ダイヤの魔法

嵐・相葉くん大好き

ワクワク学校③

2017-07-12 06:37:17 | 
2時間目は櫻井先生の授業です。
テーマは「男らしさ、女らしさを考えよう」です。
助手は佐藤勝利君で、イニシャル「S.S」コンビだそうです。
男らしさ、女らしさを答えて下さいと櫻井先生がリーダーに聞きました。
リーダー「女らしさでいい?ボール投げる時にぎこちない」
雅紀「ハイハイハイ」
翔ちゃん「キミ答えるの?」
ニノ「指名制だよ」
雅紀「え?そうなの?」
翔ちゃん「いいよ」
雅紀「瓶の蓋が開けられないとか」
雅紀は2時間目も、めっちゃ元気でした(笑)
その他、絆創膏や、ハンカチを持っているという意見に、
雅紀はとても共感していました。
擦りむいた時とか絆創膏を持っていると芽生えるそうです。
宿題ではゴツゴツした大きな手が男らしいという意見があって、
ニノがそっと自分の手を見ていたのがとても可愛かったです。
ニノの手は可愛いですからね~。

特別ゲストに吉田沙保里選手が登場しました。
WSで見た方をいらっしゃるでしょうけど、
好きな匂いをかぎ分ける力が女性にはあるそうで、
見た目の好きなタイプと好きな匂いは一致するのでしょか?
匂いを嗅がれる3人はマリウスくん、リーダー、ニノでした。
吉田選手がこの3人の中で好きなタイプはというと、
ニノだそうで、さて好きな匂いと一致するでしょうか?
吉田選手はアイマスクをして誰の匂いかは分かりません。
次々と吉田選手に匂いを嗅いでもらうのですが、
これがかなりの接近戦で、
会場は悲鳴が上がっていました(笑)
吉田選手が選んだ匂いはマリウスくんでした。
ニノは吉田選手が自分の事をあまり好きではないから、
一致しなかったんだと拗ねた感じが、また可愛かったです。
この日じゃない時の授業では、一致したそうです。
でも確かに好きな匂いはあるかも~。

免疫力の話しもしていて、
事前に嵐のメンバーから採血して免疫力の型を調べると、
ニノは免疫力的には最強なんだそうです。
そう言われば、ニノが風邪をひいて具合が悪いとか見たことないと雅紀。
ニノはインフルエンザにもかかったことがないそうです。
やはり最強ですね~。
もっと驚いたのが、その免疫力の型が、
ニノと潤君が同じ型が3つもあって、
それは兄弟以上の確率なのだそう。
潤君も「兄弟以上が別々に生まれて出合うかね」と
免疫力の型が違う方が男女間では良いという事で、
ニノ「男女じゃなかったらいいんですよね?」
翔ちゃん「男男?そうなると話しは別で、次のステージだ」と(笑)
翔ちゃんとリーダーは2つが一緒で、
雅紀は1つは同じだったのですが、
他は誰とも被っていなくて、
これは誰とでも仲良く出来るような事を言っていました。
免疫力でもバランスが良いというのは、さすが嵐ですね。


3時間目は相葉先生の授業です。
それはのちほどまとめたいと思います。
早くまとめないと忘れちゃいますので、頑張ります。
その雅紀ですが、
「2017年上半期タレントCM起用社数ランキング」の
男性部門1位を獲得しました!
10社で錦織選手と同率1位だそうです。
おめでとうございます!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワクワク学校② | トップ | ワクワク学校④ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (くまちゃん)
2017-07-12 08:30:01
みえさん、おはよーございます
ワクワクレポありがとうございます
細かくて、雅紀愛を感じるレポにはいつも頭が下がります。
私はワクワクは一度も行ったことがなく、雰囲気すらつかめません。東京、大阪だけじゃなく、他のとこでもぜひぜひお願いしたいです。

雅紀くんが元気な姿を想像するだけでも、癒やしパワーで元気になれるので、雅紀レポお待ちしてます❤

ツアーも解禁になり、浮足立ってます。
東京にも行きたいとこですが、無理かなあ〜
みえさん、ぜひ福岡ドームはいかがですか!!
九州を感じて下さい
楽しみですね
くまちゃん♪ (みえ)
2017-07-12 19:35:06
くまちゃん、こんあいば。
ワクワク学校へ今年も行かせていただきました。
何せ雅紀にロックオンなので、
年々授業中によそ見が多くなっています(笑)
ワクワク学校も東京、大阪だけでなく、
色々な場所で開催してくれたら良いと私も思います。
ツアーの発表もありましたね~。
福岡はまだ行った事がないので、いつかは行きたいと思っているのですが、
こうしてあれこれ悩むのも楽しいんですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む