身体と人生を変えたいあなたを徹底サポート!  所沢整体サロンやすらぎどう

埼玉、所沢駅より徒歩3分。心と身体の健康やダイエットだけでなく、自己改革をサポートするサロンです。

あと2カ月、どうする?

2013-10-30 | つぶやき
早くも、10月も終わり。

今回の誕生日は、ありがたいことに、いろいろな方にお祝いしていただきました。
昨日も、思いがけず素敵なパーティーをしていただいたり(レストランでお隣の席にいらした方にまで祝っていただきました)、昨日サロンにいらしていただいた方にも素敵なプレゼントをいただきました(Tさん、Iさん、ありがとうございます)。

今回の誕生日は、自分の中ではとても静かな感覚なのですが、一方で、人生の大きな区切りの時、という感覚もあります。
実際、今、サロンだけでなく、自分の人生そのものにも大改革をおこそうとしているので。

そのひとつとして、久しぶりに、音楽活動を「かなり地味に」再開しようと思います。
まあ、これはあくまで趣味、レベルなのですが。
以前から、メンターのひとりに「仕事ばっかりじゃダメ!」と言われていたので、だったらやっぱり音楽だな、と。
そこで11月か12月に、半年ぶりのソロライブを予定してます。
また決まりましたらお知らせします。

さて。
今年も残り2か月。あなたは、どんなふうに過ごしますか?


この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットの限界。

2013-10-28 | つぶやき
うちのサロンは、比較的、長期間通われる方が多いのですが、「1年ぶり」「2年ぶり」くらいで再来院される方も意外に多いのです。

今通っていただいている方はご存じかと思いますが、このサロン、表向きはダイエットサロン「ぽい」かもしれませんが、じつは、やっていることは「ダイエット」ではありません。
いや、そうなるとわかりにくいから「これからのダイエット」もしくは「本来のダイエット」と言っておきましょうか。
今までと同じような「ダイエット」という考え方で痩せようとしても、必ずどこかで限界がきます。
そのことに、多くの人たちが、気づきはじめています。

今日、2年以上ぶりに来院されたTさん。以前通われていたときのデータをみると、体重はあまり変わらなかったもののサイズは着実に落ちていましたが、仕事などのご都合で来られなくなったようです。
今回久しぶりにお会いしたら、ずいぶんふっくらされていました。聞くと、ご自分なりにいろいろとダイエットしていた、というのです。
でも、「あまりに方法が多すぎて」何をやったらいいかわからず、いろいろやっても目に見える結果が出ない、正しい方法がわからない、ということでした。
これは、Tさんに限ったことではありません。多くの人が、同じような道をたどっています。

ダイエットしているはずなのに、なぜか太る。

信じられないかもしれませんが、こういう人はじつはたくさんいます。
それでもなぜか、多くの人は「方法やツールだけ変えて」同じようなやり方でダイエットを繰り返しています。ほんとうに自分を変えたいなら、このサイクルから脱却しなければいけません。

ボクは、だいぶ前からそのことに気付いていたので、サロンで「従来のタイプの」ダイエット指導をすることをやめました。
では、サロンではいったい、何をやっているのか?
皮肉なことに、「ダイエットしよう」「痩せよう」とがんばればがんばるほど、かえって痩せにくくなるということが多々あります。うまくいくかいかないかは、スタートラインでほとんど決まることが、最近になってわかってきました。
健康的に痩せて、理想の身体、理想の自分を手に入れるために、ほんとうに必要なこと。
自分のココロやカラダを、自分自身できちんとメンテナンスできるようになること。
こういったことを、サポートしています。

そしてサロンは、これから、「小さな学校」へと変化していきます。

この記事をはてなブックマークに追加

メンター

2013-10-27 | つぶやき
今日は、あわただしい日曜日。

合間をぬって、僕のメンターのひとりである、ある方と2時間くらいお話してきました。

僕には今、メンターと呼べる人が何人かいます。メンターというと「良き指導者」「優れた助言者」といった意味があるようですが、ボクにとってのメンターはそれだけでなく「ふつうの人には言いにくいような、本音や苦言もハッキリ伝えてくれる人」でもあります。

今日、メンターの方に聞いたら、やはり、ずばっと確信をついた話ができないタイプの人、つまり思ったことをあまりハッキリ伝えると受け止めきれない、傷ついてしまう人もけっこういるそうです。
したがって、どうしても無難なアドバイスになってしまう。
皆さんは、いかがでしょうか。

ボクは、今の時代だからこそ、「はっきりモノを言ってくれる人」は貴重だと思っています。
今日も、いろいろな本音のアドバイスをもらい、ムチャクチャ参考になりました。

もしあなたが、「もっと自分を進化させたい」と本気で思うのなら、ぜひ一人だけでも「メンター」と呼べる人を見つけることを、おすすめします。

この記事をはてなブックマークに追加

遠い夢も、かなう。

2013-10-26 | つぶやき
台風と地震のダブルでむかえた誕生日 自分らしいなぁ・・・。

昨日は、Tさんから、心のこもった素敵なプレゼントをいただきました。
Wさん、Mさん、Yさん、たくさんの方から、バースデーメッセージをいただきました。
ありがとうございます!

誕生日というのは、あらためて自分自身や人生を見直す、最高のチャンス。
今日、明日は、そんな一日にしたいです。

振り返れば、20代なかばから30代前半にかけて、今のような自分・・・

「心身共に健康で、元気で、身体のことを気にせずなんでもチャレンジできて、バリバリ働ける」

というのは、夢も夢、遠い遠い夢でした。

でもそれがちゃんと叶っていて、しかも年々、パワーアップしてる。
そんな実体験があるからこそ、断言できます。


「夢はかなう。何があってもあきらめない、と100%決めさえすれば」


僕には、まだまだたくさんの夢があります。これから、です。

歳を重ねるのはまったく悪いこととは思わなくて、そろそろ「人生のことを語る」ことも、できるようになってきたかな?

そういえば最近、「ヒロさんって音楽やってるんですか?!」って聞かれることが、なぜか増えてきました。考えてみたら、6月くらいからライブをやってないどころか、ピアノにもほとんどふれてない・・ということに気付きました。
そこで。
11月か12月、年内には一度、どこかでライブをやりたいと思います。ホントはバースデーライブでもやりたかったんですが、とても無理でした。
でも、忙しい・・という言葉は極力使わず(すべてのできない言い訳になるので)ライブ、やります。

この「ライブ」もじつは、以前の僕には「遠い夢」のひとつでした。
今は、ソロで2時間近く、20曲近くも演奏、しかも自分にはとても無理と思ってた弾き語り(しかも自分ではとても歌えないと思っていたオフコースの小田さんくらいの音域の曲)をやっているというのも、すごい夢の実現なのです。

この記事をはてなブックマークに追加

いつ、本気になる?

2013-10-24 | つぶやき
台風がいちばん関東に近づきそうな雰囲気の26日土曜日・・
私、ヒロは誕生日をむかえます。誕生日に台風とは、さすが僕らしい

年齢が変わるタイミングというのは、気持ちが引き締まるというか、いろんな意味で区切りになる。
さあ、新たな歳、どんなふうに過ごそうか?どんな自分でありたいか?

久しぶりに斎藤一人さんの本を買って読んでいたら、こんなメッセージが刺さりました。

「自分の持っているものを、いま、出し切ってください」
「力を出し切って、からっぽになれば、新しいアイデアやチャンスが降ってくる」
「本気を出すときは、いつになったらくるのでしょう。」

(人とお金 サンマーク出版 より)

もちろん、今までの自分は、手を抜いていたわけでもないし、本気じゃなかったわけでもない。
でも、「自分のすべてを出し切ったか?」といえば、まだそこまでではないかもしれない。
まだまだ、できることはたくさん、ある。
やりきってないことも、山ほど、ある。

いつ、本気になるのか?もちろん、それも大事だと思う。
でも、もっと大事なのは、その「本気の想い」をいかに、たやさずにいられるか。
育てていけるか。

以前の僕も含め、多くの人は、本気モードがなかなか続かない。それはそう。本気でいることは、エネルギーを使うことだから。
だからこそ、そこに「自分で考えて」楽しみをみつけることが、大事だと思います。



この記事をはてなブックマークに追加

自分に制限をかけているもの

2013-10-23 | つぶやき
前回、人は無限の可能性とエネルギーをもっていて、それに制限をかけているのは自分自身、という話をしました。

我々は今、すごい時代を生きてるなー・・と思います。
先日、ある人が「お母さんがOさんのCDが欲しいというんだけど、ずいぶん古いCDでお店に売ってない」というので、アマゾンで調べたら確かに古すぎて新品は販売してない。ただ、新品に近い中古がいくつかあったので、そこで注文してその人の家に届くようにしました。しかも、プライム?というサービスを使っているので、次の日には届くのです。
お店で手に入らない欲しいものが、翌日には届いている。
これって、昔だったらありえないことです。
同じようなケースはたくさんあると思う。
どんなことも人が「もっと●●だったらいいな」という願望から始まったこと。単なる「想い」だったものが、実際に「形」や「経験できること」になっているのです。
それも、すごいスピードで。

今、日本には、2つの台風が同時に近づいているようです。

もしかして「台風が近づいてるから具合が悪くなる」と決めつけていませんか?
「台風がくるから、週末の予定をキャンセルしなきゃ・・」と考えていませんか?

人は、自分に制限をかけはじめると、だんだんとエスカレートしてくる傾向があります。
自分にはあれもできない、これも無理・・・可能性がどんどん、小さくなってくる。
以前もお話した、できない理由を探すクセができてくるのです。
「これくらいやったら疲れちゃうだろう」と、自分がもつエネルギーを、過小評価するようになるのです。

ダイエットも同じ。本来もっている「無限の可能性」に制限がかかっている人がたくさんいます。
では、その制限は誰がかけてる?・・・そう、自分自身、なのです。
そして多くの人は、ダイエットすることでその制限をさらに強化してしまっています。
でもじつは、ちょっと視点を変えると、それってすごいチャンスなのです。
自分でかけてる制限なんだから、じつは自分で外せる、っていうことだから。
ただ、その外し方がわからないだけなのです。
それがわかってくると、その人本来のエネルギーが少しずつ、顔を出し始めます。

この記事をはてなブックマークに追加

無限のエネルギーと可能性

2013-10-21 | つぶやき
ダイエットブログにも書いたのですが、最近サロンでは、ホントにちょっとしたことを意識するだけで、一瞬でボディラインが変化する、という実験をやってます。
これが、ほんとうに一瞬で面白いくらいに変わる。人の身体って不思議。

はっきりいって、キレイになりたいなら、そんなに無理して体重を減らそうとする必要はないと思う。
それより、キレイに「みせる」ことを意識する方がずっといい。
なぜ多くの女性は、自ら言わなきゃわからない「体重」を一所懸命減らそうとして、パッと見、すぐにわかる「外見」をキレイにしようとしないんだろう?と、不思議に思ってしまいます。

体重なんて、がんばったってすぐに落ちるとは限らないし、そうだったら、ちょっとした意識改革で速攻変えられるボディラインを磨く方が、ずっと早い。
ところが、冷静に考えればたしかにそう、と思えることが、意外にわからなくなってしまうものなのです。
実際は。

さて、今日は・・ちょっと辛口?な話をします。

「今度こそがんばります!」といいつつ、どうしても途中で「できない理由」を探してしまうクセのある方が、残念ながら時々いらっしゃいます。
僕も、決して強くはない人間。だから、そういう方を責めたり批判するつもりはまったくありません。
むしろ僕は、そういう方こそ、どうやったらできない理由を探すことなく、ゴールまで到達してもらえるかな・・ということを、日々真剣に考えているのです。

時々お話していますが、今日もコンサルのKさんに、いろいろと僕がやっていることの全体像をアドバイスしていただきました。
ミーティングは一回90分くらい、月2回ペースですが、指導料としてそれなりに高額な費用がかかります。
だからといって、Kさんに「頼る」ことはしていません。
毎回Kさんとのミーティングの中でいっしょに課題を決め、それを次回までにこなすのですが、自分自身のアタマを使い、膨大な時間を使って考え、それを具体的に資料やレポート化していくのです。
そしてKさんにお願いしているのが、「ボロボロに徹底的にダメ出ししてください」ということ。

そんな感じでこの3か月、徹底してサロンの大改革作業を続けています。

何が言いたいかというと、身体もまさに一緒だと思うのです。
僕は、指導、サポートや応援はできますが、僕が皆さんに代わって行動してあげるわけにはいかないし、したとしても意味がありません。
今夜もウォーキング会をしましたが、毎回参加してくれるKさんは、この夏から大進化をとげています。 

僕は皆さんに「行動してください」というつもりはありません。
僕も、自分のゴールに向かって、いろいろと工夫しつつ前に進み続けています。

だから、一緒にがんばろうよ、ということを、伝えたいのです。

人は、無限の可能性とエネルギーをもっています。それに制限をかけているのは、自分自身。

この記事をはてなブックマークに追加

メンタル強化法

2013-10-19 | つぶやき
セミナーに参加すると、その時はモチベーションが上がるけど、家に帰ると結局、だんだんともとの自分に戻っていってしまう。
そういう話は以前からよく聞きます。

人は、環境の影響が思っている以上に大きい。同じ環境にいると、どうしても今までと同じような考え方や行動パターンになりやすいのです。
かといって、実際、そう簡単に引っ越しもできない。

部屋の模様替え、配置換えをするっていう方法もアリでしょう。
僕みたいにインスピレーション、あらたな発想が必須な人は、できるだけ家にいないでカフェなど外で過ごす、という方法もアリ。手っ取り早く環境を変えられます。

モチベーションが続かない、ということも含め、最近「メンタルを強くしたい」という相談を、すごくよくもらいます。
それだけ、メンタル面の弱さで悩んでいる方が多いんだな・・と思います。
健康もダイエット成功も、人生を楽しむためにも、メンタルの強化は必須。
せっかくダイエットや健康のための行動を始めて、継続できてきた・・と思っても、メンタルが弱いと、何かイレギュラー的なことがおこったときに過食にはしったり、今までせっかく続けてきたことを一気にやめてしまう、ということが多々、おこりうるから。

プラス思考、ポジティブ思考、アファメーション、自己暗示、引き寄せの法則、マーフィーの法則、思考は現実化する・・
メンタル面へのアプローチや考え方は、いろいろあります。
僕自身も、今あげたものすべて学んできましたし、実践もしてきました。
ところが、成果があった方法もあれば、まったくない方法もありました。
それはなぜなのか?それは長年の謎でした。
そんな中、昨年、ある方法に出会いました。それは、僕自身が無意識に実践していて、長年のカラダの不調から脱却したり、精神的にタフになるきっかけになった方法にとてもよく似ていました。

そこで、この方法を僕なりにまとめ、皆さんに伝えていくことを決めました。
さっそく今日サロンにいらしていただいた方に、テキスト化して渡し始めています。

身につけていただくには、ある程度の期間が必要かもしれません。ただ、お金もまったくかからず、決して難しい方法ではないので、「メンタルを強くしたい」と思う方には、ぜひ試してみてほしいのです。

僕自身もずっと実践していますが、ほんとうにストレスが減りました。
そのせいか、多くの人に「ヒロさんってストレスが全然なさそう」とよく言われるようになりました・・
いや、もちろんストレスあるんですよ、一応、ボクにも
ただ、ストレスになるようなことがあったとしても、気にならなくなったんです。
だから、体調もすごくいいし、元気だし、いろんなことがうまくいくようになってきました。
何より、日々の生活で「不安」を感じることがホントになくなりました。

この記事をはてなブックマークに追加

ストイックさを楽しむ。

2013-10-18 | つぶやき
昨日サロンにいらしていただいたKさん。
すでに十数キロのダイエットに成功しているものの、昨日も「とにかく厳しく、スパルタでお願いします!!」とあらためてお願いされました。
他の方と比べてけっこいうトレーニングの負荷を増やしたり、きびしめのアドバイスをしたりしているのですが、まだまだ物足りないようです

ご存じのように?うちのサロンは今まで「アンチスパルタ」つまり「いかに努力感なしで、怒られたりすることもなく、ダイエットしてるっていう感覚すらほとんどなく健康的に痩せるか?」ということを前提にダイエットサポートをおこなってきました。
そこで今まで、特に厳しくしたりしなくてもいいようにいろいろなダイエットプログラムを工夫して作り、皆さんに提供してきました。それでしっかり成果も出ていたので、ずっとこんな感じでやってきました。

ただ、Kさんを通して「いかにラクしてダイエット感なく痩せるか?」ということにこだわるより、徹底的にがんばって、ほんとうにやった!という達成感を味わうことも大事と思うようになりました。
同時に、僕自身も、自分に対してはけっこうストイックだったことに気付きました
単純に、何事も中途半端にやってもつまらないからです。

みずから積極的に、何かに本気でとりくむ。

大人になるほど、そういう機会が減ってくる気がします。自分でやろうと思わないかぎり、別にそんなにホンキにならなくても生きていける。でもそれでは、自分自身が上のステージに進化することもありません。
むしろカラダや人生は、ゆっくりとした「下りエスカレーター」に乗っていると考える方がいいでしょう。

ということで、いつもどおり前置きが長くなりました。

今、サロンのメニューやシステムなどを徹底して見直し改良をはかっていますが、通常のダイエットサポートに厳しめのコースもつくろうと思います。
すべてを厳しめにする?・・いや、それは僕の性格上、無理。
できないと怒られるとか、そういう厳しさではなく、ワンランク上の自分をめざしてとことんやる。徹底さを楽しむ。そして劇的な結果を出す。がんばった自分をおもいっきり認め、褒める。
気づいたら、以前の自分とまったく違う自分がいる。
そんなコースが、ひとつあってもいいのかな、と考えています。

もしかしてあなたは今、自分自身のことをダメダメだとか、意志が弱いとか思ってる?
もしそうだとしたら・・そんな自分、いつ変える?

この記事をはてなブックマークに追加

ダイエットゲームを楽しむ方法

2013-10-15 | つぶやき
台風は、あっという間に過ぎて行ったようです。大丈夫でしたか?

僕は今月で、またひとつ年齢を重ねます。まあ、歳を重ねるごとに若返ってパワーアップしてる気がしてるのでいいんですが。
人生、40年以上も「好奇心をもって」生きてると、いろんな「この世の法則」的なものに気付きます。
これがホントにおもしろくて、不思議。
なぜなら、真実って、広く一般的に言われてること、常識と思われてることとまったく逆、正反対のことも多いから。
なぜか本質的なことって、意外に知られないようになってる。本質的じゃないことの方が、はるかに広まりやすい。これが本当に不思議でならない。
でも、これも
「なぜ、みんなゲームが好きなのか?」ってことを考えると、納得がいく。
ゲームって、かんたんにすぐクリアできちゃったら、全然面白くない。
ある程度むずかしくできてるからこそゲームであり、面白い。
ジグソーパズルなんかも、同じ。簡単にできちゃったら、つまらない。めんどくさいからこそ、面白い。
だんだんと完成形に近づいていくことに、やりがいを感じたりする。
そういえば、映画なんかもそうだよね。ハラハラドキドキがあるからおもしろい。
あ、僕の大好きなプロレスもそうだ。どちらかが強すぎる一方的な試合では、何も面白くない。
やったり、やられたり・・・大ピンチから一気に大逆転勝利。
これが、最高に盛り上がる。

それって、もしかして、人生もいっしょじゃない?

僕は、ダイエットもある意味、ゲームだと思ってます。うまくいく方法は必ずある。でもあえてそれが、わかりにくくなってる。そこをひも解いていくことが、ダイエットゲームの面白さ。
でも、ゲームがうまくいかなくて、自分を責めたりする人っていないですよね?

サロンでは、今、8週間プログラムという年内限定の特別ダイエットプログラムをやっています。
そこで、これからやっていく予定なのが

「不安、イライラなどネガティブ感情が強ければ強いほどうまくいく」

という、非常識な?ワーク。
これ、ほんとうにおもしろいですよ。
今までマイナスでしかなかったことが、いきなりプラスに逆転しちゃうんだから。

ダイエットがなかなかうまくいかないな・・という方ほど、今まで信じてきた常識を一度、それはホントに正しいのか?疑ってみるといいと思います。
くれぐれも、「ぜったいに痩せてやる!!」なんてまじめに気合い入れて頑張っちゃダメ。

いっしょに、ダイエットゲーム、人生ゲームを楽しみましょう。

この記事をはてなブックマークに追加