ノンビリートな職場のこと(おもに愚痴です;あしからず)、自転車や二足歩行での職場近傍探索を書きます。
ゆうゆう職場





家族が揃うGW前の田植えが近く、田圃を仕上げねばならぬ。指定休日の昨日、一日トラクターで過ごした。が、暗くなっても作業が残った。今日は出勤なので明日の仕事とする。
 植えた苗が水没することもあるほどに私の田圃は均平化が不十分。昨日は一念発起?柱上の角材を引っ張り、泥状の田面を均そうとした。精農Yさんは先週にやられていて、昨日は田植え上り。真似をしようとしたものの、肝心の柱がない。旧宅を壊した材が小屋の軒下に置いてあったのだが、3m弱と短くしてあったので短すぎる。妻の実家に慌てて問い合わせても同じ状況。ええぃ と、コメリで大枚2700円ほどの角材を求める。長さは4m。
確かに、ロータリーだけよりもたくさんの泥を集めて均平化に役立った様子。ただ不自由な?柱をつけてのトラクターの旋回は面倒くさい。せめてハローがあればなぁ・・・やり手のI上さんやM上さんはドライブハローなるものでアッというまに田圃から上がってみえる。羨
 この均平化が終われば田植えを待つだけとなるが、その前に水を十分張っておかねば田面が乾いてしまう。そして雑草が生えやすくなる。明日の土曜日は水も引きながら残りのトラクター作業だな。しんどいな。今日の職場、昼休み散歩で等々と流れる用水を見る。ここらは雲出川からの用水 と思い込んでいたが、トラクター作業を一服中の方に尋ねたら、別にポンプアップしていると。それにしても我々の地区のかるく10倍を超えるほどの水量は、水争いをしなくてもすむなぁ。さらに羨。
 さて仕事はこれまで。息抜き写真はトラクターから何とかパチリした畦の巣で卵を抱く親鳥。無事に雛がかえると好いな。我が家の軒先では、あいかわらず呑気な?燕ペア。早く卵を抱けよ と娘の代わりに燕を励ましたり…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 抱卵 鳥どり(撮り) »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL