ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

フォトオフィス コヤノ http://www.koyanophoto.jimdo.com/

縛られ地蔵

2016年10月18日 | 東京のお散歩
水元公園のすぐ近くにある業平山南蔵院東泉寺は、縛られ地蔵で有名な寺院です。



在原業平が東下りの際、隅田川で舟遊びをし、船が転覆し多くの死者がでました。
業平は弔いの為に塚を建立したのが元慶年間(西暦880年頃)のこと。
そこに架けられた橋は、業平橋と呼ばれるようになりました。

貞和四年(1348)年に、塚の傍の社に庵を興し東泉寺と号され
家康公入府後、幾たびかの大火や洪水により遭いながらも
関東大震災まで本所の地にあり、昭和二年(1927)に、現在地へ移転してきました。

有名な縛られ地蔵は、元禄十四年(1701)の造立で、当初は普通の地蔵尊でした。

伝承では、享保年間に日本橋の呉服屋の手代が、本所南蔵院の境内でうたた寝をして
その隙に反物をなりました荷車ごと盗まれてしまい、町奉行大岡忠相が、傍にいた地蔵も同罪として縄で縛り市中引き回しにした事が
縛られ地蔵の由来とされています。
(逸話の詳細は省略)











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水元公園 | トップ | 江古田 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。