DIDYMOS十勝支店 ~ディディモス育ち~

北海道でも♪抱っこ&おんぶに使えるベビーラップ。子育てを楽しくハッピーにしてくれるディディモスを紹介・販売しています。

おんぶ講習会のお知らせ

2017年04月28日 | <巻き方について>
5月1日(月)10時半~11時半

おんぶ講習会を開きます。

セキュアハイバックキャリー
リュックサックキャリー
ダブルハンモック

こちらの3種の中で、ご希望のおんぶをお教えします。
(※おすすめはセキュアハイバックキャリー
とっても分かりやすい動画ですので、ご紹介させて頂きます。


参加希望の方はご連絡下さいね。

090‐1385‐8775

shimano@didymos.jp


あと1~2組様、お受けできます。


よろしくお願いします★


先日、保育士さんが体験して下さって、とっても気に入って頂けました。

やっぱり、初めてあの密着感を味わった方には、ちょっとした衝撃だったりするようですね(^^)


抱っこに対しての気持ちが、凄く前向きになった!というご感想をたくさんいただいています。

体験会は、随時開催していますので、「私も一度試してみたい!」という方はぜひご連絡下さいね。

だいたい月曜日の午前中はお受けできます。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トップレールの引き締め大事!

2017年04月03日 | <巻き方について>
こんにちは。

私はレンタル中のお客様のご相談をお受けしているのですが、皆さん上手くいかないポイントは大体同じのようです。

十勝支店でも、かれこれ…6年?初めての方に講習してきましたので、だいたい「つまづきポイント」は分かってるつもりでしたが、レンタルされるお客様は、講習に参加できない方がほとんどですので、なかなか、上手く巻くためのポイントやコツが掴みにくいですよね。

つまづきポイント

①巻いている途中、赤ちゃんが泣いてしまう、反り返ってしまう
赤ちゃんが落ち着かず泣いてしまうのは、ほとんど「ゆるい」ことが原因です。

ラップ&クロスキャリーの場合、布の中に赤ちゃんを入れた時が、一番緩い状態ですね。

この時点で、きっと泣かれてしまうかもしれません。

そうならないように、赤ちゃんを入れる前に、赤ちゃんが入るだけのスペースを残した上で出来るだけ引き締めておくと良いですよ。

このちょっとしたひと手間で、赤ちゃんを入れた時にも、すぐに安定感が出ます♪

(もちろん、その後の丁寧な引き締めは必要です)


②トップレールの引き締めが足りない
これはとっても多いというか、私が受けるご相談でほとんどの場合がそうです。


トップレール(赤ちゃんの首を支えるほう、上のレール≪ふち≫)の引き締めは、何も知らずに引き締めしていても、なかなか上手くいかないでしょう。

先日、ディディモス公式ブログでもご紹介ありましたが、ぜひこの動画をご覧ください★

日本語の動画

トップレールを引き締めるためには、

1、背中でクロスしている2枚の布のうち、下側の布から先に引き締める

2、ゆるみを、抱く人の脇のほう、背中に近い所に寄せておく

3、テールを引き締める際には、抱く人の後ろ(背中のほう)にも手を伸ばそう!

4、テールを引っ張る方向にも、コツあり。引き締めたい部分と、平行になるように引っ張る。


★そして、どの巻き方でもそうですが…
引き締めた後は、そこから緩まないように!

引き締めたテールは、少し引っ張るような気持ちで、手をスライドさせて、フィニッシュに向かいます。


というような所、ぜひ確認してみて下さいね。

今はスマホなどで簡単に動画が取れますね。

ぜひ自分が巻いている所を動画で取ってみると、どこが改善ポイントか分かりやすいと思います。



そして、自分の巻き方、合ってるかな??とご心配な方がいらっしゃいましたら、

お写真でも良いですし、動画だともっと良いですが、それを送って頂く等して、

ご購入先のアドバイザーまでご相談下さいね。


どうぞよろしくお願いいたします!


嶋野











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

譲渡の際にはぜひ講習を♪

2017年02月27日 | ディディモスのはなし
十勝でも、少しずつ春を感じるようになりましたね。

風の無い日には、赤ちゃんとのお散歩も気持ちのよい季節です♪


何年たっても、とっても丈夫で元の形状のまま使える一枚布のディディモスは、

ご友人から譲り受けるという場合もあると思います。

十勝支店のお客様でも、そのようなお話を時々お聞きします(^^)


ベルト式などの抱っこ紐ですと、製品によって耐久年数に制限があったり、形状が変わってしまったり…という問題もあり、安全面から言うと使用後の譲渡はあまりお勧めできないと思っていますが、

ディディモスは大丈夫です!

譲渡後でも、安全に快適に使用して頂けます。



もし譲り受けた際にも、講習は可能ですのでぜひご連絡下さい。

その場合、講習費1,000円にてお受けいたします。


また、ベビーラップだけでなく、ディディタイ・リング付スリングも販売&講習可能です。

お気軽にご相談下さいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

進化し続ける!ベビーラップ

2017年02月17日 | <巻き方について>
お久しぶりとなってしまいました。

どのように巻けば、より赤ちゃんにとって、そして抱く人にとって快適で巻きやすいか??

私も日々勉強です。


最近では、ラップ&クロスキャリーも、ハンモックポジション(赤ちゃんが布に深く座る姿勢。お尻よりひざが高くなり、背中は緩いCカーブ。理想的な姿勢)が確実にとれるように、工夫された巻き方が紹介されています。

ベテランユーザーの方にも、ぜひ知って頂きたい巻き方です。


コミセンにての講習会開催を計画中ですので、ぜひご参加下さいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ママ・パパにとってのディディモス

2017年01月24日 | ディディモスのはなし
本日、十勝…芽室町の最低気温は-29度でした。

さ、寒かったですね。


先日、体験講習会の後、ディディモスを出しっぱなしにしていて、4歳の娘が幼稚園から帰ってきたので、ほんの気まぐれに

「久しぶりにディディモスで抱っこしてあげようか?」と聞くと

とってもとっても嬉しそうに「やったー!」と喜んでくれました。


「懐かしいね!」なんて言葉も覚えたらしく、いっちょまえに、そんなことを言いながらのダブルハンモック。



私にとっても、ディディモスでの抱っこは心の安定剤です。

そもそも、イライラした気持ちでは、布で包むという作業ってあまりできない気がします。


イライラした気持ちも、ディディモスで巻いている内に、なんだか落ち着いてきて、

ぴったり抱っこできた時には、かわいいなって気持ちになっているというか…。


子育てでちょっと疲れた時にこそ、無駄に(?)特段、必要ないような時にでも、ディディモスで「ちょっと抱っこしてみるか」と気分を切り替えてみるのもおすすめです。

スキンシップによって、情緒も安定するというのは科学的にも証明されていますしね。


また、お母さんも時々ディディモスで包まれてみて下さい。

毎日、子育て本当にお疲れ様ですよね。


また、最近はお父様もディディモスを練習して頂くことも増えました!
密着することで、より我が子への愛情を感じるとのご感想も頂き、本当に嬉しい限りです。

パパさんにとっても、我が子との絆を深めるよい機会になると思います。
ぜひぜひ積極的に抱っこしてあげて下さいね。



嬉しい時も、ちょっと落ち込んだ時にも、ディディモスがお役に立てますように…。

きっといつか、思い出のつまった一枚になると思います。



巻き方などについては、いつでもご相談下さいね。

お待ちしております。

また、体験会・講習会についても、お気軽にご連絡下さい。

2月はまだ未定ですので、ご希望に合わせて調整いたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加