明日できること今日はせず
人形作家・写真家 石塚公昭の身辺雑記
 



圓朝第一作は、適当に配した鬼火を整理し完成。平面の写真から立体を起し、それをまたわざわざ平面的な世界に封入した。 遠近感など始めから加えて撮影専用の立体を作ることは初期の頃からやってきた。気球に乗った江戸川乱歩だったか、澁澤龍彦の背後に配したクラナッハだったか。どちらが最初だったか忘れたが。クラナッハを絵に近づけて作ったら、ヘソは真ん中に付いていない、脚は明後日の方を向いている、むちゃくちゃであり、とても展示できるような物ではないが、一方向から撮ればクラナッハ風に見えるわけである。鉄腕アトムの角や花形満や矢吹丈の前髪も一方向なら可能という訳である。 平面的な背景に立体を配する事が可能になったということは、やれることの可能性が広がったわけで、といっても、どれだけ広がったかはまだよく判っていない。少なくとも鏑木清方の圓朝像に対するオマージュ作品のメドはついた。


HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 三遊亭圓朝第一作 蠟燭の炎の所属先 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。