That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

マインドパレスのジョン

2015-11-17 07:35:13 | Sherlock Topics 2015
先日、といっても今月の初めくらいにRTされてきたタンブラーの中で
S3でシャーロックのマインドパレスに出てきたジョンのカーディガンについて考察していました。
大分前に書かれていたものなのでご存知の方も多いかと思います。

元記事です。
http://violet-vernet.tumblr.com/post/120855723964/waitingforgarridebs-thememacat

要約すると、何度かジョンがいないのにジョンと話しをするシャーロックの場面があって、
シャーロック自身もジョンがいない事に気づいてないですよね。

↑余談ですがこの場面の画像をネットで探していて、
これでいっかーとこの画像のサイトに飛んだら自分のブログだった。びっくり。

だからこの場面のジョンもシャーロックのマインドパレスなんじゃないかと。
だってジョンは昨日ダブリンに行っていたって話してましたし。


どちらも同じカーディガンを着ているけどこのカーディガンは、
プールでモリアーティと対峙した時にジョンが着ていたカーディガン。
つまりジョンが命がけでシャーロックを助けようとした時のカーディガンなんです。


と、こんな話なんだと思います。

シャーロック・・・(涙)

それにしてもよく気が付きますよね。
ベルグレービアで依頼人の後ろにジョンが座っていたことすらよく覚えてないくらいなのに。

もちろん、S3のこの場面は現実に戻った時にもジョンはこのカーディガンだったし、
ベルグレービアの時も、この次の日にジョンが現場に行ったとは限りませんが、
そんなこまけーことはいいんです!そんな論破は要らないんです。
素直にニヤニヤしておきましょう。

ニヤニヤというよりどちらかと言えば泣けてきますけど。
この仮説が真実なら、シャーロックはどんだけ一途なんでしょう。

モリアーティからの連絡でこのプールに来た時、
ジョンがモリアーティ?とシャーロックが今までにないほどすごく動揺していましたよね。


ジョンの姿を見てしばらく固まっていたシャーロック。


もうこの横顔なんて今にも泣きそうで・・・・


それだけジョンを信頼していたんだろうと思いますが、
プールサイドで命を賭けて自分を逃がそうとした後のシャーロックはそれ以上に動揺し、
うろうろと落ち着きがなく、どう受け止めていいかわからないといった風でもありました。

ジョンを受け入れたのがピンクだとしたら、
このプールサイドでシャーロックは完全にジョンにやられちゃったわけです。
だからマインドパレスにいるジョンはこの時の姿なんでしょうね。

ちょっと私、暴走してます?
すみません、この辺で終わりにします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sherlock dicomade動画 | トップ | マーク・ゲイティスのインタ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうだったんですかー! (Misty)
2015-11-18 23:06:00
こんばんは。
ジョンのあのカーディガンというか服装って、あのプールサイドのシーンのだったんですね~今更ながら、そうごい大発見をした気分です。

S3E2のスタッグナイト翌日のシーンでジョンの服が途中で変わるから、あれはマインドパレスのジョンだという話は以前どこかで読んだことがあったのですが、その服装の由来までは気がつきませんでした。あのシーン、現実ではスタッグナイトに着てた(シャーロックと初めて会った時の?)シャツと青っぽい上着だったと思いますが、「違いを分かりやすくするために赤?」なんて思ってた私は大ボケです。そして、ベルグレービアで既にこのバージョンのジョンが出ていたなんて、全然気がついていませんでした。

シャーロックってば…(涙)なんだかこれ以上書くと大暴走間違いなしなので、今夜はこの辺にしておきます。でも、目から鱗な発見をさせてもらって、ありがとうございます~
すみません、訂正です (Misty)
2015-11-18 23:51:31
そうごい発見って…我ながら、ちょっと動転してたような(汗)“すごい”発見でした。
Re.そうだったんですかー! (dico)
2015-11-18 23:52:53
Mistyさん
こんばんは~
そうなんですよー、びっくりです。
てか、S3E2のマインドパレスでジョンが現れてラップトップ並べて、
チャットしている部屋に戻るあの場面も現実じゃないってこと?
そういうことーーー!
私の方が大ボケかも。いえ大ボケ自慢しているわけではありませんが・・・
ジョンの服装が変わっているのはスタッグナイトの翌日よりもさらに数日後くらいな認識でいたので全然疑問に思いませんでしたよ。
あの場面もマインドパレスとか、シャーロックどれだけ・・・・(号泣)
どこまでE2をシャーロックの悲恋物語にするのでしょうか(言っちゃった)

いえいえ、こちらこそ新しい発見ができて嬉しいです~
コメントしたら・・・ (dico)
2015-11-18 23:55:08
Mistyさんの訂正が!
すみません、「そうごい」よりも訂正コメントに笑ってしまいました。
ホントにねー、シャーロックは奥が深いですね。
暴走が・・・ (マラカイト)
2015-11-20 10:42:45
いや、もう暴走が乗り移りそうです。www
カーディガンが同じとかでそこまで発展させて考えられるのが羨ましいくらい、頭がずぼらな自分ですよ。
マインドパレスと言われたら「オゥ シャーロック…」
涙出そうです。
今までひとりぼっちで、シャレコウベに話しかけていたんですよね。
それが、ジョンという相棒に出会って話しかけていたんですね。本人がそこにいなくても…
かわゆい。かわゆすぎるっス。

あっ いきなりですがお久しぶりのコメントですね。
実は、右肩を痛めまして動かすと痛くてたまらずパソコンのキーボードを打てませんでした。
やはり、まだ関節がギコギコして鈍い痛みがあります。もしかして○十肩とかいうやつなのかなぁ…
英国旅行記のコメントとかできなくて…涙
もう少し養生してみます。読みはできるので毎日きますね。
Re.暴走が・・・ (dico)
2015-11-21 00:42:41
マラカイトさん
こんばんは!お久しぶりですー、と思ったら肩を痛めてしまったんですか。
○十肩もかなり辛いみたいですよ。あ、でも別に年齢は関係ないとMy主治医が申していましたw
いやでも、本当に養生してください。
キーボードだけではなく本当は画面を見るのもよくないかもですが、
でもマラカイトさんには遊びにきてほしいので・・・ジレンマです。
コメントはいつどこに頂こうと嬉しいですので無理せずまずは治してくださいませね。

で、え?暴走しそうですか?もうもう大歓迎ですよ。
遠慮なく思い切り暴走しちゃってください。
私もカーディガンなんてちょっとダサ・・・くらいしか思っていませんでしたよ。
そんなカーディガンひとつでここまで妄想できるのもシャーロックの醍醐味で(笑)

ジョンがそこにいなくても話しかけるって冷静に考えたらかなりアブナイですけど
シャーロックの場合はかわいい、とか思えてしまうんですよね。
でも今では221Bにジョンは住んでいないのでそれを考えると泣けてきます。。。

また話が肩ですが、寒くなったのもあるかもですね。
風邪などもひかぬようご自愛くださいね。
Unknown (はる)
2015-11-24 12:51:59
こんにちは。

依頼人の後ろにジョンがいた事含め、カーディガンの一致にも全く気付きませんでした。

人前で話す機会の多い同僚曰く、話している最中は、常に自分を第三者のように頭の後ろから見ているイメージで、且つ自分に突っ込みを入れながら言葉が勝手に出てくる。のだそうです。
これを発展させると、シャーロックのように会話すら出来てしまうのでしょうね。

ですが、そのビジョンがカーディガン・ジョンだなんて!カーディガン・ジョンとして内包しているだなんて! 凄い信頼です。シャーロックまっしぐら。実に、一途です。

そして、このシャーロックの絶対的な信頼に寄りかかっていたのが、S3E3ジョンなような気がします。ある意味、親子ポジションが交代したというか...。
今後シャーロックはどう進んでいくのでしょうか。次のシリーズが大変楽しみですね。

あー、待つのはもう慣れちゃいましたが、翻訳下さった記事(ゲイティスさんの) によると、2017年ですか...。って事は、2018年までおあずけってことですよね。あうあう

なーがーいーよー


こんな事書きながらなんですが、ロンドンレポの続きものんびり楽しみに待ってます^ ^
Re.Unknown (dico)
2015-11-24 21:15:09
はるさん
こんばんは!

同僚さんのイメージというか、自分を見ているもうひとりの自分を感じるなんてスゴイですね。
これもある種、マインドパレスと言ってもいいのではないでしょうか。
自分を分析しているイメージなんでしょうか。
確かに発展させたら会話も出来そう。興味深いですね、発展させてほしい気もします。

「カーディガン・ジョン」何かいいですね~。
そうなんですよ、カーディガン・ジョンですよ。本当に一途です・・・

S3E3、ですよねー、信頼に寄りかかった感が絶対ありますよね。
ある意味、交代・・・そうなのかもしれません(泣)
あまりにもジョンが他力本願になってしまっているように思うのでS4では挽回してほしいところです。

2018年て文字にするとものすごーく先の話なんだと実感しますね。
おあずけにも程が・・・・
今のペースを鑑みると2018年のお正月なんでしょうか。
はるさんの叫び、よくわかりますよーーー!

ロンドンレポ、わーい、ありがとうございます!
こちらもまとまり次第、UPさせていただきますね。

コメントを投稿

Sherlock Topics 2015」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL