明日できること今日はせず
人形作家・写真家 石塚公昭の身辺雑記
 



2時頃青木画廊へ。昨日はオープニングパーティーを早々に抜け出しトラックドライバー3人と飲んでいたが、その間、作家の方々は今回のテーマにちなみ、キャバレー白いバラにいったそうである。 本日は二時過ぎに出かけ、青木さん、市川伸彦さんと楽しく盛り上がった。来年青木で個展を、ということであるが、考えなければならない。 間に合えば、という話だが15日からの深川江戸資料館の『歌舞伎展』に向けて九代目市川團十郎を作っている。睨みがお家の芸で、目玉の大きい九代目には、睨んでいる状態の写真がない。国立劇場で十二代目を撮影している方ならご存知かと質問してみたら、十二代目に電話で聞いてもらってしまった。長時間露光の時代、睨みは長時間保持は難しかったんだろう、とのお答え。完成の暁には写真を十二代目にお送りしよう、と思ったが、知れば知るほど奥が深い世界にビビッてぐずぐずしている間に亡くなられ、未だに後悔している。 何度か書いているが、明治以降、日本人から失われた種類の顔が耳鼻も含めた長面である。九代目も飛び切り長い。おそらく現代ならすれ違いざま振りかえられるだろうほどである。歌舞伎座にある朝倉文夫作の胸像はどうも短く見えてしまうのだが。

青木画廊サイト。小津安二郎像に写真2点出品。
開廊55周年記念「眼展2016Part1〜妄想キャバレー〜」銀座青木画廊
2016.11/05(土)~2016.11/18(金)

アートスケープ 展評『深川の人形作家 石塚公昭の世界』


HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 搬入 ちょっと我に返る »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。