とりビーな毎日

中年おやじの悪戦苦闘な日々の日記です

ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展 (東京都美術館)

2017-05-19 16:00:00 | 美術館
ボイマンス美術館所蔵ブリューゲル「バベルの塔」展を東京都美術館にて鑑賞。

旧約聖書「バベルの塔」の物語を表現した絵だが、米粒のように1400人の人間が描かれている緻密さが、圧倒的な迫力を生み出している。
また、できたばかりの塔の上方はレンガの赤が残っており、下方は茶色がかっているといった色彩の表現にも拘りがある。
さらに面白いのは雲の使い方だ。
塔の高さを表現するとともに、緑っぽい色が塔の赤とコントラストになっている。

絵全体から醸し出される「生命力」に惹きつけられるのかもしれない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「無限の住人」 (ねたばれ注... | トップ | 茶の湯展 (東京国立博物館) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。