Latin for Beginners_1240

【本文】

 POSITIVE
dissimilis,-e, unlike        
gracilis,-e, slender
humilis,-e, low
COMPARATIVE
  dissimilior,-ius            
  gracilior,-ius
  humilior,-ius
 SUPERLATIVE
dissimillimus,-a,-um
gracillimus,-a,-um
humillimus,-a,-um


【語句】
unlike:似ていない、同じでない
slender:細長い、ほっそりした、貧弱な

【訳文】

 原  級
dissimilis,-e(同じでない)   
gracilis,-e(細長い)
humilis,-e(低い)
 比 較 級
dissimilior,-ius          
gracilior,-ius
humilior,-ius
  最 上 級
dissimillimus,-a,-um
gracillimus,-a,-um
humillimus,-a,-um


【新出ラテン語句】
dissimilis gracilis humilis

【コメント】
 これら6語のうち、facilis と difficilis は互いに反意語、similis と dissimilis も互いに反意語になっています。この他に、gracilis と humilis があります。

 これまでに学習したところでは、形容詞の最上級の作り方には、以下の3種類があります。

1. 規則変化            語根+-issimus,-a,-um 例 fortis,-e → fortissimus
2. 不規則変化① 単数主格男性形+ -rimus,-a,-um     例 pulcher → pulcherrimus
3. 不規則変化② 語根+ -limus,-a,-um 例 facilis → facillimus

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1239

【本文】
Learn the meanings and comparison.

 POSITIVE
facilis,-e, easy
difficilis,-e, hard         
similis,-e, like
COMPARATIVE
  facilior,-ius
  difficilior,-ius               
  similior,-ius
 SUPERLATIVE
facillimus,-a,-um
difficillimus,-a,-um
simillimus,-a,-um


【訳文】
意味と比較変化を学習しよう。

 原  級
facilis,-e(易しい)
difficilis,-e(難しい)         
similis,-e(似た)
 比 較 級
facilior,-ius
difficilior,-ius              
similior,-ius
  最 上 級
facillimus,-a,-um
difficillimus,-a,-um
simillimus,-a,-um


【コメント】
 残りの3つについては次回読みます。
 例えば、facilis についてみると、比較級は“語根(facil-)+ -ior,-ius”で規則的ですが、最上級は“語根(facil-)+ -limus,-a,-um”となり不規則です。
 facilissimus 等とはなりませんので、御注意ください。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1238

【本文】
LESSON LIV

IRREGULAR COMPARISON OF ADJECTIVES ・ THE ABLATIVE WITH COMPARATIVES WITHOUT QUAM

 307. The following six adjectives in -lis form the comparative regularly; but the superlative is formed by adding -limus to the base of the positive.

【訳文】
第54課

形容詞の不規則な比較変化 ・ quam を伴わないで比較級とともに用いられる奪格

 307. 以下の -lis で終わる6つの形容詞は比較級を規則的に形成する。しかし、最上級は原級の語根に -limus を付け加えることによって形成される。

【コメント】
 6つの形容詞は次回以降に読みます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1198

【本文】
LESSON LIII

REGULAR COMPARISON OF ADJECTIVES

 300. The quality denoted by an adjective may exist in either a higher or a lower degree, and this is expressed by a form of inflection called comparison.

【語句】
regular:規則的な、規則変化の
comparison:比較、比較変化
degree:程度;(比較変化の)級
inflection:語形変化、屈折

【訳文】
第53課

形容詞の規則的な比較変化

 300. 形容詞によって表される性質は、より高いか又はより低い程度において存在することがある。そして、このことは比較変化と呼ばれる語形変化の一形態によって表現される。

【コメント】
 今回から、形容詞の比較変化について学習していきます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1199

【本文】
The mere presence of the quality is expressed by the positive degree, its presence in a higher or lower degree by the comparative, and in the highest or lowest of all by the superlative.

【語句】
mere:単なる、ほんの
presence:存在
positive:原級の(positive degree:原級)
comparative:比較級の(comparative degree:比較級)
superlative:最上級の(superlative degree:最上級)

【訳文】
性質の単なる存在は原級によって、それ〔性質〕のより高い又はより低い程度における存在は比較級によって、そして、全ての中で最高の又は最低の程度における性質の存在は最上級によって表現される。

【コメント】
 「性質の単なる存在」は、「性質が単に存在すること」とも訳せるかと思われます。
 its presence の its は the quality のことを指していると思われます。
 its presence in a higher or lower degree の次には is expressed が省略されているものと思われます。
 in the highest or lowest of all by the superlative は、省略されている部分を〔 〕で補うと、〔its presence 又は the presence of the quality〕 in the highest or lowest 〔degree〕 of all 〔is expressed〕 by the superlative となるでしょうか。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1200

【本文】
In English the usual way of comparing an adjective is by using the suffix -er for the comparative and -est for the superlative; as, positive high, comparative higher, superlative highest.

【語句】
usual:普通の、通例の、いつもの
compare:比較変化させる;比較する、比べる
suffix:接尾辞(単語の末尾に付いて一定の意味を付加し、別の単語を作る要素)

【訳文】
英語では、形容詞を比較変化させる通常の方法は、比較級を作るためには接尾辞 -er を、また、最上級を作るためには接尾辞 -est を用いることによってである。例 原級 high(高い)、比較級 higher(より高い)、最上級 highest(最も高い)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1201

【本文】
Less frequently we use the adverbs more and most; as, positive beautiful, comparative more beautiful, superlative most beautiful.

【語句】
less:より少なく、それほど~でなく
frequently:しばしば、度々、頻繁に

【訳文】
それほど頻繁にではないが、我々は副詞 more 及び most を用いることもある。例 原級 beautiful(美しい)、比較級 more beautiful(より美しい)、最上級 most beautiful(最も美しい)

【コメント】
 御案内のように、英語では、形容詞の比較変化の作り方は2種類あります。①接尾辞 -er, -est を用いるものと、②副詞 more, most を用いるものです。 
 本文の例を整理すると以下のようになります。

  原 級 比較級 最上級
 ①接尾辞型    high higher highest
 ②副詞型 beautiful       more beautiful    most beautiful

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1202

【本文】
 In Latin, as in English, adjectives are compared by adding suffixes or by using adverbs.

【訳文】
 ラテン語では、英語と同様に、形容詞は接尾辞を付けることによって又は副詞を用いることによって比較変化をする。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1203

【本文】
 301. Adjectives are compared by using suffixes as follows:

【訳文】
 301. 形容詞は接尾辞を用いて以下のように比較変化をする。

【コメント】
 as follows は次回読みます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1204

【本文】

   POSITIVE COMPARATIVE SUPERLATIVE
clārus,-a,-um (bright)    
 (BASE clār-)
clārior, clārius              
 (brighter)
clārissimus,-a,-um
 (brightest)
brevis, breve (short)
 (BASE brev-)
brevior, brevius
 (shorter)
brevissimus,-a,-um
 (shortest)
vēlōx (swift)
 (BASE vēlōc-)
vēlōcior, vēlōcius
 (swifter)
vēlōcissimus,-a,-um
 (swiftest)


【語句】
bright:明るい、輝いている
short:短い
swift:速い

【訳文】

   原  級   比較級   最上級
clārus,-a,-um(明るい)     
 (語根 clār-
clārior, clārius          
 (より明るい)
clārissimus,-a,-um
 (最も明るい)
brevis, breve(短い)
 (語根 brev-
brevior, brevius
 (より短い)
brevissimus,-a,-um
 (最も短い)
vēlōx(速い)
 (語根 vēlōc-
vēlōcior, vēlōcius
 (より速い)
vēlōcissimus,-a,-um
 (最も速い)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1205

【本文】
 a. The comparative is formed from the base of the positive by adding -ior masc. and fem., and -ius neut.; the superlative by adding -issimus, -issima, -issimum.

【訳文】
 a. 比較級は、原級の語根に -ior(男性形及び女性形)及び -ius(中性形)を付け加えることによって形成される。また、最上級は、〔原級の語根に〕-issimus, -issima, -issimum を付け加えることによって形成される。

【コメント】
 from the base of the positive は、直訳すると「原級の語根から」となりますが、ここでは「原級の語根に」と意訳してみました。また、the superlative の次には is formed from the base of the positive が省略されているものと思われます。

 接尾辞を用いる比較変化を整理すると以下のようになります。

   比較級  最上級
 男性形 →   語根+-ior     語根+-issimus
 女性形 → 語根+-ior 語根+-issima
 中性形 → 語根+-ius 語根+-issimum

 前回読んだ例では、clārus は第1・第2変化形容詞、brevis は2語尾の第3変化形容詞、vēlōx は1語尾の第3変化形容詞で、変化の種類は異なっていますが、比較変化の作り方は全て同様です。
 比較級の格変化は追って読みますが、最上級の格変化は、語尾が -us,-a,-um となっていることから分かるように、第1・第2変化形容詞と同じです。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1206

【本文】
 302. Less frequently adjectives are compared by using the adverbs magis, more; maximē, most; as, idōneus, suitable; magis idōneus, more suitable; maximē idōneus, most suitable.

【語句】
suitable:適切な、適当な、ふさわしい

【訳文】
 302. それほど頻繁にではないが、形容詞は副詞 magis(より多く)、maximē(最も)を用いることによって比較変化をすることがある。例 idōneus(適した); magis idōneus(より適した); maximē idōneus(最も適した)

【新出ラテン語句】
magis

【コメント】
 ラテン語の形容詞には、前回読んだ接尾辞 -ior, -issimus 等を用いて比較変化を作る語の他に、副詞 magis, maximē を用いて比較変化を作る語もあるようです。
 文法書によると、男性形が“母音+-us”(主に -ius, -eus)で終わる第1・第2変化形容詞は、副詞 magis, maximē を用いて比較変化を作るようです。本文で例として挙げられている idōneus も -eus(母音+-us)で終わる形容詞です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1207

【本文】
 303. Declension of the Comparative. Adjectives of the comparative degree are declined as follows:

【訳文】
 303. 比較級の格変化 比較級の形容詞は以下のように格変化する。

【コメント】
 as follows は次回読みます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1208

【本文】

  SINGULAR
  MASC. AND FEM.      NEUT.
Nom.     clārior clārius
Gen.   clāriōris clāriōris
Dat.   clāriōrī clāriōrī
Acc.   clāriōrem clārius
Abl.   clāriōre clāriōre
 
  PLURAL
  MASC. AND FEM.  NEUT.
Nom.   clāriōrēs clāriōra
Gen.   clāriōrum clāriōrum
Dat.   clāriōribus clāriōribus
Acc.   clāriōrēs clāriōra
Abl.   clāriōribus clāriōribus


【訳文】

  単   数
  男性形・女性形        中性形
主格      clārior clārius
属格   clāriōris clāriōris
与格   clāriōrī clāriōrī
対格   clāriōrem clārius
奪格   clāriōre clāriōre
 
  複   数
  男性形・女性形  中性形
主格   clāriōrēs clāriōra
属格   clāriōrum clāriōrum
与格   clāriōribus clāriōribus
対格   clāriōrēs clāriōra
奪格   clāriōribus clāriōribus


【コメント】
 clārus(明るい、輝いている)の比較級 clār-ior, clār-ius の格変化です。次回、この格変化の語尾についてまとめてみます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_1209

 今回は、形容詞の比較級の格変化の語尾についてまとめてみます。

 比較級の変化は、基本的には、2語尾の第3変化形容詞に類似しています。ただし、単数奪格の語尾が -e となること、複数主格中性形及び複数属格の語尾に -i- が含まれていないこと、複数対格男性形・女性形の語尾に -īs がないことの3点で、通常の第3変化形容詞とは異なっており(下線部参照)、むしろ、子音語幹の第3変化名詞の格変化に一致しています。

  形容詞の比較級   通常の第3変化形容詞    子音語幹の第3変化名詞
  単  数 単  数 単  数
  男性形
女性形
中性形 男性形
女性形
中性形 男性名詞
女性名詞
中性名詞
主格    -ior -ius (1語尾~3語尾) (多様な語形がある)
属格 -iōr-is -iōr-is -is -is -is -is
与格 -iōr-ī -iōr-ī
対格 -iōr-em -ius -em = 主格 -em = 主格
奪格 -iōr-e -iōr-e -e -e
   
複  数
 
複  数
 
複  数
  男性形
女性形
中性形 男性形
女性形
中性形 男性名詞
女性名詞
中性名詞
主格 -iōr-ēs -iōr-a -ēs -ia -ēs -a
属格 -iōr-um -iōr-um -ium -ium -um -um
与格 -iōr-ibus      -iōr-ibus      -ibus -ibus -ibus -ibus
対格 -iōr-ēs -iōr-a -īs, -ēs -ia -ēs -a
奪格 -iōr-ibus -iōr-ibus -ibus -ibus -ibus -ibus

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