Latin for Beginners_1533

【本文】
If I change he says to he said, ― in other words, if I make the principal verb secondary in character, ― I feel it natural to change the verb in the dependent clause also, and I say, He said that he was coming.

【語句】
character:性質、性格、特性

【訳文】
もし私が he says を he said に変えるならば、― 換言すれば、もし私が主節の動詞を性質において第二次時制にするならば、― 私は従属節の動詞も変えるのが自然だと感じる。そして、私は He said that he was coming.(彼は彼が来る予定だと言った。)と言う。

【コメント】
 said は say の過去形であり、過去形は第二次時制です(Latin for Beginners_1530 参照)。
 in character の意味がとりにくいです。ここでは「性質において」と直訳してみました。
 “make A B”は使役の表現で、“AをBにする”の意味です。また、“feel A B”は、“AがBであると感じる(思う)”の意味です。いずれも第5文型です。
 feel it natural to change ... は、it が形式目的語で、to change 以下が真目的語であると思われます。
 英語では、主節の動詞と従属節の動詞がともに現在形の文において、主節の動詞を過去形にすると、従属節の動詞も過去形になります。本文の例で見れば、

  現在時制 He  says that he  is coming.
     ↓  ↓
  過去時制 He  said that he  was coming.

となります。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1532

【本文】
In the sentence He says that he is coming, the principal verb, says, is present, that is, is in a primary tense; and is coming, in the dependent clause, is naturally also primary.

【語句】
naturally:当然、もちろん

【訳文】
He says that he is coming.(彼は彼が来る予定だと言う。)という文において、主節の動詞 says は現在形である。すなわち、それは第一次時制である。そして、従属節の is coming も、当然に、第一次時制になっている。

【コメント】
 he is coming は現在進行形になっていますが、ここでは、「来る予定だ」と未来の予定・計画の意味に訳してみました。
 that is,(すなわち、)の次の is の主語は says と解してみました。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1531

【本文】
Now it is a very common law of language that in a complex sentence the tense in the dependent clause should be of the same kind as the tense in the principal clause.

【語句】
now:さて
common:一般的な、よくある
law:規則、法則
complex sentence:複文
dependent clause:従属節
principal clause:主節

【訳文】
さて、複文において従属節の時制は主節の時制と同種のものになるべきであるというのは、言語の非常に一般的な法則である。

【コメント】
 now の訳し方が難しいですが、ここでは「さて、」と訳してみました。
 it は形式主語で、that 以下が真主語であると思われます。
 複文については、Latin for Beginners_760 を御参照ください。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1530

【本文】
 356. The three great distinctions of time are present, past, and future. All tenses referring to present or future time are called primary tenses, and those referring to past time are called secondary tenses.

【語句】
primary:第一の、一次の
secondary:第二の、二次の

【訳文】
 356. 時の3つの大きな区別は、「現在」、「過去」及び「未来」である。現在又は未来の時に言及するすべての時制は第一次時制(primary tense)と呼ばれ、過去の時に言及するものは第二次時制(secondary tense)と呼ばれる。

【コメント】
 those は all tenses の代わりに用いられているものと思われます。

 時制には以下の2種類があります。
 ① 第一次時制 ― 現在、未来
 ② 第二次時制 ― 過去

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1529

【本文】
 355. The imperfect subjunctive of the irregular verb sum is inflected as follows:

   SING.{ 1. essem
2. essēs
3. esset
    PLUR.{ 1. essēmus
2. essētis
3. essent


【訳文】
 355. 不規則動詞 sum の接続法未完了過去形は以下のように語形変化する。

   単 数{ 1. essem
2. essēs
3. esset
    複 数{ 1. essēmus
2. essētis
3. essent


【コメント】
 sum の接続法未完了過去形も、規則動詞の接続法未完了過去形と同様に、“不定法現在形(esse)+人称語尾”となっています(Latin for Beginners_1523 参照)。接続法未完了過去形の作り方としては「規則的」と言えます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1528

【本文】
 a. In a similar way inflect the imperfect subjunctive, active and passive, of cūrō, iubeō, sūmō, iaciō, mūniō.

【訳文】
 a. 同様の仕方で、cūrō(世話をする), iubeō(命令する), sūmō(取る), iaciō(投げる), mūniō(守る)の接続法未完了過去形の能動相及び受動相を語形変化させてみよう。

【コメント】
 本文の動詞は、cūrō 以下順に、第1活用、第2活用、第3活用、-iō 型第3活用、第4活用となっています。
 これらの動詞の接続法の能動相及び受動相の1人称単数未完了過去形のみを以下に掲げてみます。

  cūrō iubeō sūmō iaciō mūniō
能動相    cūrārem         iubērem         sūmerem         iacerem         mūnīrem
受動相 cūrārer iubērer sūmerer iacerer mūnīrer

         
     
     

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1527

 接続法受動相未完了過去形の活用の仕方についてまとめてみます。

 “不定法能動相現在形+人称語尾”によって活用させます。ただし、不定法の語尾の母音 -e- は長母音になったり、短母音になったりします。

  amāre- +   -r  → amārer
 -ris,-re    → amārēris, amārēre
 -tur  → amārētur
 -mur  → amārēmur
 -minī  → amārēminī
 -ntur  → amārentur

 他の活用の場合も同様です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1526

【本文】

  CONJ.I  CONJ.II      CONJ.III  CONJ.IV
PASSIVE
1. amārer
2. amārēris(-re)
3. amārētur
monērer
monērēris(-re)
monērētur
regerer
regerēris(-re)
regerētur
caperer
caperēris(-re)
caperētur
audīrer
audīrēris(-re)
audīrētur
1. amārēmur        
2. amārēminī
3. amārentur
monērēmur          
monērēminī
monērentur
regerēmur          
regerēminī
regerentur
caperēmur         
caperēminī
caperentur
audīrēmur
audīrēminī
audīrentur


【訳文】

  第1活用  第2活用      第3活用  第4活用
受 動 相
1. amārer
2. amārēris(-re)
3. amārētur
monērer
monērēris(-re)
monērētur
regerer
regerēris(-re)
regerētur
caperer
caperēris(-re)
caperētur
audīrer
audīrēris(-re)
audīrētur
1. amārēmur        
2. amārēminī
3. amārentur
monērēmur         
monērēminī
monērentur
regerēmur         
regerēminī
regerentur
caperēmur         
caperēminī
caperentur
audīrēmur
audīrēminī
audīrentur


【コメント】
 接続法受動相未完了過去形の活用です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )