ダイヤの魔法

嵐・相葉くん大好き

新たまねぎ。

2017-05-15 08:31:15 | 相葉雅紀
相葉マナブ。
今回の旬ものは新たまねぎです。
千葉県白子町にやってきましたが、
雅紀は「久し振りにオレの千葉に来ましたね」と言っていましたが、
渡部さんが言うように、案外と千葉県は多いですよね(笑)
こうやってワイワイ始まるのがマナブらしくて良いですよね~。
そして雅紀の前髪が風にハラっと揺れる感じがイケメンです。
雅紀はたまねぎは大好きで、野菜のベスト10に入るくらいだそうですが、
渡部さんからせめてベスト3ぐらいにしてよと言われてしまいました。
まぁ本当はベスト1と言いたかったのかもしれませんが、
今まで色々な野菜を収穫させてもらってきたので、
気遣いもあったのだと思います。

収穫のお手伝いをさせてもらったのは、
玉ねぎ農家の小澤さんです。
広い玉ねぎ畑でしたね~。
畑から抜いた玉ねぎを見て「キレイ」という雅紀が美しかったですね。
収穫してすぐに皮をむいて生で食べていましたが、
見た感じは辛そうでしたけど、
食べた感想は「うまい、あまい」でした。
みずみずしくて美味しそうでした。
普通の玉ねぎを生で食べたら、目から火が出ると名人(笑)
火は出ないにしても相当の辛さだと思います。
名人の新玉ねぎの品種はソニックという名前だそうです。
カッコイイですね。

今回はその新たまねぎを使って調理するのですが、
3人の名人に教えていただきました。
まずは玉ねぎ農家の家庭料理の達人小澤洋子さんです。
小澤名人オススメの料理はかき揚げです。
今日の雅紀も爪が短くてキレイな指先でした。
私もよく玉ねぎとイカやエビを入れてかき揚げを作りますが、
玉ねぎだけというのは作った事がないので、
今度ぜひ作ってみたいと思いました。
かき揚げの形作りが上手になったので、
履歴書に「特技かき揚げ」と書くよと雅紀。
この発想が本当に可愛いですね~。
澤部君は今後履歴書を使う事あります?と言うと、
渡部さんがすかさず、凄いなまだバイトするつもりと(笑)
マナブならではのゆる~い掛け合いが楽しいです。
雅紀の言う履歴書は多分プロフィールなのでは…。
そして、揚げ終わってからこの番組のルールが発動しました。
それは「揚げ物は揚げたてを食らう」です。
揚げたてが一番ですからね~。美味しそうでした。
次に作った、新玉ねぎのハムチーズ焼きもとても簡単で、
美味しそうだったので、試してみたいです。

洋食の達人「かわごえ」のシェフ川越さんが教えてくれたのは
特製オニオンスープです。
玉ねぎの肉詰めは作ったことがないのですが、
鍋で煮るので、失敗無く出来そう!
万能玉ねぎソースは色々な物に合いそうでした。
ミキサーとか使わずに出来るので良いですね。
今回はチキンソテーに、万能ソースを炒めてかけました。
チキンにかける時にソースが「多い?」と雅紀が聞くと、
渡部さんが「大丈夫、大丈夫」と言うと、
サービスだと全部かけていました。
本当にこれは大サービスですね(笑)

中華の達人、四川・海鮮中華大幸の料理長の前橋さんが教えてくれたのは、
麻婆豆腐の玉ねぎバージョン、麻婆玉ねぎです。
麻婆ナスとかもありますから、麻婆玉ねぎもアリだと思いますが、
食べたことはないですよね~。
玉ねぎは炒める前に湯通しすると食感が良くなるそうです。
豆板醤を炒めてその匂いで実家を思い出す雅紀。
「おとうさ~ん」と呼びかけていました。
ネギを入れたら混ぜないのがポイントなんですね。
そうすると片栗粉がダマにならないんですね。
勉強になるわ~。

そして最後にもう一品、
今回色々教えてもらったので、
雅紀からのお礼料理がありました。
「感謝を込めて炒めました」とテロップに出ていました。
玉ねぎ、豚肉、キクラゲ、卵の、雅紀特製新玉ねぎの中華炒めです。
皆さん、美味しいと食べてくれて、
中華の達人の前橋さんも「最高です」とお褒めの言葉をいただきました。
きっと雅紀の気持ちが伝わったのだと思うと、
グッときますね~。
私はキクラゲが大好きなので、ぜひ作ってみたいと思います。
中華の達人の教えてくれた料理を小澤さんが初めて食べて美味しかったので、
今度作ってみると言っていて、
それを聞いた雅紀が横の繋がりが出来て良いと喜んだのを見て、
私も嬉しくなってしまいました。

今夜は貴族探偵第5話ですね。
1週間で月曜日がこんなに待ち遠しいとは、
御前様に完全にのめり込んでおります。
私に潤いを~。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予告が! | トップ | #5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む