Latin for Beginners_1293

【本文】
6. To surrender the fatherland is the worst crime.

【語句】
surrender:引き渡す、明け渡す、譲り渡す

【訳文】
6. 祖国を引き渡すことは最悪の犯罪である。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

6. Patriam trādere est scelus pessimum.
(解説)
 「祖国を引き渡すこと」は、trādō(引き渡す)の不定法を用いて、patriam trādere としました。
 「最悪の犯罪」は、malus(悪い)の最上級 pessimus と第3変化中性名詞 scelus(罪、犯罪)を用いて、scelus pessimum と表してみましたLatin for Beginners_1268 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1292

【本文】
5. In the Roman empire a great many were killed because they refused to be slaves.

【訳文】
5. ローマ帝国では、非常に多くの者たちが、奴隷になることを拒否したために、殺された。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

5. In imperiō Rōmānō plūrimī occīsī [interfectī, necātī] sunt quia [quod] servī esse recūsāvērunt.
(解説)
 「ローマ帝国」は、imperium Rōmānum で表してみました。
 「非常に多くの者たち」は、multus(多い)の最上級・複数主格男性形を単独で用いてみました(Latin for Beginners_346, 1215, 1269 参照)。
 「殺す」は、本課で学習した occīdō の他、interficiō, necō を用いることができるかと思われます。
 「なぜなら~だから」の意味の接続詞には、quia と quod があります。
 「~することを拒否する」は、“不定法+ recūsō ”で表してみました。
 「奴隷になること」は、本文の英語を直訳して、servī esse と表してみました。servī は、主語 plūrimī の数・格に一致させて、複数主格としました(Latin for Beginners_277, 733 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1291

【本文】
4. Slavery is worse than death.

【訳文】
4. 奴隷状態は死よりも悪い。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

4. Servitūs est peior quam mors.
(解説)
 「より悪い」は、malus の比較級・単数主格女性形 peior を用いましたLatin for Beginners_1268 参照)。
 「死よりも」は、ここでは、quam を用いて quam mors としました(mors は主語 servitūs と一致させて主格としました。)が、“比較級を伴う奪格”を用いて morte としてもよいと思われます(Latin for Beginners_1244 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1290

【本文】
3. Nothing can be worse than slavery.

【訳文】
3. 奴隷状態よりも悪いものは何もあり得ない。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

3. Nihil peius quam servitūs esse potest.
(解説)
 nothing(何もないもの)は不変化の単数の中性名詞 nihil を用いました。nihil を用いた比較文については、Latin for Beginners_1241 以下を御参照ください。
 can be は否定文で用いられており、「~であり得ない、~であるはずがない」といった意味かと思われますが、ここでは、“possum +不定法”を用いて直訳し、esse potest としてみました。
 「より悪い」は、malus の比較級・単数主格中性形 peius を用いました(Latin for Beginners_733, 1268 参照)。
 「奴隷状態よりも」は、ここでは、quam を用いて quam servitūs としました(servitūs は主語 nihil と一致させて主格としました。)が、“比較級を伴う奪格”を用いて servitūte としてもよいと思われます(Latin for Beginners_1244 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1289

【本文】
2. They were terrified and did not wish to be captured and given over into slavery.

【語句】
capture:捕らえる、捕まえる
give over:任せる、ゆだねる、引き渡す(into ~:~に)
slavery:奴隷身分、奴隷状態

【訳文】
2. 彼らは恐れて、捕らえられ奴隷状態に身をゆだねられることを欲しなかった。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

2. Eī perterritī sunt et nōn cupīvērunt capī et in servitūtem trādī.
(解説)
 「恐れた」は、perterreō(恐れさせる)の受動相3人称複数完了形 perterritī sunt を用いました。なお、主語 they の性別は不明ですが、とりあえず男性形にしておきました。
 「~することを欲する」は、“不定法+ cupiō ”を用いました。また、その完了形は cupiērunt でもよいと思われます(Latin for Beginners_1254 参照)。
 to be captured(捕らえられること)は、capiō の不定法受動相現在形 capī を用いました。また、(to be) given over(引き渡されること、ゆだねられること)は、trādō の不定法受動相現在形 trādī を用いましたLatin for Beginners_1281 参照。なお、不定法受動相現在形については Latin for Beginners_560, 563 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1288

【本文】
II.
1. The remaining women fled from their dwellings and hid themselves.

【語句】
remaining:残りの、残っている
flee:(fled は過去形)逃げる
dwelling:住居、住宅
hide:(hid は過去形)隠す

【訳文】
1. 残りの女性たちは自分たちの住居から逃げ、姿を隠した。

【コメント】
 本文をラテン語に訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

1. Reliquae mulierēs ā domiciliīs suīs fūgērunt et sē abdidērunt.
(解説)
 「住居」(dwelling)は、ここでは domicilium を用いましたが、aedificium(建物)を用いてもよいと思われます。
 hide themselves は、直訳すると「自分自身を隠す」ですから、「隠れる」の意味になると思われます。ここでは、「姿を隠す」と訳してみました。また、ラテン語訳では、英語の hid themselves を直訳して、sē abdidērunt としてみました。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1287

【本文】
10. Nēmō crēbrīs proeliīs contendere sine aliquō perīculō potest.

【コメント】
 本文を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

10. 誰も何らかの危険なしに頻繁な戦闘によって争うことはできない。
(解説)
 nēmō は「誰も~ない」の意味の語で、単数形で用いられます。
 crēbrīs proeliīs は、「頻繁な戦闘によって」と、手段の奪格の意味に解してみました。
 contendere にはいろいろの意味があり、どのように訳したらよいか難しいですが、ここでは「争う」と訳してみました。
 aliquō は、不定形容詞 aliquī, aliqua, aliquod(ある、誰かの、何かの)の単数奪格中性形です(Latin for Beginners_1153, 1155 参照)。
 この文は二重否定になっており、肯定形で訳せば、「頻繁な戦闘によって争えば必ず何らかの危険が生じる」という意味になるでしょうか。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1286

【本文】
9. In barbarōrum aedificiīs maior cōpia frūmentī reperta est.

【コメント】
 本文を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

9. 蛮族どもの建物の中で、かなり沢山の穀物が発見された。
(解説)
 in barbarōrum aedificiīs は、“P→G→N”の語順になっています(Latin for Beginners_396 参照)。
 cōpia frūmentī は「沢山の穀物」、「豊富な穀物」などと訳せるかと思われます(Latin for Beginners_329, 345, 594 参照)。
 maior は magnus,-a,-um(大きい)の比較級・単数主格女性形です(Latin for Beginners_1267 参照)。ここでは、cōpia に係っていますが、比較の対象が表されていませんので、「かなり~、相当~」の意味と解してみました(Latin for Beginners_1215 参照)。また、maior cōpia の訳し方が難しいですが、ここでは「かなり沢山の」と訳してみました。
 reperta est は、reperiō(見つける、発見する)の受動相3人称単数完了形(女性形)です。主語は cōpia です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1285

【本文】
8. Fāma illōrum mīlitum optima nōn erat.

【コメント】
 本文を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

8. あれらの兵士たちの評判は最良ではなかった。
(解説)
 optima は bonus,-a,-um(よい)の最上級・単数主格女性形ですLatin for Beginners_1267 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )