That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

ちょっとだけシャーロック考 その1

2017-08-13 08:29:45 | Sherlock 感想と考察
しつこく、「シャーロックS4はどうしてこうなった。」を考えていたら
そもそもは「S3どうしてこうなった。」なんですよね。
なのでまずはS3の何がダメだったのかちょっと原因をまとめてみました。
(私の偏見による妄想です。)


原因1:
S2終了後、あまりにもたくさんのファンが各自セオリーをご披露していたため
その裏をかこうと案を講じすぎ裏の裏はただの表になってしまった。


S3のDVDの特典映像でも紹介されたように、
モファティスたちは結構ファンのセオリーを把握していたようです。
持論を送りつける人も少なくはなかったと思いますが。
そしてもちろん半分くらいはJohnlockだったと思いますが。
(Johnlockがわからない人は近所のお姉さんに聞いてね。)


しかし、しかしですよ。
じゃあ、実際モファティスはライヘンのトリックをどう落とそうとしていたのでしょう。
実はあまり考えていなかったのではないでしょうか。
もちろん、正典だってバリツで助かったとか訳のわからない・・・いえ・・・
それを踏襲したといえばそれまでですが、
そもそもコナンドイルはライヘンを最終回にしていたので滝から落としたんですよね。
でもモファティスはS3を作るって決まってたんだから踏襲を言い訳にしてはいけません。


踏襲するならガイ・リッチー版のように、まあ、あり得なくはないよね、と、
匂わす程度にしたほうが良かったのでは・・・とも思います。

ともかく何か突っ込まれても「あれはシャーロックがアンダーソンをからかったんだよ。」って
逃げ道を作ったかのような、あまりスッキリしないネタ晴らしでした。
これも正典の踏襲のようですけど。


原因2:
S2終了後からモファティスとファンの戦いの火ぶたがきっておとされてしまった。


始めにも書きましたがS2終了後にかなり大量の持論が送りつけられ、
しかも半分以上はJohnlockだったので、S3E1の冒頭がああなったのではと思います。
考えようによってはものすごい挑戦的な始まりでしたよね、E1は。

あ、モリーとのキスシーンは良かったです。アンダーソン最高!とか思いました。
ベネディクトファンにとってはお年玉のような場面で。
まさかあんなにセクシーでかっこいいキスシーンが見れるなんて思わなかったので。
(いえ、褒めてるんですよー)


再開後もジョンはシャーロックを許さず、シャーロックはジョンの代わりにモリーを相棒にし、
正典のような甘い再会はありませんでしたが、
それでもE1のラストには仲直りしていたので、今思えば甘々でした。


原因3:
マグヌッセンの影が薄かった。


S3でもきちんとE1からラスボスの存在をチラつかせていますが、何しろ影が薄すぎました。
恐ろしくもなんともないただの恐喝王ですもん。

なぜこんなに影が薄いのかというと、メアリーが目立ちすぎちゃったんですよね。
あまりにもサプライズ度が高すぎてマグヌッセンなんてどうでもよくなっちゃったと思いません?

なので、

原因4:
メアリーの元スパイ設定。


やっぱりこれに尽きるのかなあと。

シャーロックを撃つエピソードも結局微妙になっちゃいましたね。
キャストも驚きのサプライズ展開でしたが、
結局彼女は自分の保身のためだけにシャーロックを撃っただけなんだもん。

それなのにシャーロックはジョンにメアリーを許せと説得するし、
そればかりかメアリーの手を汚さないため、ジョンとメアリーを守るためにシャーロックが自ら手を汚したという。
しかも助けられた本人はケロッとしてるし。
あれでだいぶ彼女の株が下がったのでは・・・・E2までは好評だったんだから。


篠田真由美先生が、
シャーロックがメアリーに心を開いている(かのように見える)のはジョンが選んだ女性だから。
メアリーの正体を知ったジョンの気持ちは冷めた感があるけれど、シャーロックはそれに気づかない。
だから、ずっとメアリーを受け入れている。
今までもこれからもシャーロックはジョンありきなんだと書かれていて、泣きました私。

モファティスはセンシティブな心のうちを表現するのが苦手なんだろうか。
そんなシリアスなヒューマンドラマにしなければ良かったのに。ホームズなんだし。
餅は餅屋に任せておけばいいと思うの。

メアリーは過去も含めて3できれいに終わるべきだったと私は思っています。
マグヌッセンに知られた時点でジョンが危ない目に合うのはわかっていたはずなので、
自ら姿を消すかもしくはマグヌッセンと対決させるとかしてもう少しシンプルにしたほうが良かったのでは。


原因4:
シャーロックのマグヌッセン殺し。


シャーロックのマグヌッセン殺しは正当防衛などの理由があればいいんですが
どうみてもシャーロック・ホームズが私情で動いたとしか思えなくてそこも残念だったかな。
もちろん害悪な男だしマイクロフトも手を出すなと言いつつ煽っていたような気もしますが
でもねー・・・・

でも撃った後のこの表情を見て、何かがあると思ったんです。


当時はここでもいろいろ説が出ましたが、
マイクロフトに撃たせたくなくて仕方なくの行動だったとか、
(兄弟愛ではなく、今後も政府を利用するため)
そもそも、マグヌッセンは死んでなかったとかありましたが、
そんな陰謀がなくても、この表情は反省しているような感じでした。

そして最後のお別れ。
シャーロックが最後に何を言おうとしていたのかわかりません。
そうそう、先日すごく久しぶりに2chのシャーロックスレを読んでたら
ラストにシャーロックがジョークを言ったのはジョンの笑顔を見たかった説があったと知って号泣。


この時、シャーロックの行先をジョンが知っていたかどうかもわかりませんが
別れた後のふたりのこの表情。


この頃は絶対裏に何かあるよね、と思ったものでした。
全てがホームズ兄弟の計画通りでジョンもそれに加担している。
この表情はこれからの展開の厳しさに固くなっている、ともとれました。

つまり、メアリー黒幕説です。(しつこい?)

だってメアリーは逃亡中なんですよ。
どうしてわざわざ有名なホームズの助手であるジョン・ワトソンと結婚するかな。


詳しくはこちらをごらんください。
アホな考察ばかりですがコメントは素晴らしいです。
しかし、延々と書いてますね、私。気持ち悪!

↓視聴直後なのでテンション変です。

Sherlock 3-3 最後の誓い 感想


↓主にレッドビアードの話です。
Sherlock 3-3 最後の誓い 感想 その2

↓モファティスインタビューの拙訳、セリフの考察、そして時系列のまとめです。
Sherlock 3-3 最後の誓い 感想 その3

↓ライヘンバッハで出てきたジンジャーマンブレッドのお話です。
閑話 モリアーティとジンジャーマンブレッド

↓メアリー黒幕説です。
Sherlock 3-3 最後の誓い 感想 その4

↓まとめ的なものです。
Sherlock 3-3 最後の誓い 感想 その5

↓今となっては虚しいだけのシロモノ。
Sherlock SP と S4 予想

↓デイビット黒幕説となぜシャーロックがデイビットを脅したのか。「恐怖の谷」のあらすじも。
Sherlock SP と S4 予想 その2

↓トム、スナイパー説です。
Sherlock 考察

メアリーが黒幕であればS4まで引っ張るのも、過去に遡るのもアリだったし、
面白かったのではないかと思いますけど、
子どもできちゃった時点で選択肢がなくなっちゃいましたね。

子どもの存在がジョンを引き留め、シャーロックの誓いを引き出しましたが、
S4ではほとんど活かされていなかったような。
でも何より元工作員とシャーロックを撃った事は失敗だったような気がします。


「シャーロックS4はどうしてこうなった。」に続きます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バルボッサに会いたくて その... | トップ | ちょっとだけシャーロック考 ... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり言いたくなって・・・ (Yam Yam)
2017-08-13 13:04:17
少しご無沙汰でした。
ワタクシは暫らくシャーロックから遠ざかって頭を冷やしてからもっと客観的に、冷静に考えてみ
ようと思っていたのですが、記事を拝見して、ついつい言いたい事が出てきました(汗)
相変わらず思考形態、ポイントが同じで驚くと同時に笑っちゃいました(ゴメン!)

大体は以前何度も書かせて頂き激論を繰り返してきた事に被って来ますが、やはり一番の問題
はS3E3でのメアリの行動だと思いますね。
百歩譲って、元プロの殺し屋の設定は目を瞑ったとして シャーロックを殺そうとした事(シャー
ロックは色々訳分からん言い訳をしてましたが)その後シャーロックが気付いたと聞かされた時の
表情、ジョンには言わないでとシャーロックに頼んだこと・・・明らかに本当にシャーロックを殺そう
としていたと思うし自分の保身だけを考えていた様なメアリ、そんなメアリを庇ったのは一重にジョ
ンの為と解したのですが、その後のメアリの言動は理解不能です。
例えば、この設定が正典通りメアリがマグヌッセンを撃ち殺した(正典ではレディー・ダイアナがミ
ルヴァートンを射殺した)、そしてそれを目撃したシャーロックは自分の胸にだけ仕舞って黙殺し
た・・・と言う展開だったらどうだろう?とか。 仰る通り、マグヌッセンの悪ぶりがメアリの影に消え
てしまっていたので あれ程シャーロックが憎んだ悪人のキャラクターが薄れてしまった。 
そして何よりもシャーロックにマグヌッセンを射殺させた(丸腰であったのに)設定。

元をただせば、ジョンがメアリと付き合い始め、結婚しようとした事は シャーロック喪失に耐えら
れなかった訳で、あくまでもシャーロックの穴埋め(暴言)だと思うけど、シャーロックが生きていた
のを知って、じゃ、止めるわって事もできず(愛していた事は間違いないと思うので)、その上殺し
屋であった事を知り、シャーロックは殺されかけるは・・・でジョンの精神状態は益々おかしくなっ
て来たのではないかと。 だからジョンの言動が理解しがたい事になって来ている。
ジョンの性格が曖昧になって来ている、存在感が薄くなっている。
シャーロックが熱狂的に支持された理由は、ベネディクトとマーティンのケミストリーが大きかった
と思うのですが、その点が希薄になって来たようにも感じます。
ワタクシ個人はJOHNLOCKかぶれでも”腐”の傾向も強くないとは思うものの、やはりシャーロッ
ク・ホームズはジョン・ワトソンとの2人が中心の友情と冒険、探偵物語であると思うし、あと一つ
モファティスは女性のキャラクターを重視したがる傾向があるにも拘らず 女性の描き方が中途
半端で感情移入出来ない、むしろ益々女性キャラクターが内容をオカシイ方向へむかわせて行っ
た様に感じます。

S2迄正典重視で本当に上手く脚色されていたと感じていたのに、確かにファンの妄想に対抗す
る気持ちもあったのかも知れないけど、何かヤケッパチになってただただ意外な展開だけを重視
する様になってきている。
余談ですが、この数日丁度読みたい本が尽き、正典を再読していたのですが、改めてホームズと
ワトソンの絆、推理の面白さ、ホームズのキャラクターの面白さ(面白さと言ってはいけないのか
も知れませんが)やはり長年ファンを魅了してやまない理由が改めて理解出来ます。

ワタクシも自宅に同じような事を書いたのですが、モファティスはS2位まではしっかり展望を持っ
て脚本を書いていたと思うけど、その後は成り行き任せの様な感があって、色々な点で齟齬が出
て来て(ワタクシも解明されなかった点として書きましたが)、決着をつけられなくなってしまったの
ではないかと感じました。 と言うか決着をつける必要もないと感じていたのかも。

