を迎えている。これらや林の下で見かけた八重咲のドクダミなどを撮りながら更に歩をすすめていると偶然Kさんに出会った。「山野草談義」しながらしばらく歩いていると急に大粒の雨が・・・姉に迎えの電話・・・。以下、もう一枚ネムノキの花をUPするほか、前記のイヌガラシ、ワルナスビ、八重咲のドクダミなどをUPする。

もう一枚ネムノキ

田圃の畦で見かけたイヌガラシ(アブラナ科)をズームアップ

ワルナスビ(北アメリカ原産の帰化植物)

八重咲きのドクダミ

散歩道で見かけた紫陽花

散歩道の風景


この記事をはてなブックマークに追加

ネジキの花が健在

2017年06月23日 | デジカメ散歩日記

ネジキ(ツツジ科)の花

薄雲が出でている程度でとても好天気。そんななか、山地の集落・稔畑地区の山道を歩いた。ネズミモチやモリイバラなどを撮りつつ歩をすすめていると、我が家周辺ではすでに終わったネジキの花がここでは健在だった。そんなネジキの可憐な花を今日の一枚とする。そして前記のネズミモチの花を今日のもう一枚しとするほか、今日もモリイバラ、コツクバネウツギの萼片などをUPする。

ネズミモチ(モクセイ科)

モリイバラ

コツクバネウツギ(スイカズラ科)の萼片

コバノガマズミ(スイカズラ科)の実


この記事をはてなブックマークに追加

オカトラノオに出会った

2017年06月21日 | デジカメ散歩日記

お気に入りのオカトラノオ(サクラソウ科)に出会った

梅雨空で時折小雨が落ちてくるが、朝の散歩は「スポーツの森」周辺へ。周辺を一周した後、この時期、大好きなオカトラノオが咲いているはずだと、その場を覘いてみたところ数株が白い花穂をつけているのを見かけた。図鑑によると「野山や丘陵など日当たりのよい草地に生える多年草」と記されているが、我が家周辺では極限られた場所でしか見かけない貴重な存在。そんなオカトラノオを今日の一枚とする。花穂が「トラの尾」のようだとこの名があるとのこと。以下、もう一枚オカトラノオをUPするほか、アカメガシワの花、エゴノキの実、山柿の実などけをUPする。

もう一枚オカトラノオ

アカメガシワの花

エゴノキの実

山柿の実


この記事をはてなブックマークに追加

ユキノシタの群生

2017年06月19日 | デジカメ散歩日記

ユキノシタ

梅雨らしくない好天が続いている。今日も薄雲が出ていいるくらいで好天気。最高気温は32度にもなると報じている。そんななか所要を済ませ「21世紀の森」周辺を歩いた。林下のやや湿った場所でユキノシタの群生を見かけたのでこれを今日の一枚とする。遠くから見ると白一色に見えるが近くで観察すると、花弁は5個あり、上3個は小さな卵形で紅色の斑点がついていて実に可憐な花だある。しばらく歩をすすめているとナガバモミジイチゴが黄色く熟した実をいっぱいつけているのを見かけたのでこれを今日のもう一枚とするほか、すぐその近くで見かけたモリイバラを加えての一枚とする。お気に入りのオカトラノオを探したが見かけなかった。

ナガバモミジイチゴの熟した実

モリイバラ


この記事をはてなブックマークに追加