ちっぽけな足跡

踏み出す一歩はいつも小さくて・・・
不器用に、一生懸命に、歩んできた私の足跡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デッサン教室 24日目

2012年09月20日 | デッサン
デッサン教室もいよいよ2年目に突入です

今回からしばらくの間「淡彩画」の講義になります。
(私たちが飽きるまでらしいです? 

淡彩画は硬質な鉛筆(H~HB)で細密なデッサンを行い、
それに色彩を重色技法で着彩する水彩画だそうです。

重色技法とは・・・
色相環の黄色から、その補色になる紫色へと
単色で色を重ねていく方法だそうです。

- 色相環 -



ん~ 専門的な話になると
いまいちピンとこないけど・・・仕方ないか?
まっ、その内に理解できるかも知れないしね。

初回のテーマは「紙風船」


(縮小した方がリアルな感じ♪)

大きい画像だと、鉛筆デッサンでちょっと
汚れた感じになってしまって~

光が当たっている面を塗り残すのですが
色の塗り方も少し雑な感じがします。



何とも言えない 微妙な感じのヘタです。


    

それから・・・日付が逆行しますが、
9月1日からデッサン教室の後、引き続き
午後2:00から木炭デッサンを始めました。

講師の先生は同じで、教室だけ移動します。
大きな窓のある広いフロアで、油絵教室の受講生
8人前後の人たちと一緒に指導を受けています。

年齢も様々ですが、何年も継続されている方が多く
かなりレベルが高い感じがしました。
 
油絵講座では自分でテーマを決めて・・・
先生と相談しながらキャンパスを張ったり、
地の色を決めたり、構図を決めたり、

・・・個性豊かな作品ばかりで
それらが完成していく様を
見ているだけでも楽しいです。

で  私は と言いますと
8体の石膏像をだいたい1年くらいかけて描くそうです。
2時間×3日間×8体=48時間だね♪^^

今描いているのは「Venus」
「あばたのビーナス」とも呼ばれているそうです。

次回が仕上げになるので、デジカメを持参して
持ち帰りしようかなと思ってます。

次は誰の石膏像に会えるのかなぁ~

 石膏像に恋する気分♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デッサン教室22・23日目

2012年09月09日 | デッサン
1か月が経つのって早い
気が付けば前回の投稿から1か月過ぎていました。
トホホホ。。。 

こう暑いとなかなかパソコンの前に座り難い・・・。

今年は暑中見舞いのハガキも投函しないまま、
夏が終わり・・・ ちょっと凹んでます。

皆 どうしているかなぁ~

夏の疲れが出るこの時期は、消化の良いものを食べて
ゆっくりと過ごしたいですね。 

デッサン教室も23回目となりました。
今回のテーマは珈琲ミルです



ハッチングしているうちに最初の輪郭より
少しずつ大きくなっていって・・・
被写体の高さや曲線の曲がり具合などが
誇張するように仕上がってしまいます。

絵には性格が出るっていうけど・・・  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デッサン教室 21日目

2012年08月04日 | デッサン
2週間経つのって早い 

デッサン教室も通い始めて21回です。

皆勤賞

・・・何回か遅刻してるから違うか


今回のテーマはお気に入りの『靴』



本当に履けそうな感じを出すのがポイントです。

オリンピック放送から目が離せないから・・・
 取りあえずアップだけします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012 LONDONオリンピック 男子体操個人総合

2012年08月02日 | スポーツ
内村 航平 選手 男子体操個人総合

 
 金メダル おめでとうございます

やっと やっと やっと 念願の 金メダルです 

今までの努力が報われて 本当に良かったです。
日本の美しい体操が、世界中の人達が注目する中で
内村選手や田中選手によって繰り広げられました。

田中選手は惜しくも5位となりましたが
決して、実力は上位の選手らと大差無いと感じました。

男子体操団体は本来の力が十分に発揮できずに
本当に残念でしたが・・・

まだ、種目別個人戦が残っているので
他の選手の皆さんも頑張って欲しいです。

やはり、オリンピックという舞台でのプレッシャーは
そこに立った者にしか解らない、想像を超えたものなんですね。

毎晩、オリンピックでの日本選手の活躍や
世界トップクラスのアスリート達による白熱した競技や
演技を見ることができる私は、本当に幸せです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハンドメイドで涼やかに

2012年08月02日 | 手作りあれこれ
猛暑を少しでも涼しく、リーズナブルな価格で
ハンドメイドとお洒落を楽しもうと・・・・
 サマーボレロと黒いキャプリーヌを編んでみました。





サマーボレロ
(前身頃)



コットン95%、ポリエステル5%の淡いピンクとグリーンのラメ入り

1玉25g×8個 2,000円程度
(もちろん、手芸店のワゴン品です 



(後ろ身頃)




 サマーボレロの編み方(フリーサイズM~L) 

「冬用ボレロ」身頃の編み方をアレンジして・・・
襟ぐりを大きくし、丈を長くして袖をフレアぽくしてみました。





かぎ針5号で「左前身頃」の作り目(鎖編みで55目)から編み始めます。
模様編みを3段編んで「後身頃」と繋ぐところで糸を切って留めます。
(衿ぐりを大きくするために、身頃の模様編みを1段増やしています)

次に「左後身頃」の鎖編みを73目作って編み始め、
模様編みを3段編んで、途中から前身頃と繋ぎ、
そこからで肩まで模様編みを3段編んで糸を切って留めます。

フレアな袖の編み方は適当です~(笑)

右の身頃も同様に編みますが、後身頃だけ
左側後身頃から73目拾って繋ぎ、編み始めます。

身頃が全部編めたら裾を216目を拾って
模様編みを5段編み丈を長くしました。
(5段目だけ模様編みの目を増やして裾を広げています)

最後にボタンホールと、裾や衿元の縁を鎖編みで
3目ごとに留めてレースっぽく仕上て完成です。

同じ糸でサイズを変えて、娘のを編んでいますが
 夏の間に完成するかな?





黒いキャプリーヌ



帽子は去年と同じ

 ハマナカの「エコアンダリア」黒色 (1個 500円程度 × 3)
デザインは独走中  今年3つ目の作品です♪







 7月にサマーバーゲンで購入した
Aラインのワンピース(リネン100%)とコーディネイト・・・

身長が低いので、少しモタモタした感じが気になりますが
ボレロ無しで、デニムのパンツをロールアップしてはくと大人可愛い
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加