又長くなってしまいましたね(汗)、でも又続くかもしれません。
シャーロックの呪いが解けません (篠田真由美)
2017-08-13 15:06:07
なまじS4に満足できなかった分、ああだこうだと考えてしまって、「Sherlocl」の呪いが解けません。困ったものです。

マグヌッセンを撃った直後、「メアリにもう安全だって伝えてくれ」みたいなことをいったんですよね。貼っていただいた画像を見ていたら、「これはぼくから君たちへの贈り物なんだ」と彼がいっているような気がしました。君たち、でもそれは「ジョン、君と君が選んだ女性への」という意味です。

見返してから、と思っていたのですが、呪いのおかげで頭がそこから離れなくて、自分のブログでも書いてしまいました。そこでの取り敢えずの結論は、「メアリがマグヌッセンを射殺して逮捕されれば万事OKじゃないの」です。数ヶ月後、赤ちゃんはジョンに渡されて、メアリはそれきり姿を消す。元雇用主のマイクロフトが、名前を変えさせてどこかへ逃がしたのであろう、と。こういうのでどうですか?
本当に… (Misty)
2017-08-13 16:46:30
こんにちは。
本当に、やっぱりメアリーというキャラクターの扱いや始末の付け方が一番の問題なんでしょうね…まだ“チャーミングなジョンの婚約者”のうちに、ある程度二人の葛藤の種になった後退場…とか、元スパイでも裏を作りたくないならS3のうちに退場させておけば良かったのに…と思います。S4まで引っ張るなら、おっしゃるように黒幕にして欲しかった。実は、以前多分dicoさんが紹介してくださってたルーさんの古い孤児院(?)の写真のついたツイートを見て、メアリーとモリアーティは、血は繋がらないけど同じ孤児院で育った姉と弟みたいな関係…なんていうのはどうかな…とか思ってました。今思うと、あのツイートはシャーロックとは関係なかったんでしょうけど。ロージーを出した話を書いといてなんですが、多分子供ができるというのは、The Sign of threeというタイトルのアイデアが面白い!だけで始まってしまったんじゃないかと思います。でも、そのためにメアリーを悪人にしにくくなったりほんとに生まれてその後も出さざるを得なくなったり…色々不都合になったけど、居なかったことにはできないし…という、行き当たりばったりな感じがします。

ファンとの戦い…ホントに、これは残念というか…面白がってられる程度のうちは良かったけど、S4は何だか裏をかくために元々の魅力を犠牲にしてしまったような気もして。モファティスのプレッシャーもきっとすごかったと思うんですが、それにしても、S4はファンの裏をかくだけではなく、わざと嫌がりそうなことを目一杯やってるような気もして、やや悪意を感じたんですが…被害妄想?

人気が出すぎるって、大変なことなんですね…としみじみ思いました。考察の続きと動画、楽しみにしてます~(暑いので無理のない程度に…)私も今日E3を見終わり、やっと一区切りつけられそうです。
Re.やっぱり言いたくなって・・・ (dico)
2017-08-14 09:24:53
Yam Yamさん
私こそご無沙汰しておりました。
私も少し間をおいてました。
そうそう、映画の記事、海賊つながりで(全然違いますけど)ちょっとうれしかったです。

「ジョンには言わないで」あのセリフもかなり引きましたよね。
「ジョンを愛してるから」なんて理由にはなってないし、
あの時点ではどう考えてもシャーロックを撃ったのは「保身」でしかなくて、
まあ、元スパイのアサシンだからこんなものなんでしょうけど、
それがジョンの嫁となると、倫理的にそれでいいのか?ってなりますよね。
私もメアリーが自分でマグヌッセンとケリをつければよかったのにって思いましたが
目撃したシャーロックが黙殺するって展開、最高です!
正典通りですし、そんな展開を見たかったです。
S2までのモファティスだったら、こんな展開をやってくれたかもですけど(涙)
それなのに、そうそう、丸腰のマグヌッセンをね・・・力技で解決って。

S3からのジョンはメンタル病んでいた?
なるほどー、そんな考え方もアリですね。
確かにあの状況ではおかしくもなります。
ケミストリー、あー、そうです、そうですよね。
モファットさんもそこを推していたはずなのに。
結局、モファティスはジョンをどうしたかったのでしょうね。
そしてマーティンはどんな気持ちで変わってしまったジョン・ワトソンを演じていたのでしょう。

モファティスは女性を重視したがる、でも描き方が中途半端、なるほど、そうですよね。
そんなDr.Whoは一体どうなってしまうのか、と思ったけど、
モファットさんはもう関係なかったでしたっけね。
何だかやはりドクターと混同しちゃっていたのでは・・・
そして、言われてみれば「腐」ではないJohnlockは人だってたくさんいますし、
シャーロキアンってそもそもJohnlockはほとんどなんじゃ・・・(乱暴?)

ヤケッパチ(笑)
確かに暴走していたような気もしますね。
現代版という新しい試みが成功してしまったゆえに、
斬新なアイデアを追い求めることを重視、サプライズを重視してしまった感じです。
コナンドイルはトリックやキャラクターの設定に矛盾は多々あれど
ホームズとワトソンの物語という根底はブレなかったんですよね。

S1もS2も成り行きな部分はあったと思いますが(特にクリフハンガー)
仰る通り展望はしっかりあったと思うのでうまくいっていたのかもしれません。
アイデアもシンプルでしたし、何よりうまく正典を活用(?)していましたし。
やはり詰め込み過ぎて投げっぱなしにしちゃった感はあります。
オリジナルキャラクターを重視してしまったのもね。
またいつでもウェルカムですのでお待ちしています~
Re.シャーロックの呪いが解けません (dico)
2017-08-14 09:40:45
篠田先生
ブログ、読ませていただいています。
S3は詰め込み過ぎ、意表のつきすぎ、と書かれていましたが本当にこれにつきます。
「Sherlock」の呪い、確かに「呪い」がふさわしいです。
みんなこの呪いから解放されていませんね(涙)

マグヌッセンを撃ったあのセリフにトリハダたちました!
以前からずっと仰られている「ジョンとジョンが選んだ女性」
これに気づかないジョンの後頭部を引っ叩きたくなります。

私もマグヌッセンはメアリーが自分で決着つければ済んだ話だと思っていましたので
メアリー逮捕案は素晴らしいと思います。
逮捕後にマイクロフトが逃がす、という展開もきれいにメアリーを退場させられますし、
何よりシャーロックの手を汚さないで済みます。
やはり探偵はドラッグに手を出しても殺人はイケません。
どうしてモファティスの頭にこのアイデアがなかったのでしょう。
Re.本当に… (dico)
2017-08-14 09:56:55
Mistyさん
孤児院のツイート、ありましたよね。
結局ファンの深読みでしたけど、メアリーとモリアーティの関係、それいいですね。
メアリー黒幕の理由も明確になりますし、そんな展開も面白そうです。
そういえば、ユーロスはモリアーティの妹にすればよかったのでは、という意見もありました。
モリアーティをあそこまで引っ張るのであれば、それくらいの設定は欲しかったです。

子どもは仰る通りあのタイトルのためだけに採用されたのでしょうね。
それこそ意表をつきすぎた結果だと思いますが、悪手だったとしか思えません。

S3以降は裏をかくことが先行、ホントこれですよね。
それで魅力半減だなんて本末転倒です。
MistyさんがS4を見てすぐにモファティスの嫌がらせと仰っていましたが、心底同意です。
御大の「R.I.P.」ツイートも確かにありましたよねー。これがモファティスの総意なのかも(涙)
人気が出た弊害なんでしょうけど、海外ファンも声が大きすぎです(笑)

E3の感想、楽しみにしています。
メアリは守られたかったのか? (篠田真由美)
2017-08-14 14:09:18
本日ブログに新しい記事をアップ。題して「メアリは守られたかったのか?」です。

