ぐぅぐの旅日記 ~今日もお散歩日和~

フォトオフィス コヤノ http://www.koyanophoto.jimdo.com/

立石

2016年10月14日 | 東京のお散歩
葛飾区立石。
最近は、飲屋街として知られるようになったこの街の名は
「立石様」という石に由来しています。

京成線青砥駅から歩いて10分ほどの住宅街の真ん中の児童遊園に
その石はあります。



古くから「根あり石」とも言われる奇石で、計り知れないほど深く
その石は埋まっているとされています。

立石という言葉は、古代の官設道に設置された道標の言葉ですが
この「立石様」は房総の鋸山から、この付近の古墳の玄室用石材として運ばれ
それが奈良時代頃に東海道古道の道標として転用されたと考えられています。



大昔には、聳えるように立っていたとされていますが
風蝕や沈下などの所為か江戸時代には数十センチほどに、
現在では、その頭が少しだけ地表に顔を出しているだけの状況になっています。

言い伝えでは、掘っても掘って底が出てこなかったり
掘ろうとしたものが疫病にかかったりする話が幾つか存在しています。

この付近は、香取信仰が盛んな地域でもあり、香取神宮の要石のような
信仰の対象であったとも考えらます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葛西用水路 | トップ | 立石熊野神社 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。