そよ風と木洩れ陽☆*~言の葉エッセンス~*

☆思いつくままに言の葉を綴っています☆*~

尾崎 豊を好きになったきっかけのライブ映像☆*~核 (CORE)~

2017年07月16日 | Favorite Music☆*
おはようございますぅ~

そよかです


昨日の夜

TBSの
音楽の日 2017を
観てたら

尾崎豊さんの息子さん
尾崎裕哉さんが
出てたんです


そしたら
急に
尾崎豊さんの歌を
聴きたくなって



YouTubeで検索


あったぁ~~~


私が尾崎豊さんを
好きになったきっかけの
ライブ映像がーーーっ!!



これ観るまでは
尾崎に全然興味なくて

なんで皆んな

尾崎 尾崎って
尾崎ファン多いんやろ?
って思ってたんです


そんな私が
このライブ映像観てから
尾崎 好きになったんだぁ



そうそう
皆さまは
尾崎豊さんの歌で
何が1番好きですか?


私はね
好きな曲
色々あるけど

断トツ!!


核 (CORE)



これが1番大好き


しかも
このライブが
感動なんです!!


最初に言っとくけど
そう思うのは
私だけかもだけど(笑)


初めて観たとき


泣いたもん



尾崎~~~~~

って(笑)



YouTubeの
コメント見てたら

私と同じように
これが1番好きって
思ってる人が
いっぱいいて
嬉しかった




でね

昨日
これ聴きながら
ふと 思ったのが


尾崎...頑張って生きたんやな...


これには
色んな意味があるんだけど
それは私の心の中に
しまっときます



昨日
久々に聴いたら

このフレーズが
耳に残ったんだ~


愛なら救うかもしれない
君の為なら犠牲になろう

愛という名のもとに
俺は生きたい




素敵




そうだよ!!
愛なら救える
救えるものは
愛しかないんだよ!!

私も
愛という名のもとに
生きていきたいんだ!!




私の心の声でした



もう

ホントに
ホントに
ホントに


すっごいライブなんで
皆さま
ぜひぜひ
1度ご視聴下さいね!!


あっ
ぜひ音量上げて聴いてね


泣くよ(笑)


【伝説のRock Singer ☆ 尾崎 豊】 ♪ 核 (CORE) [ HD or &fmt=35]


何か 話をしよう
何だか わからないけど

俺は ひどく怯えてる
今夜は 泊めてくれ


テレビは 消してくれないか
明かりも ひとつにしてよ

こんなに 愛してるから
俺から 離れないで


独りぼっちで 路地裏
俺の 背中の人影に怯えて

気持ちを 尖らせて
今まで街灯に もたれてた


抱きしめて
愛してる
抱きしめていたい
それだけなのに



何かが 俺と社会を
不調和にしていく

前から少しずつ
感じていた事なんだ


いつからか それをさえぎる
顔を持たない街の微笑み

少し疲れただけよって
君は 身体すり寄せる



愛なら救うかもしれない
君の為なら犠牲になろう


愛という名のもとに
俺は生きたい
死ぬ為に生きる様な暮らしの中で


ごめんよ こんな馬鹿げたこと
聞かずにいてくれ


抱きしめて
愛してる
抱きしめていたい
それだけなのに



真夜中 盛り場
人ごみを歩いていると

日常がすりかえた叫びに
誰もが気を失う


殺意に満ちた 視線が 俺を包む
持たれる心を探す人は
誰も自分を語れない


何から
身を守ろうというの

何かが
少しおかしい様な街で


ネオンライト
クラクション
地下鉄の風
何もかも
元のままに見えるけれど


見えないかい
聞こえないかい
愛なんて口にできない


抱きしめて
愛してる
抱きしめていたい
それだけなのに


ねぇ もしかしたら
俺の方が正しいかも しれないだろう

俺がこんな平和の中で
怯えているけれど


反戦 反核
いったい 何が出来るというの

小さな叫びが
聞こえないこの街で


恋人達は 愛を語りあい
俺は身を粉にして働いている

誰が誰を 責められる
この生存競争

勝つ為に戦う人々を


俺の目を 見てくれ
いったい 何が出来る
ねぇ ねぇ ねぇ


抱きしめて
愛してる
抱きしめていたい
それだけなのに


抱きしめて
愛してる
抱きしめていたい
それだけなのに




この歌が
必要としている方に
届きますように・・・


今日も
読んで頂いて
ありがとうございました
❀*dieuღmerci*❀
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒川沙良さんにブログ読んで... | トップ | 執着を手放そう...☆* »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。