ダイエット目的からフルマラソンへ挑戦

ダイエットと健康診断の数値改善目的からジョギングを開始、気付いたらフルマラソンへ挑戦したくなってしまった人のRun日誌

越後カントリートレイル53キロ参戦記(その5)

2017年06月30日 | ランニング
第3エイドを通過後、また森の中へ



新緑が目に沁みます。



トレイルを登って下ります。



下界に降りてくると ムアッとくる暑さを感じます。
曇りなのですが、たまに日が照る時があります。

GPS時計で53キロのほぼ半分、中間地点ではじめて時刻を気にしてみました。
「 10時半か、 ふ~ん、10時半ね まだ 午前中だ 」と、安心(?)したのもつかの間、

「え?、たしかスタートが6時で制限時間の半分の5時間を足すと11時が中間のギリギリ時間だから、イーブンペースでも30分しか余裕がないじゃないか!!!」

心の中では、1時間くらい貯金があると楽観的に考えていましたが、ここではじめて余裕がないことに気づきました。
40キロ以降に最大斜度・最大高低差の八石山が待っているのでさらにガクッとペースダウンすることを考慮すると実際は30分の半分以下の10分程度しか余裕がないのでは?この悪い予感は第4エイドのタイムチェックではっきりします。
さらに後半もっと左足の状態が悪くなる可能性もあるので、かなり危険なペースだとやっと実感しました



恵みの湧き水です。この横にも施設エイドがあり助かりました。

そしてしばらく走った後で第4エイドがありましたが、写真をとる心の余裕は無く第4エイドの写真はありません。
第4エイドは、地元中学生から保育園児までほぼ村中の人がいるのでは?!と思うくらいの大エイドステーションだったのに写真を撮り忘れるとは、、、
その分、実はエイドを満喫していたということでもあります。おにぎり、おいしかったです。お水、おいしかったです
この第4エイドではタイムのチェックポイントがあり、通過時刻10時52分で、ここの関門時間が11時00分だったので、8分のマージンしか残っていませんでした。悪い予感は当たるものです

本当にケツに火が付きました

その6につづく、、、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越後カントリートレイル53... | トップ | 越後カントリートレイル53... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。