"四季折々 この一枚″

ブログのタイトルを上記に変更しています。アドレスは同じです。
右端にカレンダーが出ればご覧いただけます。

変わりゆく神戸元町

2017年05月14日 17時48分16秒 | 画像

神戸で一番の商店街「元町」は、スタート1874年と
聞きますから、
明治のはじめになります。

最初は神戸の「もとの町」から、
元町と言われるれるように
なったそうです。

創業100年にもなる老舗もありますが、近年、店舗が
様変わりしてきました。

輸入物でしょうか、女性の小物店も目立ちます。

人出は南側の南京町と比べて大きな差が出ています。

ゆったりと、広い通りを散策するのもいいですが、
やはり、人出があって、買いやすい店が多いことも
商店街の姿です。

都市も長年の変遷の中で姿を変えて行きます。

いつの日か、昔日の面影を取り戻した「元町」
であってほしいとおもいました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山野草 「二人静」(ふたりし... | トップ | 芍薬(しゃくやく)の花 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL