ダイエット目的からフルマラソンへ挑戦

ダイエットと健康診断の数値改善目的からジョギングを開始、気付いたらフルマラソンへ挑戦したくなってしまった人のRun日誌

GPS腕時計 ガーミン・エプソン比較(その2)

2017年07月23日 | ランニング
別メーカーのランニング用GPS腕時計を2台同時使用していて、越後カントリートレイルの時は結構差が出たのですが、それ以降はほとんど同じことが多いです。

例えば嬬恋高原キャベツマラソンでハーフを走った時には、80mしか差がでなかったです。21kmで80mということは、0.38%なのでそれこそ誤差の範囲だと思われます。

ですが、たまたま雨の日に練習でアーケード(屋根のある歩道)を10kmほど走ったのですが、越後カントリートレイルの時のような差の出方が確認できました。


越後カントリートレイルの時は、スタート直後から少しづつ一定のペースでガーミンがエプソンの距離を上まわっていって最終的に1.7kmもの差になりました。

今回も同じように最初から少しづつではありますが、ほぼ一定のペースで差が広がり続ける展開になりました。

結果は、10km走って 920XTJの方がSF-850より 400m ほど長く計測されました。
ほぼ4%なので、越後カントリートレイルと同じような状況と言えます。

ガーミンの軌跡


エプソンの軌跡


真上に屋根があるので道路から微妙に外れてしまうのはしょうがないと考えられます。が、軌跡をみると大まかには道路沿いを走っていますので両社とも、なんとか測定できています。

軌跡の外れ加減は、両者ほぼ互角か、エプソンの方が大きいか?くらいにみえるのですが、同様に外れるのであれば同じように距離も多めになっていけばいいのになぜかガーミンの方が多めになってしまうのが不思議ですね。

越後カントリートレイルとアーケード(屋根のある歩道)の共通点は何か?と考えた時

越後カントリートレイルの時もトレイルの中は頭上が木で覆われていることが多かったので今回のアーケード(屋根のある歩道)と似たような状況だった可能性があります。

興味深いですね

その3へ、つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GPS腕時計 ガーミン・エプソ... | トップ | 田舎だけど、きれいなトレイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。