Latin for Beginners_1419

【本文】
Multōs iam annōs Germānī Gallōs vexābant(1) et ducēs Germānī cōpiās suās trāns Rhēnum saepe trādūcēbant.(1)

(1) Translate as if pluperfect.

【訳文】
Multōs iam annōs Germānī Gallōs vexābant(1) et ducēs Germānī cōpiās suās trāns Rhēnum saepe trādūcēbant.(1)

(1) 過去完了形であるかのように訳すこと。

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

Multōs iam annōs Germānī Gallōs vexābant et ducēs Germānī cōpiās suās trāns Rhēnum saepe trādūcēbant.
(訳)
 すでに多年にわたって、ゲルマニア人はガリア人を苦しめてきた。そして、ゲルマニア人の指導者たちはしばしば自分たちの軍隊をレーヌス河の向こう側へ渡してきた。
(解説)
 multōs annōs は“(時間の)広がりの対格”で、「多年の間、多年にわたり」という期間の継続を表しています(Latin for Beginners_1411 参照)。
 ducēs Germānī の Germānī は、形容詞 Germānus,-a,-um(ゲルマニアの、ゲルマニア人の)の複数主格男性形と解してみました。
 “trāns +対格 trādūcō ”は、「(…を)~の向こう側へ渡す」と訳してみました。
 本文の未完了過去形 vexābant, trādūcēbant は、注(1)によれば、過去完了形のように訳すとよいようです。これは、過去のある時点まで vexō(苦しめる)、trādūcō(渡す)という行為を継続してきたことを意味しているからでしょうか。未完了過去形は過去における動作・行為の持続の意味も表すようです(Latin for Beginners_449, 479 参照)。ここでは、「(過去のある時点まで)~してきた」と訳してみました。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1418

【本文】
Prīmō annō Helvētiōs vīcit, et eōdem annō multae Germānōrum gentēs eī sēsē dēdidērunt.

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

Prīmō annō Helvētiōs vīcit, et eōdem annō multae Germānōrum gentēs eī sēsē dēdidērunt.
(訳)
 最初の年に、彼はヘルウェティイ族を征服した。そして、同じ年に、ゲルマン人の多くの部族が彼に降伏した。
(解説)
 prīmō annō は“時の奪格”で、「最初の年に」と訳してみました。
 vīcit は「征服した」と訳しました。
 eōdem annō も“時の奪格”で、「同じ年に」と訳してみました。eōdem は指示詞 īdem(同じ)の単数奪格男性形です(Latin for Beginners_1094 参照)。
 multae Germānōrum gentēs の語順は“A→G→N”になっています(Latin for Beginners_396 参照)。
 “与格+ sē dēdō ”は「~に降伏する」の意味です(語彙dēdō の項参照)ので、eī sēsē dēdidērunt は「彼(=カエサル)に降伏した」と訳してみました。なお、sēsē は再帰代名詞 sē の強調形です(Latin for Beginners_1063 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1417

【本文】
 I. Caesar in Gaul. Caesar bellum in Galliā septem annōs Gessit.

【訳文】
 I. ガリアのカエサル Caesar bellum in Galliā septem annōs Gessit.

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

Caesar bellum in Galliā septem annōs Gessit.
(訳)
 カエサルはガリアで7年間戦争をした。
(解説)
 bellum gerō は「戦争をする」の意味の表現です。gessit は gerō の3人称単数完了形です。
 septem annōs は“(時間の)広がりの対格”で、「7年間」という期間の継続を表しています(Latin for Beginners_1411 参照)。この場合、前置詞 per は不要です(Latin for Beginners_1408, 1410 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1416

【本文】
 337. EXERCISES

 First learn the special vocabulary.

【訳文】
 337. 練習問題

 はじめに「特別な語句」を学習せよ。

【新出ラテン語句】
agmen atque / ac cadō concilium dēdō Helvētiī passus premō quā dē causā vāllum vexō

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1415

【本文】
Where has he pitched his camp ? Three miles from the river, and he will remain there several days.
The wall around the camp is ten feet high.
When did the war begin ? In the first year after the king's death.

【語句】
pitch camp:陣を張る、野営する
remain:とどまる、滞在する

【訳文】
彼はどこで野営しているのか。 河から3マイルのところで、彼はそこに数日間とどまるだろう。
野営地の周りの壁は10フィートの高さだ。
戦争はいつ始まったのか。 王の死後の最初の年にである。

【コメント】
 前回の続きです。

 本文の英文から、①時間の広がりの対格、②空間の広がりの対格、③時の奪格を選び出すと以下のようになるかと思われます。

Where has he pitched his camp ? Three miles(②)from the river, and he will remain there several days.(①)
The wall around the camp is ten feet high.(②)
When(③)did the war begin ? In the first year(③)after the king's death.

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1414

【本文】
 Select the accusatives of time and space and the ablatives of time in the following:

When did the general arrive ? He arrived at two o'clock.
How long had he been marching ? For four days.
How far did he march ? He marched sixty-five miles.

【語句】
select:選ぶ、選び出す
general:将軍
march:行進する、行軍する
mile:マイル

【訳文】
 以下の文章の中から時間と空間の対格及び時の奪格を選び出せ。

将軍はいつ到着したのか。 彼は2時に到着した。
彼はどのくらいの期間行軍していたのか。 4日間である。
彼はどのくらいの距離を行軍したのか。 彼は65マイル行軍した。

【コメント】
 本文の英文から、①時間の広がりの対格、②空間の広がりの対格、③時の奪格を選び出すと以下のようになるかと思われます。

When(③) did the general arrive ? He arrived at two o'clock.(③)
How long(①) had he been marching ? For four days.(①)
How far(②) did he march ? He marched sixty-five miles.(②)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1413

【本文】
 b. Distinguish carefully between the accusative of time how long and the ablative of time when, or within which.

【訳文】
 b. 時の対格「どのくらいの期間」と時の奪格「いつ」又は「どの時間以内に」を注意深く区別すること。

【コメント】
 “時の奪格”については、Latin for Beginners_1023 を御参照ください。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )