カジノおばけ

The die is cast. -賽は投げられた-

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シックス・デイ を観ました

2016-09-19 20:45:49 | 映画
シックス・デイはシュワルツネッガー主演の映画の一つです

この映画では、ペットが亡くなった時にそのペットのDNAや遺伝子情報を
施設に依頼(リペア)することにより、そのペットのクローンを受け取れるという近未来世界。
倫理的に疑問を持ち、ペットのクローンを反対する団体が出ていたりニュースでも話題になったりしています。

この作品内での法律では禁止されていますが、裏では人間のクローンを作る実験もされており
一般人のシュワルツネッガーはとある誤解で自分と全く同じのクローン人間を作らされてしまい追われる身となり…

という映画です。

シュワルツネッガーは一般人の役なのにガンアクションがとても多く、
普通のお父さんとは思えないのはご愛嬌。他の作品だと軍人経験があったとかスパイとか設定がちゃんとあるんだけどね。
インディージョーンズもただの大学教授のおじさんなのに軍人真っ青の戦い慣れしてるしハリウッド映画はそういったのが多い。



今回活躍した銃はレーザーガンのようなもので、撃つと30センチほどの青い光線が飛んでいきます。
形はデザートイーグルに近く、電池を充電しているマガジンを入れ替えて装填します。
敵も味方も銃の形は違いますが基本的にレーザーガンです。


最後はクローンと協力して悪の組織を壊滅させましたが、クローンの居場所が結局なくなってしまったのが切なかった。
こういうのってクローンと戦うことに大体なるけど、家族を守るいつものシュワルツネッガーが二人になった感じだった。これでよかった。

中盤までは、どっちが本物なんだ??とか、視聴者に向けて推理パート入るけど
後半は二人でアクションやりまくって本当どうでもよくなるし多分そういう考察が要らなくなる映画でした。

「キッチン・ウォーズ~彼女の恋は五ツ星~」とかいうコメディー映画??観たいけど、レンタルどこもおいてねぇー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュワルツネッガー作品 | トップ | 鬼柳京介とチェスデーモン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。