Latin for Beginners_1376

【本文】
 c. The hundreds above one hundred are declined like the plural of bonus; as,

      ducentī,-ae,-a
      ducentōrum,-ārum,-ōrum
      etc.  etc.  etc.

【訳文】
 c. 100を超える百の位の数詞は bonus の複数形と同じように格変化する。

   例
      ducentī,-ae,-a
      ducentōrum,-ārum,-ōrum
      等   等   等

【コメント】
 ducentī(200)は、第1・第2変化形容詞の複数形と同様に格変化します。300、400、500、600、700、800、900も同様ですが、ここでは省略します。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1375

【本文】
 b. Learn the declension of duo, two; trēs, three; and mīlle, a thousand.(§479.)

【訳文】
 b. duo(2); trēs(3); 及び mīlle(1000)の格変化を学習しよう(§479)。

【コメント】
 §479 に掲載されている duo, trēs, mīlle の変化表を以下に示します。

① duo, duae, duo(2)
  男性形 女性形 中性形  
 主格     duo  duae  duo
 属格 duōrum  duārum          duōrum
 与格 duōbus  duābus  duōbus
 対格 duōs 又は duo        duās  duo
 奪格 duōbus  duābus  duōbus

 duo は第1・第2変化と第3変化を合わせたような不規則な変化をしますので御注意願います。

 

② trēs, tria(3)
  男性形・女性形          中性形  
 主格       trēs  tria
 属格   trium  trium
 与格   tribus  tribus
 対格   trīs 又は trēs  tria
 奪格   tribus  tribus

 

③ mīlle, mīlia(1000)
  単数形        複数形  
 主格      mīlle  mīlia
 属格  mīlle  mīlium
 与格  mīlle  mīlibus
 対格  mīlle  mīlia
 奪格  mīlle  mīlibus

 mīlle は、単数形では -l- が2つ重なりますが、複数形では1つになります。また、単数形では不変化の形容詞ですが、複数形では i-語幹の第3変化中性名詞になります。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1374

【本文】
The plural of ūnus is used to agree with a plural noun of a singular meaning, as, ūna castra, one camp; and with other nouns in the sense of only, as, Gallī ūnī, only the Gauls.

【語句】
camp:野営地、陣営

【訳文】
ūnus の複数形は、単数の意味を持つ複数形の名詞と一致するために用いられる。例 ūna castra(1つの野営地)。また、「ただ~だけ、~のみ」の意味で他の名詞と一致するためにも用いられる。例 Gallī ūnī(ただガリア人たちだけ)。

【コメント】
 and with other nouns の with は agree に係っているものと思われます。

 ūnus(1つの)は、複数形の名詞にも付くことがあります。一つは、係る名詞が複数形で単数の意味を表す場合です。もう一つは、ūnus が「ただ~だけ」の意味を表す場合です。
 中性名詞 castra,-ōrum は複数形で用いられて、単数の「陣営、野営地」を意味するようです。
 また、Gallī ūnī は、「ただガリア人たちのみ」の意味になるようです。「1人のガリア人」であれば、ūnus Gallus となると思われます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1373

【本文】
 a. ūnus is one of the nine irregular adjectives, and is declined like nūllus (cf. §§109, 470).

【訳文】
 a. ūnus は9つの不規則形容詞のうちの一つであり、nūllus と同じように変化する(§§109, 470 参照)。

【コメント】
 「9つの不規則形容詞」については、第16課を御参照ください。また、nūllus の格変化(§109)については、Latin for Beginners_370 を御参照ください。
 §470 に掲載されている ūnus の変化表を以下に示します。単数属格と単数与格が不規則になっています。

  単   数
  男性形 女性形 中性形
主格      ūnus  ūna  ūnum
属格  ūnīus  ūnīus  ūnīus
与格  ūnī  ūnī  ūnī
対格  ūnum  ūnam  ūnum
奪格  ūnō  ūnā  ūnō
   
複   数
主格  ūnī  ūnae  ūna
属格  ūnōrum          ūnārum         ūnōrum
与格  ūnīs  ūnīs  ūnīs
対格  ūnōs  ūnās  ūna
奪格  ūnīs  ūnīs  ūnīs

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1372

※ 本文に戻ります。

【本文】
 329. Declension of the Cardinals. Of the cardinals only ūnus, duo, trēs, the hundreds above one hundred, and mīlle used as a noun, are declinable.

【語句】
above:~より上の、~より大きい
declinable:格変化をする

【訳文】
 329. 基数詞の格変化 基数詞のうちで、ūnus, duo, trēs, 100より大きい百の位の数詞及び名詞として用いられる mīlle のみが格変化する。

【コメント】
 基数詞は基本的には不変化の形容詞ですが、本文にあるように、以下のものは格変化をします。
① ūnus,-a,-um(1)、duo, duae, duo(2)、trēs, tria(3)
② ducentī(200)、300、400、500、600、700、800、900
③ mīlle(1000)の複数形 mīlia,-ium

 なお、②の300~900の単語の紹介はここでは省略します。
 また、1000の単数形 mīlle は不変化の形容詞ですが、その複数形 mīlia は形容詞ではなく、中性名詞として用いられます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1371

 次に、11~20,100,200,1000です。
 なお、誤りがあれば御容赦願います。

  ラテン語             イタリア語             フランス語            スペイン語
 11     ūndecim  undici  onze  once
 12     duodecim  dodici  douze  doce
 13     tredecim  tredici  treize  trece
 14     quattuordecim  quattordici  quatorze  catorce
 15     quīndecim  quindici  quinze  quince
 16     sēdecim  sedici  seize  dieciséis
 17     septendecim  diciassette  dix-sept  diecisiete
 18     duodēvīgintī  diciotto  dix-huit  dieciocho
   19     ūndēvīgintī  diciannove  dix-neuf  diecinueve
 20     vīgintī  venti  vingt  veinte
 100     centum  cento  cent  cien, ciento
 200     ducentī  duecento  deux cents  doscientos
 1000     mīlle  mille  mille  mil

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1370

 今回と次回は、数詞1~20,100,200,1000を、ラテン語といくつかのラテン語系の現代語で比較してみます。
 まずは、1~10です。
 なお、誤りがあれば御容赦願います。

  ラテン語         イタリア語        フランス語        スペイン語  
1    ūnus  uno  un  uno
2    duo  due  deux  dos
3    trēs  tre  trois  tres
4    quattuor  quattro  quatre  cuatro
5    quīnque  cinque  cinq  cinco
6    sex  sei  six  seis
7    septem  sette  sept  siete
8    octō  otto  huit  ocho
9    novem  nove  neuf  nueve
10    decem  dieci  dix  diez

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1369

【本文】
 a. Learn also centum = 100, ducentī = 200, mīlle = 1000.

【訳文】
 a. 併せて、centum = 100, ducentī = 200, mīlle = 1000 も学習しておこう。

【新出ラテン語句】
centum ducentī mīlle

【コメント】
 200の ducentī は、複数形の語形変化をする第1・第2変化形容詞です(ducentī,-ae,-a)。また、その成り立ちは以下のとおりです。

 ducentī(200) = du [-o](2)× centī [← centum](100)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1368

【本文】
16, sēdecim
17, septendecim
18, duodēvīgintī
19, ūndēvīgintī
20, vīgintī

【新出ラテン語句】
duodēvīgintī sēdecim septendecim ūndēvīgintī vīgintī

【コメント】
 19までの各語の成り立ちをみると以下のようになります。20は2や10からは想像もつかない語形になっています。

 sēdecim(16)  = sē [-x](6)  + decim [← decem](10)
 septendecim(17)  = septen [← septem](7)  + decim [← decem](10)
 duodēvīgintī(18)  = duo(2)  + (~から)  + vīgintī(20) 《= 20-2》
 ūndēvīgintī(19)  = ūn [-us](1)  + (~から)  + vīgintī(20) 《= 20-1》

 11以上の数詞の作り方を見ると、11~17 = 1~7+10 となっていますが、18 = 20-2、19 = 20-1 となっています。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1367

【本文】
11, ūndecim
12, duodecim
13, tredecim
14, quattuordecim
15, quīndecim

【新出ラテン語句】
duodecim quīndecim tredecim ūndecim

【コメント】
 綴りを見れば明らかですが、各語の成り立ちをみると以下のようになります。

 ūndecim(11)  = ūn [-us](1)  + decim [← decem](10)
 duodecim(12)  = duo(2)  + decim [← decem](10)
 tredecim(13)  = tre [-s](3)  + decim [← decem](10)
 quattuordecim(14)  = quattuor(4)  + decim [← decem](10)
 quīndecim(15)  = quīn [-que](5)  + decim [← decem](10)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1366

【本文】
6, sex
7, septem
8, octō
9, novem
10, decem

【新出ラテン語句】
decem novem octō sex

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )