もとポッポやの写真とつぶやき

現在過去撮影した鉄道写真を中心にその他写真、エッセイや気になった事をアップしています。

嬉し悲し

2017-04-29 16:16:45 | バス写真


撮影、秋田県北秋田市、2017.4.12

また鉄道ネタが無くなったのでバス画像を。秋田内陸線を撮影しに行った時に偶然通り過ぎる秋北バス(元国際興業いすゞLV324K)。秋田の三種町、能代市、八峰町、北秋田市、上小阿仁村、大館市、鹿角市、小坂町をカバーするバス会社。秋田県では「優良企業表彰」を受けたこともあります。しかし、各地と同じく少子高齢、利用者減で最盛期より廃止がかなり進んでいます。
画像のバスは、北秋田市鷹巣(内陸線の出発地でもある)から合川地区を経由し上小阿仁村の唯一「市街地」と呼ばれる場所を結びます。そこそこの本数?とはいえ便利ではなくまさか出会えるとは思わず…。こういう光景も鉄道ローカル線と同じく失われていく運命。積極的に記録していきたいと思います。

さて本題。
先週末やっと母親が施設を退所し「ある程度普通に生活できて嬉しい」と思っていました。GWを過ぎてから伯母さんの供養に向かおうと考えていた矢先、その伯母さんの長女(従姉)から久々の電話!なんと、伯母さんを送ったはずの「従兄が亡くなった」とのことまだ四十九日を過ぎたばかり…。あまりの早すぎる死にボー然結局最後の死に目に会えず昨日葬式に出席してきました。まだ50代!家が近かったことから子供のころからずーと仲が良かったので(ToT)未だ信じられません!何年かぶりに大泣きしました。
従姉によると、何でも伯母さんの葬儀の時もエラク痩せていたとのこと。今月勤務先から病院へ直行し検査をと相談したところで亡くなってしまったそうです。周りには迷惑をかけず亡くなったのでそれはそれでよかったのかもしれないが…。これで、父方の親戚は、父親の長兄夫婦、次兄夫婦及び長男が亡くなり地元にいるのは従姉と私だけ!もしかしたら次は私かも…。嫌な予感がよぎる。
よりによって今年は次兄(伯父さん)の十三回忌!どうなることか?

ただ、余談ではあるが家の菩提寺の住職の説法は身に包まされる思いで聞いてきましたが、人生についての勉強になりました!

ただただご冥福を祈るばかり…。しかし私の「父が悪さ」をしてきたのに未だ生きているのはやはり「憎まれっ子世にはばかる」とでもいうものだろうか?人生はわからない…。 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショートステイ出所 | トップ | デイサービスのありがたみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バス写真」カテゴリの最新記事