YamYamさんも書いておられますが、ほんと、メアリは自分でマグヌッセンを射殺するべきだったんだと思います。っていうか、あのキャラからいってもそうでないとおかしい。筋と意外性優先で、キャラの整合性がすっとんだんだと思います。意外性重視で破綻したS3,そのおかげでさらにゆがんであんなんなっちゃったS4というわけですね。
Re.メアリは守られたかったのか? (dico)
2017-08-14 19:33:22
篠田先生
早速読ませていただきました。
それはすごく盲点でした。
確かに本来のメアリーは守られる女性ではないですよね。
男3人とチーム組んでたあたり、河惣益巳のジェニーとか浮かびました(傭兵ですが・・・)
私もメアリーは殺す気だったと思っている派です。
実際死にましたし、シャーロック。
そう考えると本来のメアリーであれば自分でケリをつけに行きますよね。
キャラクターの整合性がすっとびまくりで、
メアリーはモファティスの都合のよい女になっちゃってますね(笑)
と、言いつつロージーを抱えながら困った顔してるマイクロフトを想像してほっこりしてます。
先生のおかげで萌えチャージ上昇中です。
好きなシーンは多いけど (あきこ)
2017-08-16 18:04:41
dicoさんのブログでこうして改めて振り返ると、S3でもS4でも、好きなシーンやエピソードはたくさんあるんですよね。わたし。
撮影方法については素人なので、よく分かっていないのですが、カメラワークや斬新な絵作りもS4まで一貫して素晴らしいなあと思っています。
わたしが思うに、モファットさんとゲイティスさんはミニエピソードを作る達人で、ストーリー作りがあまり得意でないのではないのかと。
お二人の作品は他にドクターフーしか知りませんが、あれはなんとなくの流れはあるものの、基本は1話完結のミニエピソードで積み重ねられた作品ですよね。

あとは良くも悪くも、テレビ作品としての限界があったのかなあとも思います。やっぱり予算も時間も人材も規模も違うし、もしこれが映画だったら、このストーリーの流れに「いや、つじつまあってないし。おかしいでしょ!」って指摘してくれる人が出てくるんじゃないかと・・・。
モファットさんもゲイティスさんも、当初は「1本が1時間半もある、映画なみのスケールの作品なんだ」って自慢しておられましたが、やっぱりお二人はテレビサイズの方で。幸い、S1~2はうまくストーリーを作ることができていましたが(それでもつっこみどころがありますが)、S3からボロが出てきたような感じ?

それでも、やっぱり振り返ると好きなシーンはいっぱいあって。
ストーリー的に考えると「これってどうなのよ?」と思うシャーロックがマグヌッセンを撃つシーンも、ここだけを見ると美しくて結構すき。
あとはジャニーンとシャーロックのいちゃいちゃを見せられたときのジョンの顔劇場とか(笑)。
レストランでおめかししているメアリも(ジョンのヒゲは変だけど)その表情もすごく可愛くてすきです。
Re.好きなシーンは多いけど (dico)
2017-08-16 19:46:14
あきこさん
モファットさん、多分そうなんでしょうね。
私もドクターしか知りませんが、伏線回収があまり得意じゃないとかそんな意見も目にします。

シャーロック放送当時は予算も期待度もなかった分自由にやれたと思うんです。
でもS3以降、予算が大幅にUPした上に制作会社など様々な企業が関わってきたことで、
自分の意向だけで制作することができなくなったのかもしれません。

もちろんこれが映画ともなればスケールが全然違うし優秀なスタッフが揃うと思いますが、
仰る通りモファットさんはテレビで自由に作るほうが向いているのかもですね。

私も好きな場面は結構ありますよ~
次回は好きな場面もやろうかと思っています。
ジャニーンの場面のマーティンの顔芸は素晴らしかったですよね。
やっぱりマーティンはすごいなあとあらためて思いました。
マーティン次の映画はブラックパンサーでしたっけ?
あ、その前に渡英ですね。楽しみですね~

コメントを投稿

Sherlock 感想と考察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL