身体と人生を変えたいあなたを徹底サポート!  所沢整体サロンやすらぎどう

埼玉、所沢駅より徒歩3分。心と身体の健康やダイエットだけでなく、自己改革をサポートするサロンです。

ふつう

2009-03-12 | Weblog
僕たちは、ついつい

今、満たされているもの

よりも

何か、足りないもの

に、意識が向かってしまいがち。


ふつうに食べられて、ふつうに眠れて

ふつうに働けて・・・・


ふつうに生きられるっていうことは、じつは、何より幸せで奇跡的なことなのに

僕たちは、つい、そのことを忘れてしまう。


なんで、こんなことを書くかというと・・・・


ある方に、まだ30代、40代の男性で

小さな子どもがいる、末期がんの患者さんのお話を聞いたからです。


彼らは、自分の「死」を、どうしても受け入れることができない。


それは、そうだろう・・・・

まだやりたいことはたくさんあるだろうし

幼い子どもを残していくのだから・・・


他人にははかりしれないほど、無念だと思う。


その若いパパは、子どもに

人生最期、どんなことを伝えたのだろう?


僕は、母を56歳でなくしていますし

多くの人の「死」を、そばで見届けてきました。


自分自身も、病気や事故で何度も生命の危機を体験しています。


今から数年前、僕が回復サポートしていた、まだ20歳のI君が、白血病で激しい治療のあと

亡くなっていきました。


だから、生きていられる、元気で働ける、ということがいかに


奇跡的


なことなのか、実感してきたのです。

この記事をはてなブックマークに追加

身体の神秘その2

2009-03-01 | Weblog
僕自身も、身体ってすごいなーって実感することがあります。


僕は、うまくはないけれど、歌うことが大好きです。

今までも、ライブで、何度かピアノの弾き語りをしたことがあります。


ただ、僕は、23歳から十年くらい、闘病生活、療養生活と、リハビリ期間みたいな状態が続き

歌も、すっかり声が出なくなっていました。

なにしろ、気管支炎や肺炎で、呼吸器系を病んでましたから。

大学時代に余裕で歌えていた歌が、高音がまったくでないのです。

それどころか、歌っていると、すぐに酸欠になるのです。

まあ、10年もブランクがあるし、しかたない・・・ってあきらめてました。

それでも、ボサノバはあまり音域が広くないので、歌えてはいました。


そこではじめたのが、車の運転中での歌のレッスン。

大学時代に歌っていた曲を、歌いまくります。

しかも、僕が好きなのは、オフコース、チューリップ、スターダストレビュー、スピッツなど、ハイトーンのボーカルばかり。

最初は全然高音が出ないし、運転中、酸欠になったりしてました(危)

ところが。

うまい、下手はともかく(苦笑)

今では、曲にもよるけれど、ぜったいに無理!って思ってたオフコースの小田さんの曲も、歌えるのが出てきました。

そう、大学時代に歌いまくってた曲が、歌えるようになったのです。


やればできる。

それを、実感しています。


うまい、下手はともかく(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

身体の神秘

2009-03-01 | Weblog
人の心と身体というのは、知れば知るほど、不思議で、神秘的。


ある方から、私、乳がんかもしれないと相談を受けました。

すぐに、連携していただいている医師を紹介。

診てもらったところ、やはり、エコーでも確実に腫瘍らしきものがあるとのこと。

血液検査では、免疫力も低めです。

今、乳がんは治る病気になっているとはいえ、心配でした。

少し後で、ガン研で精密検査をするとのことで

それまで、ストレスを癒したり、食生活もできる点を改善してもらう、ちょっとしたアドバイスをしました。

医師もいくつかアドバイスをくれたそうです。

そして、検査後。







・・・・・いくら調べても、あったはずの腫瘍がない、と連絡をもらいました。

あらためて、僕が紹介した医師でも診てもらったところ、やっぱり消えていたのです。

その医師も、おかしいなぁ・・と、首をかしげていたそうです。


その方のしこりができた原因・・・・それが、ストレスであることは明確でした。

だからきっと、精密検査までの期間、大きな心境の変化があったのでしょう。


腫瘍が消えることなんてあるの?と思うかもしれませんが

実際、ガンというのは、できたり消えたりを繰り返しているそうです。

たとえ、小さなガンができたとしても

免疫がアップするような生活が続けば、あっという間に消えてしまうものなのかもしれません。

それにしても、不思議でした。

この記事をはてなブックマークに追加