DIDYMOS十勝支店 ~ディディモス育ち~

北海道でも♪抱っこ&おんぶに使えるベビーラップ。子育てを楽しくハッピーにしてくれるディディモスを紹介・販売しています。

やっぱり巻き方

2016年09月24日 | スカイプ講習サービス
久しぶりになってしまいました。

この間、ディディモスに関する色々なニュースもありましたね(^^) 

関東の方では、大きなイベントへの出店や、講習会が盛んに開催され、ベビーウェアリングがどんどん広がっていってます♪

旭川でも、アドバイザーの方によって、色々なイベントでディディモスのベビーラップが紹介されているようです♪

そして、別海や室蘭のアドバイザーも活動を始めていますので、「近くに講習会が無い!」とお困りだった方にも、お役に立てることと思います。

でもでも、まだまだ北海道、そして日本は広い!!

アドバイザーがいない地域の方が多い現状ですね。


今後も、アドバイザー養成講座が予定されていますので(今のところ本州)

できれば各都道府県に一人、という勢いで広まっていけば嬉しいと思っています。



それまでの間・・・


代理店HPからご購入いただき、アドバイザーが近くに居なくて困っている…という方には、


●お電話でのご相談 

●メールでのご相談

●スカイプ講習(有料)


これら代理店のサービスをぜひご利用ください。


特に、スカイプ講習は、映像や音声を利用しての講習になりますので、実際の講習会に近い形で講習を受けられます。

基本的に私、嶋野が担当しておりますので、どうぞお気軽にお申込み下さい。


スカイプ講習申込み


また、人気の2週間レンタルには「無料スカイプ講習」をサービスでお付けしています。

レンタル中、巻き方にお困りの方は少なくないと思いますので、どうぞご遠慮なくサービスを使って下さいね。


このブログのアクセスが多いページは、やはり巻き方に関するページが多いですね。(当たり前と言えば、当たり前か?^^;)


困っているならば、聞くが早い!です。


ベビーラップのネット上の情報は、まだまだ少ないと思います。


できるだけ充実させたいと思いますが、その方に合った巻き方もありますので、なかなか一概には言えないことも多いです。


ご購入下さったショップ・アドバイザーまで、どうぞお気軽にご連絡頂ければと思います♪




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダブルクロスキャリーのコツ

2016年09月07日 | <前抱き>
今日は2組、講習会でした。


お二人とも、偶然「ダブルクロスキャリー」(十勝支店ではお出かけ巻きと呼ばせてもらってます)を教えて欲しいとのことだったので、今回はダブルクロスキャリーをメインに講習しました。



【お悩み】

巻いた後、緩んでくる…


これはダブルクロスキャリーの相談ではとても多いですね~。

巻き方の構造上、ラップ&クロスキャリーよりも緩みやすいのかもしれません?

ですので、緩まないように最後にしっかり結ぶことと、引き締めを丁寧にしっかりすることが大事です。


引き締めのコツは、画像が無いと分かりにくいので、今回はやめておきます^^;

んー、言うなれば、

引っ張るだけでなく、反対側は押す(?)あげる?ようにすると良いです。

違う表現だと、

「緩み」を、できるだけ引き締めている手元に寄せてから、引き締めると良いです。


んー、分かりにくいですね~。

今度画像付で説明したいと思います^^;



・・・・・・・・・・・・・・


次に、最後はしっかり結びましょう、という点についてですが、

フィニッシュ(結び)は、赤ちゃんのお尻の下がおすすめです。



ママの背中(後ろ)で結ぶよりも、前で結んだほうが、きつく結べると思いますし、

結んでしまう前に、最後に軽くジャンプして、赤ちゃんとママさんとの隙間をできるだけ無くし、より密着した状態にしてから、結び終えて下さい。


それから、動かずに立ったままで巻く(結ぶ)よりも、軽く体を動かしながら巻くというのは、けっこう大事なコツになります。

これは、動画がとても参考になると思いますので、YouTubeなどで、世界の達人の巻く様子をぜひご覧ください。

巻く手順だけでなく、身体の使い方(動きながら、身体を小さくゆすりながら巻く様子)をよ~く観察していただくと良いと思います。


私も、まだディディモスがマスター出来なくて困っていた頃(講習は無かったです。)、外国の方の動画をとにかく沢山の種類をみることで、とても参考になりました。


講習会の無い地域では、なかなかマスター出来ずにお困りの方もいらっしゃると思いますが、
マスターしてしまえば、本当に楽に抱っこが出来るようになります。

諦めずに、頑張ってください!



講習に参加できない方のために、代理店のスカイプ講習もあります。

わたくし嶋野も担当させて頂いていますので、どうぞお気軽にお申込み下さいね。


意外な盲点?、つまずきポイントなども見つかって、「な~んだ、そうだったのか!」ということもとても多いです。

実は、今日の講習会でも、結び目を後ろ(背中)にしていたため、緩みの原因となっていました。


自分の巻くところを見てもらう、というのは、講習の無い地域では、一番の近道と思います。

お悩みを解決するためにも、スカイプ講習お申込み、お待ちしておりますね^^



2組とも、ばっちりマスターされてお帰りになりました。

これで、「おでかけ巻き」に無事「修了スタンプ」が押されることになります♪

という、ディディモスユーザー用、スタンプカード作りたいんです~^^;

欲しい!という方が、もしもいらっしゃいましたらご連絡くださいね。

スタンプがたまっても何もありませんけど…笑

あるのは達成感のみ。。。???^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体験のご希望、お待ちしています

2016年08月25日 | ディディモスのはなし
長かった夏休みもようやく終わり、日常が戻ってきました^^;

しばらくブログのお休みしていましたが、またディディモスに関する情報などお知らせしていきますね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


北海道でも、認定アドバイザーが誕生し、新たに「旭川・別海」でも体験・講習・販売が出来るようになりました。

お知り合いなどいらっしゃいましたら、ぜひご紹介お願いいたします。


◆アドバイザー旭川 ホームページ

Facebookページ



アドバイザーさん方を北海道の皆様にもお知らせできますように、準備を整えているところです。

北海道でもディディモスベビーラップが広がっていきますように…


それでは、十勝の皆様は嶋野まで…いつでもお気軽にご連絡下さいね。


他地域についての問い合わせも、体勢が整うまでの間、嶋野にご連絡頂ければご紹介します。


どうぞよろしくお願いいたします。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご紹介ありがとうございます

2016年08月01日 | ディディモスのはなし
十勝支店にみえるお客様ですが

「○○で見かけて、『その抱っこ紐どうですか?』と声をかけたら『とってもいいですよ、芽室に嶋野さんという方がいます』と聞いたものですから・・・」

といったようなご紹介で来て下さる方がとても多いです。


広告を出す財力(?)は無い十勝支店ですが、皆様のおかげで、ディディモスも少しずつ周知されるようになっています。


よくあるお話なのですが、

ディディモスに出会うのは、2人目以降で…という方も多いです。


その場合、ディディモスをとっても気に入って下さるのですが


「ただ一つ残念なのは、一人目から使いたかったという事だけです。」

と仰られることが多いです。



そんな時には、あ~もっと周知を頑張らないと…と自省するのですが…、なんせ広告を打つような財力がなく(笑)ごめんなさい^^;


ディディモスをご友人などにご紹介頂ける方に、


・ディディモスのミニカタログ

・「正しい抱っこ紐の選び方」リーフ

・名刺


ご用意いたしますので、ぜひお声掛けください。

また、ディディモスのミニカタログや「正しい抱っこ紐の選び方」リーフを置いて下さる所がありましたら、ぜひ教えてください!


今後とも、ディディモス十勝支店をどうぞよろしくお願いいたします。


あっ、そうだ!

ご報告をば♪

ディディモスベビーラップアドバイザーの養成講座に参加し、無事(涙)アドバイザー認定を頂くことが出来ました。


数時間の講座を受ければ必ずもらえる…という認定では無く、2泊3日のみっちり講習を受けた後、1か月後にスカイプによる実技テストや、オンライン筆記試験もありました。


もし試験に落ちたら、私、今更どうしたらいいの??^^;

というプレッシャーもあり、ちょっとナーバスな期間をへて(笑)無事、合格認定いただきました。



でも、しっかり試験を受けさせて頂いたこともあって、自信にもつながりました。

そして、知識や技術も確実にレベルアップしました!


養成講座後の、体験・講習会においても、今までのような「経験値による実技メインのアドバイス」だけではなく、ベビーウェアリングの理念や科学的根拠に基づいたアドバイス・ご説明も出来るようになりました。


今回の要請講座で、私の中で一番大きかったかも…と思う収穫は、


日本では「ベビーウェアリング(抱っこで育てる)」が絶滅しなかった。

だからこそ、それがなぜ大事か?という議論は、日本ではされてこなかった。


という事実を教えて頂いたことです。


ヨーロッパでは、特に上流階級において、「ベビーウェアリング」を手放してしまった時代がありました。

そのために起こった弊害があり、その反省もあってか「赤ちゃんの抱っこに関する研究」がとても進んだのです。


なので、日本ではまだあまり馴染みのない「ベビーウェアリング」という言葉ですが、ヨーロッパでは、広く普及していて、そのための色々なグッズなどもたくさん開発・販売されています。


(お産時のカンガルーケア用のウェアのような物も、養成講座で紹介されました。赤ちゃんの保温と落下防止に効果あります。芽室病院にも紹介したい~!)



日本では当たり前すぎて、見えないこと。

それを、これからもずっと無くしてしまわないように…


ベビーウェアリングから遠ざかるような便利グッズも、一般家庭の中でも目立つように感じます。

(例えば、電動で赤ちゃんをゆするベット、本来ならばまだ座れない月齢の赤ちゃんを座らせるイス等、よく見かけるようになりました)


子育てがどんどん孤立化し、ママの大変さが大きくなるにつれ、便利グッズの需要も上がってきているんだと思います。


私もディディモスに出会う前には、置いたら泣く長男を常に抱っこするのがとても辛くて…

藁をもつかむ思いで、「赤ちゃんを置いた状態にできるグッズ」を探しまくった経験がありますから…。


でも、その時には、まだ一般家庭で買えるような価格じゃなかったり、身近でなかったりして、

なんとか「抱っこ」でしのいでいました。


(ディディモスがあれば、抱っこしながらなんでもできたんですけどね~。ディディモスを知らなかった…。)


ママが辛い思いをしてまで、「抱っこ」に拘る必要は無いかもしれません。

でも、赤ちゃんにとっても、ママにとっても、抱っこはとても大切な意味があるんです。


赤ちゃんを抱っこすることが「辛い」ではなく、「楽しい・幸せ・快適」になる。

それがベビーウェアリングのベビーラップなんですよね。



「使ってみたいけれど、使いこなせるか心配」という方は、お気軽に体験会にご参加下さい。


「あの方、使えるようになったかなぁ?」と思わずにはいられない心配性の私が、徹底的にサポートいたします!



そうそう、それから・・・

もう一つの大きな収穫。


「パパが抱っこする必要性」のお話。


ママがベビーウェアリングの理念をしり、抱っこの重要性を知ったとします。

そして、ママは「抱っこで育てる」を実践するべく、一日のうちで長い時間抱っこをします。

そして、「自分の時間がない」ことで悩みます。

でも、赤ちゃんのためと思うと、自分の時間を犠牲にしてでも、赤ちゃんを抱っこします。



もちろん、ベビーラップを使えば、赤ちゃんを抱っこしながら色々なことが出来るので、ピアノを弾いたり、本を読んだり…自分の時間だって取れることもあります。


でも、時には赤ちゃんと離れて、ふっと身体と心の力を抜いてゆっくりしたいですよね。


そもそも、人類が誕生した時から続いていたベビーウェアリングでは、決して「母親だけが抱っこして育てる」というものではありませんでした。


以前、NHKの「ママたちが非常事態?!(だったかな?^^;)」テレビでもあったように、赤ちゃんは地域の人に代わる代わる抱っこされて育てられていました。

確か共同保育、という言葉で紹介されていたと思います。


なので、ママだけがベビーウェアリングを実践するのは、多くのママにとってしんどい事なんです。


現代では、「地域の人に代わる代わる」という環境は難しいと思います。

(※もちろんそのようなコミュニティが今もあるというママさんや、地域は存在します。子育て支援グループやファミリーサポートなど、ぜひ探してみて下さい。芽室では断然おすすめ育児ネットめむろ! 帯広だったらぷれいおんとかちやファミリーサポート!)


そんな中で、頼れるのはパパ!!です。


ディディモスでは、HPからもお分かりになるように、パパの抱っこをとても大事にしています。

実は、講座を受ける前まで、なんでかな~???と思っていたのですが…、そういう訳だったのね~と分かりました。



ママさん、一人で「抱っこ」を頑張らないでもいいんですよ^^


パパさんや、周りの手を借りて、赤ちゃんにはたくさんの「抱っこ」をしてもらってくださいね。



私は周りの人に抱っこしてもらうのを「申し訳ない」と思っていた時期も長かったですが、

今思えば、赤ちゃんって本当にかわいい存在です。

周りの人は、ほとんどの場合、むしろ「抱っこしたい」んです。


ただ、ママに遠慮しているだけ…。


困ったり、辛かったりしたら「ちょっと抱っこしててもらっていいですか?」と遠慮せずにお願いしてみて下さい。

きっと喜んで抱っこしてくれますよ。


人見知り時期の赤ちゃんは泣くかもしれないけど、それで何か母子間のきずなが壊れるわけじゃありませんから大丈夫!


そうやって、ドタバタしているうちに、赤ちゃんもママも育っていきます。


私もまだまだ新米母さんですが、とりあえず、日々、孫をもつおばちゃん達から子育てについて勉強させていただく中で、感じるところです。


うちの子も、小3・小1・年少 …と、こんな親でもなんとか育っていくものですね^^;


夏休みで、毎日の小言も忙しい日々ですが(笑)ディディモスに関するご相談など、なんでもお気軽にご連絡くださいね。

ほんと長くてすみません。

終わり。


















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ベビーウェアリング体験会

2016年07月31日 | ディディモスのはなし
ご無沙汰しております!

少しづつ準備が整いましたので、体験会のほうも進めて参りたいと思います。


【9月のベビーウェアリング体験会】


<日時>


9月6日(火)10時~11時半

9月23日(金)10時~11時半

※その他、ご都合の悪い方は別途開催可能です。


<場所>

嶋野 自宅です。

芽室町の愛菜屋さんのすぐ近くです♪


<対象>

ディディモスベビーラップにご興味のある方

各、定員3組


<参加費>

無料



<内容>

①ベビーウェアリングの基本的な話

・ベビーウェアリングって??


・抱っこ紐の種類~ベビーキャリアとベビーウェアリングの違いは??


・抱っこ紐を選ぶ時のポイント(正しい抱っこ姿勢を知っておきましょう!)




②ディディモスのベビーラップ体験、希望者には「ディディタイ、ディディスリング」も体験

・巻き方は「ラップ&クロスキャリー」です。

一人で巻けるようになることを目標とする体験会です。

ベビーラップを自分で装着した際の快適さ・気持ちよさをぜひご体験下さい。



<申込み方法>

お電話かメール、またはディディモス十勝支店Facebookページからお申込み下さい。

※その際、下記内容についてお知らせください。



・希望日時

・参加される大人のお名前

・お子様の月齢

・ご連絡先



電話 090-1385-8775 / 0155-62-6244

メール shimano@didymos.jp




ご連絡お待ちしておりますね(^^)




大好評のスカイブルーも再入荷されていますよ♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加