明日できること今日はせず
人形作家・写真家 石塚公昭の身辺雑記
 



燭台、塗装を残し2本完成。もちろん蠟燭付き。圓朝の両脇に配して眺めている。LEDの明るさが人形の縮尺に対し蠟燭っぽくリアルである。しかし展示にはさすがに暗くてこのままでは無理であろう。 最初は鏑木清方作の圓朝図の横に置かれている菊型燭台とそっくりな燭台をヤフオクで落札したのが始まりであった。その後、すでにランプ、ガス灯の時代なのに圓朝はあえて高座で燭台を使用していたことを知り、さらにその後、清方が描いたのは高座姿ではなく、清方宅で圓朝が口演するのを速記者が書き取っている場面で、燭台も座布団も、清方の私物であることが判った。 この燭台のおかげで肖像画の傑作である圓朝像と同じような構図で撮影してみよう、という大胆なことを考えた。私の場合は写真のみを参考にし、形状に関しては清方作品をまったく参考にしておらず、当然違っており、やぶ蛇になる恐れはあるが、危険な誘惑に駆られている。立体の良さは一度作ってしまえば360°どこからでも撮れることである。 というわけで、高座の再現のカットには、もう一本入手済みの黒塗りのシンプルな燭台を使うことにした。

HP

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« LED 撮影準備 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。