That's awesome

海外ドラマや映画の感想いろいろ書いてます。

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 6 of 7

2015-09-22 05:43:25 | 映画+ファンタジー
The Lord of the Rings: The Return of the King
2003年
Director:Peter Jackson
Screenplay:Fran Walsh Philippa Boyens Peter Jackson
Based on The Fellowship of the Ring by J. R. R. Tolkien

いよいよあの場面です。みなさんハンカチの用意はいいですか?
動画はこちら
I Can Carry You! (High Quality)

とうとう力尽きてしまうフロドにサムがホビット庄の話をします。

Do you remember the Shire Mr Frodo?
It will be Spring soon and the orchards will be in blossom.
And the birds will be nesting in the hazel thickets.
And they will be sowing the summer barley in the lower fields,
and eating the first of the strawberries and cream.
Do you remember the taste of strawberries?

シャイアを覚えています?Mr.フロド。
もうすぐ春がきて果樹園の花が咲くでしょう。
そして鳥たちがハシバミの茂みに巣を作るんです。
みんなで畑に大麦の種をまき、初物のイチゴにクリームをかけて食べる。
イチゴの味を覚えていますか?

No Sam. I can't recall the taste of food, nor the sound of water or the touch of grass.
I'm naked in the dark. there's nothing, no veil between me and the wheel of fire.

僕は食べ物の味も水の音や草の手触りも思い出せないんだ、サム。
僕は暗闇の中に裸でいる。僕と火の車輪の間には覆い隠すものが何もないんだ。

Then let us be rid of it once and for all!
Come on Mr Frodo, I can't carry it for you, but I can carry you!
Come on!

ではきっぱりとこの場所に別れを告げるんです。
行きましょう、フロド。指輪を運ぶことは出来ませんがあなたを運ぶことは出来るんです!
さあ!

やーめーてー!サムーー(大号泣)
みんな泣いた。PJも泣いた。
ホントにここは何度観ても泣けます。サムがいなかったら中つ国は終わってたよ。
サムならフロドから指輪をとって火口に行けそうな気もするんだけど、
(所持者じゃないから無理なのかな)
フロドのためにフロドごと指輪を運んじゃう方法をとるサム、あなたは本当に凄いです。

そしてここも大好きな場面。
動画はこちら。劇場版です。
Return of the King - For Frodo HD

サウロンの目がアラゴルンに呼びかけます。
「アラゴルン」
「エレスサール」
その声に引き寄せられるように前へ踏み出すアラゴルン。


それからふと止まり静かに振り向きます。
ガンダルフがフロドのミスリルを少しだけ持ち上げます。


アラゴルンは静かに微笑み

「For Frodo.」と囁くように言い、走り出します。


まずホビットたちが後に続くのがすごくステキです。すぐに追い抜かれるのがまたいいんですよ。
そんなホビットたちに引っ張られみんな一斉にスタートします。
音楽の効果も絶大で最高に盛り上がります。
身体は小さいけれどたくさんの勇気と誰にも負けない芯の強さを持っているホビットたち。
トールキンさんのホビット愛を感じるような気がします。

誰かサムの名前も出してあげて!って思いましたけど。

サウロンの「アラゴルン」と「エレスサール」
これは旅の仲間でアラゴルンが指輪に触れようとしたときにも聞こえていましたが
これってやっぱりアラゴルンを誘惑してるんでしょうか。
引き寄せられるように歩み出たアラゴルンが後ろを振り向いた時ガンダルフがフロドのミスリルを掲げます。
それを見たアラゴルンがほんの少しだけ微笑んで「フロドのために」

サウロンの誘惑から目を背けてきたアラゴルン。
迷いながらきたアラゴルンはボロミアの死をきっかけに自分の運命を受け入れ、
フロドのために負けるとわかっている戦をしかけ、サウロンの誘惑を正面から受け止め、
指輪を葬るためにここまできた、長い戦いが今日で終わるんだ、という思いになったのかなー・・・
なんて、妄想妄想。

それにしても固有名詞がたくさんありすぎて最初は??でしたよ。
エステル(幼名?)とかアラゴルン(正式名?)とか馳夫(野伏名?)とか
エレスサール(王位継承後の通称?)とか、エレンディル(ご先祖?)とか
アンデュリル(現名称?)とかナルシル(原料名?)とか・・・
アラゴルン関連でもこんなにあるのに、ガンダルフとかもいろいろ固有名詞があるんですよね。
原作だと覚えるの大変そう。

フロドを背負って歩くサムの前に現れたゴラムは指輪を取り返そうとします。

サムを退けフロドに襲い掛かるゴラム。
「You swore! You swore on the precious! 」
お前は誓っただろう!いとしいしとに誓っただろう!
フロドが言いますがゴラムは、

「Smeagol lied」スメアゴルは嘘つきだよ。

結局ゴラムにもスメアゴルにも良心などなかったんですね。
起き上がったサムが身体をはってゴラムをフロドから引き離します。
その隙にフロドはひとり、火口に向かって走り出します。

一方黒門に翼を持つ獣が襲い掛かりますがその時ガンダルフの前に蛾が姿を見せ
すぐに大鷲が助けに現れます。

最初から助けてくれれば、と私も思いましたが、大鷲って神様の使いのような存在なんですね。
おいそれとお願い事ができる鷲ではないようです。
しかも滅びの山には翼を持つ獣がいるのでなかなか近づけなかった感じですが、
中つ国の危機に彼らも立ち上がった、って事なんでしょうか。

「ホビット」でも大鷲たちが現れるていましたが目頭が熱くなります、私。
みんな中つ国のために命を賭けて戦うんですね。

ゴラムを追い払ったサムがフロドを追いかけて火口にやってきます。

「Destroy it! 」とサムが叫びます。
早く投げて、とサムが言いますがなかなか指輪を手放さないフロドは振り返り

「The Ring is mine! 」
と指輪をはめてしまいます。
この場面、エルロンドとイシルドゥアのやりとりを彷彿させます。

そしてその瞬間サウロンの目がフロドにいき、翼を持つ獣も滅びの山に向かいます。
指輪の魔力で姿を消したフロドの前に再びゴラムが現れフロドに飛びつきます。

黒門での戦い。
懸命に戦うアラゴルンの背後に恐るべき敵が・・・・!
レゴラスの表情もご覧のとおり。
アラゴルン大ピンチ!


と、思ったらトロル?

なぜトロルにこんな必死の形相になってるの?こいつそんなに強いの?とずっと不思議だったんですけど、
撮影の段階ではトロルではなくサウロンの化身だったそうですね。
だけど原作にもないし、旅の仲間のイシルドゥアとの戦いと被るから編集の段階でトロルにしたとか。
いやいや、サウロンの化身との戦い見たかったんですけど。
トロルもじゅうぶん強いけどねー、ここにきてトロルに苦戦とかちょっと。
美しくする予定だったとフランさんの言葉を聞いて余計に見たかったんですけど・・・
仕方ないのでこのトロルがサウロンの化身だと思う事にしました。

指輪の取り合いをしているフロドとゴラムですがフロドの指を噛みきると言う荒業に
思わずこっちも痛っ!


その頃アラゴルンもサウロンの化身(の、トロル)に大苦戦。
レゴラスが必死にアラゴルンを助けようとしますがなかなか近寄れません。


やったーと喜ぶゴラムにフロドが再び取り返そうとします。
そうして取り合った末にフロドとゴラムが指輪ごと火口に落ちていきます。

落ちて沈むまで幸せそうに指輪を見つめているんだからゴラムも幸せだったんじゃなかろうか・・・

フロドは途中の岩にしがみついていました。
サムが手を伸ばしますがなかなかフロドの手をつかめません。

「Don't you let go! Don't let go!」
手を放さないで!

指輪が最後の光を放ち消えるとサウロンの目とバラド=ドゥーアが崩壊します。
長かった戦いが終わった瞬間でした。
フロドがやった!と喜ぶ仲間たち。ガンダルフの目には涙が・・・


しかし喜びもつかの間、滅びの山が爆発してしまいます。
フロドの身を案じピピンは泣き崩れています。


サムもいるんだよー(泣)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネディクト・カンバーバッ... | トップ | ロード・オブ・ザ・リング ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モグモグ)
2015-09-23 00:00:03
いよいよクライマックスですね。久しぶりに粗筋を読んで、当時のドキドキがよみがえってきました。ホント、サムには泣かされましたね。涙が、いきなりブァっと出て、こんな経験は初めてで、驚いたのを覚えてます。それに狼煙のシーン、映画館で鳥肌がたちました。映画鑑賞ン十年で、初めての経験でしたので、この映画は特別なんですよ。トロルと闘うアラゴルン、最初は凄く綺麗なサウロンだったようですが、やっぱり、目だけ別の所にあるってのは、おかしいですよね。それに、綺麗な人、出尽くしちゃった感があって、ガッカリするより出ない方が(笑)。あとひとがんばりですね。楽しませていただいてます。有り難うございます。
Re.Unknown (dico)
2015-09-23 19:34:44
モグモグさん
こんばんは!ありがとうございます。
本当にこの場面もいつ観ても泣けてきて、こんな映画は私も初めてです。
狼煙のシーン、ですよねー!あの場面のトリハダ感は凄いです。
特別な映画だと仰るモグモグさんの気持ちよくわかります。
そしてPJの感動させる手腕は本当に素晴らしいですね。
目だけ別の場所はおかしい、そうなんですよねー。
きれいな人出尽くした←確かに!
サウロンなだけにがっかりする率高いかも。
でもトロルじゃなくても(笑)せめてもう少しグレードの高い敵にして欲しかったです。
楽しんでいるというお言葉、何より嬉しいです!
頑張ります~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL