読んでわかるダイエットのやり方

読んでわかるダイエットのやり方はここだけ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

わきがとダイエット

 | ダイエットの意味
なんだか知らないけどワキガの人って太ってるっていう
イメージがありません??

汗かいてることが多いからそういうふうに感じるだけなのかな。

でも痩せてる人でもわきがの人っていたからなぁ。

体型はそんなに関係ないのかな。
コメント   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

食事内容を制限する‐2‐

 | ダイエットの意味
同種の栄養素の異なる形態のものを使う

ジュース類など、砂糖が多く含まれる飲料を摂取すると、急激に血糖値が上昇し、身体はそれに対処するため、膵臓より大量のインスリンが分泌されて血糖を下降させます。

そのため、血糖値の急激な変動がおこります。

一説によれば、この極端な変化が心理面に影響し、「キレやすい」状態をひきおこすともいわれています。

同じように糖分によってカロリーを取るならば、米などの炭水化物で摂取したほうが、血糖値の上昇はゆるやかであり、比較的安定に推移します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食事内容を制限する

 | ダイエットの意味
(相対的に)過大な要素を減らす

高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行います。

なお、糖尿病の場合は、「総カロリーの制限」も併用することをオススメします。

また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがあります。

疾病治療時の薬剤によっては、特定の食物を制限することがあります。
(例:ワーファリン服用時の納豆摂取の禁止)。


(相対的に)過小な要素を増やす

低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボ・パーティー)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取などのことです。

場合によっては保健機能食品(特定保健用食品・栄養機能食品)によって不足分を補うこともあります。

手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うことをオススメします。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

食事の全体量(総カロリー)を制限する

 | ダイエットの種類と目的
体重を減少させる

痩身、生活習慣病の予防や治療効率の増大、関節などへの負担を減少させ関節症などの症状を和らげること等を目的として、食事の総カロリー量に一定の上限を設定します。

それにより、「摂取カロリー<使用カロリー」の状態を保つことで、結果として体重が減少し、目的が達せられることを期待して行います。


体重を増加させる

相撲などのスポーツや、虚弱にみえる体格の改善など、体重の増加が自己の利益となる場面で、体重を増加させることを目的として、食事の総カロリー量に一定の下限を設定します。

それにより、「摂取カロリー>使用カロリー」の状態を保つことで、結果として体重が増加し、目的が達せられることを期待して行います。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットの意味を知ること

 | ダイエットの意味
ダイエットをする前にダイエットの意味を知ることが大事です。


本来、ダイエットとは、健康や長寿、美容などを目的として、食事の量・カロリー・食材の種類・バランスなどをコントロールすることをダイエットといいます。


現在のダイエットは、痩身のために行うあらゆること(運動、生活習慣の改善など)を意味して用いられてしまっていることも多いのが現状です。


つまり痩身=ダイエットを定義付けされているわけです。


正しいダイエットとは食事でコントロールすることなのです。


規則正しい食生活をしてダイエットしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加