もとポッポやの写真とつぶやき

現在過去撮影した鉄道写真を中心にその他写真、エッセイや気になった事をアップしています。

あれから20年…

2017-03-23 16:22:13 | 鉄道写真(五能線)


撮影、八森~東八森間、2017.3.15

画像は言わずと知れた、八の字山の下を行く40。五能線に通いだしてかなりたちますが、前回も記述したとおり秋田県側は撮影回数が少ないです。その中でもお気に入りは鳥形付近なのですがこの場所はいつも横目で通過していました。(結構各方面で発表されていたので)
しかし、やはり「歯抜け」は嫌なので撮影することに。望遠で引っ張っていますが、気温が高かったせいか拡大すると40は「蜃気楼状態」でした。

さて、昨日秋田新幹線(正式には秋田新在直通特急)が開業して20年を迎えました。当時私はE3検修担当(支社勤務)。3010M(一番列車)ではなく、「8022M~8027M~9024M~8029Mの運転台に故障対応で添乗」しておりました。4本のうち3本は無事何事もなく走りました。
ところが、最後のE3は盛岡駅にて分割最中に運転士からパイロットランプが点かず発車できない(すべて準備が整うと点灯しノッチ(アクセル)が入る)と無線連絡配電盤を調べると、「電制解放」のブレーカーが落ちているこれは200系側で連結し「制御電源がオーバーと検知した時電源を結ばない」(DC100V)というもの。試運転の時から200系側が過敏な編成がいた(同じ改造だけど個体差があった)ため時々現象が起こっていました。

なので、「頭が真っ白になっている車掌さん」に指示、復帰この間約5分。秋田到着は定刻。無事自分の役目を果たしました

あれから20年、E3からE6に代り、併結相手もE2,200系、E5,H5に代り、275km/h→320km/hになりました。よく頑張れたなあとしみじみ…。でも一番思い出に残っているのは、試運転時、盛岡で初めて「200系と連結する瞬間と北上まで運転台から眺めていたいつもとは違う光景です。(無論運転台!)」業界にいても新開業に立ち会う?機会は中々ありません!鉄道マン冥利に尽きるなあと…。あの日の光景が人生で一番の宝物かな?
その一方、東京が近くなったため「ストロー現象」を招いたのには責任を感じた一日でした。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またやってくれました(怒)

2017-03-20 19:17:35 | 鉄道写真(五能線)


撮影、岩館~大間越間、2017.3.15

画像は、先日五能線にぶらっと西海岸へスナップ?撮影に行った時のもの。五能線はもうかなりフィルム時代から訪れていたので、撮影していない場所を穴埋め?するような気分で新しい場所を開拓しています。
とはいうものの、中々五能線の沿線も変わってきていて思うように開拓は難航します。この場所以外も結局1時間近く付近を探索したものの邪魔なものばっかり…。というわけで時間も迫っていたのでお手軽に撮影してしまいましたしかし、お手軽とはいえ深浦警察署のおまわりさんに許可を得ました。ご存じの方も多いと思いますが、オートキャンプ場の歩道橋からです。つまり、キャンプ場が廃墟になっていますが、原則国道そばの敷地は車進入はOKですが、歩道橋付近は進入禁止ですですので、撮影は許可を貰って行ってください。

さて本題。
18日のこと。いつものように母親の施設から帰って、ポストから何やら市役所住宅課より封書が。いまさら何?と開封すると、なんと「家賃督促状!」慌てて通帳記帳すると引き落とされていない!?他の部署はきっちりと料金引き落としになっているまたもや住宅課の落ち度同じ棟の部屋移動だったので、「口座はそのままでいいですと説明を受けていた」のに…。(普通同じ棟で、世帯主も変わらなければ講座変わるわけないのは小学生でもわかる)ちゃんと市に全て書類を出しているのに、呆れるやら頭にくるやらなぜ、督促する前に電話よこさない?確認しない?しかも土曜日夜、締め切りは22日!いい加減にしてくれないかねえ公務員!いい加減訴えるぞ!

