穴馬探し

重賞の過去傾向から穴馬を探します

回顧♪<函館記念>荒れる重賞の面目躍如!

2017-07-17 17:42:30 | 日記
荒れてくれたのですが、手が届きませんでした。

掲示板


ペース


通過順


重馬場になり、道中最内を通っていた馬が上位に来ました。因みに2,3,5,6,7着馬が該当してます。
勝ち馬は、常に外外を回る競馬で、かなりの距離ロスをものともせず、快勝でした。休み明けとG2からのダウンの効果か。今後も休み明けなら、とも思えるが、ハンデ戦は斤量との戦いになるし、格上げでの好走は厳しそうだし…と狙える場面は少ないのでは。因みに古馬芝20重賞は3走目だった。
2着のタマモベストプレイは、春天を後方儘の競馬から短縮で前に行く位置どりショック。馬の調子も良かったのでしょうが、鞍上の判断も良かったと思います。今後も大幅な距離短縮や延長なら面白そう。因みに古馬芝20重賞は、約3年振りの3走目だった。
3着のヤマカツライデンは、初の芝20。雨で重くなった分粘りを欠いたと思われ、今後も楽に逃げられるメンバーなら要注意。
4着のアングライフェンは、次走に繋がる良い負け方。次走札幌記念なら面白い。
5着のケイティープライドは、叩いて調子を上げるタイプ。斤量が厳しくなるが、次走札幌記念なら狙いたい。
負けた中では、パリカラノテガミの松岡騎手に拍手。この経験は次走以降活きるでしょう。
逆に残念だったのが、ダンツプリウスの丸山騎手。延長で後方に回る逆ショックでは良さは出ません。状態に問題があったのかもしれませんが、馬券を買う側としては無理してでも先手を取って欲しかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回顧♪<バーデンバーデンC>... | トップ | 次走の狙い馬$ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。