知識は永遠の輝き

学問全般について語ります

600℃でメルトダウン?

2011-03-19 14:19:31 | 物理化学
 前回触れた週刊ダイヤモンドの広瀬隆の記事に600℃でメルトダウンという実に不可解な数値が載っています。

---引用開始---
 原子炉の正常な運転条件は、福島原発のような沸騰水型では、280~290℃、70気圧である。従来は燃料棒の過熱温度が2800℃で炉心溶融が起こるとされていたが、スリーマイル島原発事故などの解析によって、実際には600℃で起こることが明らかになった(2009年7月6日~7日にNHK・ BS1で放映されたフランス製ドキュメント「核の警鐘~問われる原発の安全性」)。
---引用終了---

 ソースは以下です。
http://navicon.jp/news/4153/
 「核の警鐘~問われる原発の安全性」前編を配信-NHKオンデマンド
 [2009年07月07日20時54分]
http://video.aol.ca/video-detail/-/1655157802
 映像配信

 2800℃と600℃などという極端なずれとなれば、まずは眉につばつけて1次ソースに確認するのがジャーナリストたる者の常識だと思うのですが、実際にNHKに問い合わせたのはプロのはずの広瀬隆氏ではなく、女川町の元町議会議員の方でした

http://takano.blog.ocn.ne.jp/nissi/2009/12/post_b674.html
2009.12.09
女川原発で プルサーマルを考える 4
改)「フェビュスでの最初の実験では、それまで理論的に計算されていた値よりおよそ600度も低い温度で炉心溶融が起こることがわかりました。」

 そして放送の概要は以下で紹介されています。
http://takano.blog.ocn.ne.jp/nissi/2009/11/post_ea09.html
2009.11.25
女川原発で プルサーマルを考える 3

 2800℃より600度低いなら2200℃です。核燃料ペレットを包む燃料被覆管はジルコニウム主体の合金ですが、純粋なジルコニウム金属の融点は1852℃ですから*)、この温度なら納得できます。まあジルカロイの融点がそのまま効くのかとか、以前の2800℃の根拠は今のところ調査できていませんが、600℃がやっぱり大間違いであったことは確かです。

 しかしNHKもはた迷惑な誤訳をしたものです。これほど誰もがおかしいと気づくようなことで誤訳などとは大失態と言っても良いでしょう。


*) Zr(i-Elementより)

ジャンル:
科学
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さあ「通常の」話をしよう | トップ | 法を破った国と専門家? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい内容です (たまごどん)
2011-03-21 12:20:33
diamonds8888xピョン、たまごどんです。NATROMピョンの掲示板ではお世話になっています。

この記事について、たまごどんが行く!でも紹介させてください。あと、たまごどんのお気に入りブログに、本ブログを加えさせてもらってもよろしいでしょうか?
ありがとうございます (diamonds8888x)
2011-03-27 06:33:39
たまごどんさん、御返事が遅れて申し訳ありません。どちらも承諾です。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
広瀬隆氏を検証する (たまごどんが行く!)
広瀬隆氏といえば、原発問題を追求するジャーナリストとして名を上げた方だ。氏の「危険な話」や「眠れない話」を、高校生のたまごどんはブルブルしながら読んだものだ。今回の地 ...