やむを得ず、指定管理者の住宅センターに連絡するも緊急対応のみだったが、当直さんがいい方で、事情を酌んで住宅センター職員に連絡してくださった。職員さんから18日と今日20日に連絡が来、住宅センターと市役所とすぐ調査しますとのこと!(おそらくこちら側のミスらしいと言っていた)困ったもんだ!秋田市役所もダメだね明日市役所に殴り込みに行こうと思ったけど…。まあ待ちましょう!住宅センターの職員もかわいそうです。市役所も中途半端に委託するから割食ってばかり日本の行政って??? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たまにはバスでも

2017-03-16 19:09:59 | バス写真


撮影、由利本荘市内、2017.3

画像は、先日由利本荘市に撮影に訪れたた時、偶然やって来た羽後交通日産ディーゼル(現UDトラックス)RM360西日本車体バージョンワンステ。羽後交通は4社メーカーが揃っているけれど昔ほど日デは多くありません。この車は自社発注だけど富士重工が車体製造撤退してすぐだったので西日本車体(福岡)が架装。今ひとつ西の車体は好きではないのだがこの型はまだ許せるって感じ。
ただ、秋田中央交通のRM252もこの車体なのだが、乗ってみたらノンステップの床に無理にワンステップを作り付けた感じのレイアウトで居心地が悪かったと感じました。

それはさておき、こういう風景の中で撮影するとバスも画になるような…。(バスは難しい)

それにしても今年の春?毎日がルーレットで決めているような気温と天気…。ストレスと疲労困憊の私にとっては超辛い撮影に行きたいが行ったら行ったでその後、前にも増して疲労が半端ない体力を何とかせねば。母親はショートステイで上げ膳据え膳でいいよなあ…。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の事

2017-03-14 15:35:06 | 鉄道写真(3セク民私鉄)



昨日の事ですが、午前中に増税反対集会と、家の税申告に参加してきました。午後に風呂掃除中に携帯が鳴り、出ると「秋田朝日放送」から今夜(昨夜)の「トレタテ(16:48~18:57)のトレ天で画像(本編は動画)を使わせてほしい」とのことでした二つ返事で承諾。ただ、今夜か今週中かどちらかに放送と言われたものの、結果は、トレ天前の予告キャッチと本編に放送されました
何せ、だいぶ前に「みんながカメラマン」に不採用承知で投稿していたので…びっくりしました。

25秒の動画ですが、ブログにはそのまま載せることができません(容量が大きいらしい)でしたので一部の切り出しでご勘弁を。

小さいことからコツコツと、今後の撮影の励みになります。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母親には春が…

2017-03-08 19:07:51 | 鉄道写真(3セク民私鉄)


撮影、由利高原鉄道吉沢~川辺間、2017.3.2

今日は昨日と打って変わっていきなりの吹雪!積雪は8㎝。寒くなっても粉雪程度で積雪は無いだろうと思っていましたが、車を見て唖然…。去年と違って今年は中々一気に暖かくなりませんねえ

画像は、何気にふらっと(近場のローカル線なので)由利鉄に撮影に行った時のもの。ここは意外にお手軽俯瞰スポットなのだけれど10年以上前から通っている割には撮影していませんでした。まあ、誰もが行く所は基本嫌なのだけれど…。でもまあ川沿い俯瞰もいいもんだなあと思いつつ。しかし、この季節はモノトーンなのであまり撮影には行かないのだけれど今までの反動かな?

さて、昨年の10月末に圧迫骨折を発症した母親が今日主治医に「とりあえず引越した新居に見学」?(階段のみ)のお許しが出たので試しに連れて来ることになりました。果たしてどうなるのか?今の施設では階段のリハビリはできない(機能が無い)ので、他のデイサービスに通うのか、それとも???です。写真撮影や測定はしますが、ベットの用意はいつしたらいいのか、まだやることはある私自身は、先月までの無理がたたって便秘・頭痛・過眠・食欲不振・やる気のなさといった「普通のうつになる人」(春先に冬季うつが一般的)のような感じで何ともおかしいです 

明日は明日でまた気温が上がるし…。辛いですね。学生時代に自炊が当たり前で得意だったのに、引っ越し後からできあい。体調も悪くなるわな栄養偏るし。

調子良くなりたい今日この頃…。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加