Latin for Beginners_235

【本文】
LESSON VIII
FIRST DECLENSION (Continued)

 64. We have for some time now been using adjectives and nouns together, and you have noticed an agreement between them in case and in number (§54). They agree also in gender.

【訳文】
第8課
第1変化(続き)

 64. 我々はこれまでしばらくの間、形容詞と名詞を一緒に用いてきている。そして、皆さんは「格」と「数」におけるそれらの間の一致(§54 参照)に気づいただろう。形容詞と名詞は「性」についても一致するのである。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_236

【本文】
In the phrase silva magna, we have a feminine adjective in -a agreeing with a feminine noun in -a.

【語句】
phrase:句(いくつかの単語の集まりで名詞、形容詞、副詞等の働きをするもの。ただし、主語・述語の関係にある語は含まない。)

【訳文】
silva magna(大きな森)という句には、-a で終わる女性名詞と一致する -a で終わる女性形の形容詞がある。

【コメント】
 silva(森)は女性名詞で語尾が -a で終わる第1変化名詞です。magnamagnus(大きい)という形容詞の女性形で、語尾が同じく -a で終わっています。このように、修飾関係にある名詞と形容詞は性が一致します。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_237

【本文】
 65. RULE. Agreement of Adjectives. Adjectives agree with their nouns in gender, number, and case.

【訳文】
 65. 規則 形容詞の一致 形容詞はそれが修飾する名詞と性、数及び格において一致する。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_238

【本文】
 66. Feminine adjectives in -a are declined like feminine nouns in -a, and you should learn to decline them together as follows:

【語句】
learn to do:…するようになる、…できるようになる

【訳文】
 66. -a で終わる女性形の形容詞は -a で終わる女性名詞と同じように変化する。そこで、以下のように、それらを一緒に変化させることができるようにすべきである。

【コメント】
 as follows は次回読みます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_239

【本文】

NOUN

ADJECTIVE

domina (base domin-), f., lady   bona (base bon-), good

SINGULAR
TERMINATIONS
Nom. domina    bona          -a
Gen. dominae    bonae         -ae
Dat. dominae    bonae         -ae
Acc. dominam    bonam         -am
Abl. dominā    bonā        

PLURAL
Nom. dominae    bonae         -ae
Gen. dominārum   bonārum         -ārum
Dat.

dominīs   

bonīs        -īs
Acc. dominās    bonās        -ās
Abl. dominīs    bonīs        -īs


【訳文】

名 詞

形容詞

domina (語根 domin-), 女性名詞:女主人   bona (語根 bon-):良い

単  数
語 尾
主格 domina    bona          -a
属格 dominae    bonae         -ae
与格 dominae    bonae         -ae
対格 dominam    bonam         -am
奪格 dominā    bonā        

複  数
主格 dominae    bonae         -ae
属格 dominārum   bonārum         -ārum
与格

dominīs   

bonīs        -īs
対格 dominās    bonās        -ās
奪格 dominīs    bonīs        -īs

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_240

【本文】
 a. In the same way decline together puella mala, the bad girl; ancilla parva, the little maid; fortūna magna, great fortune.

【語句】
maid:お手伝い、女中

【訳文】
 a. 同様な仕方で、puella mala(悪い少女);ancilla parva(小さな女召使い);fortūna magna(大いなる運命)を一緒に格変化させよ。

【コメント】
 本文のラテン語を格変化させると次のようになります。

puella mala ancilla parva fortūna magna

 

単  数

主格 puella mala ancilla parva fortūna magna
属格 puellae malae ancillae parvae fortūnae magnae
与格 puellae malae ancillae parvae fortūnae magnae
対格 puellam malam ancillam parvam fortūnam magnam
奪格 puellā malā ancillā parvā fortūnā magnā
複  数
主格 puellae malae ancillae parvae fortūnae magnae
属格 puellārum malārum  ancillārum parvārum  fortūnārum magnārum
与格 puellīs malīs ancillīs parvīs fortūnīs magnīs
対格 puellās malās ancillās parvās fortūnās magnās
奪格 puellīs malīs ancillīs parvīs fortūnīs magnīs

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_241

【本文】
 67. The words dea, goddess, and fīlia, daughter, take the ending -ābus instead of -īs in the dative and ablative plural. Note the dative and ablative plural in the following declension:

【訳文】
 67. dea(女神)と fīlia(娘)の各語は、「複数与格及び複数奪格」で語尾 -īs の代わりに語尾 -ābus を取る。以下の変化表で「複数与格及び複数奪格」に注意すること。

【コメント】
 変化表は次回読みます。
 なお、複数与格及び複数奪格の語尾が -bus となるのは、後に学習する第3変化名詞の変化形に似ています。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_242

【本文】

dea bona (bases de- bon-)

SINGULAR

PLURAL

Nom. dea bona deae bonae
Gen. deae bonae deārum bonārum
Dat. deae bonae deābus bonīs
Acc. deam bonam   deās bonās
Abl. deā bonā deābus bonīs


【訳文】

dea bona (良い女神;語根 de- bon-)

単 数

複 数

主格  dea bona deae bonae
属格 deae bonae deārum bonārum
与格 deae bonae deābus bonīs
対格 deam bonam   deās bonās
奪格 deā bonā deābus bonīs


【コメント】
 bona の複数与格及び複数奪格は bonīs です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_243

【本文】
 a. In the same way decline together fīlia parva.

【訳文】
 a. 同様な仕方で、fīlia parva(小さな娘)を一緒に格変化させよ。

【コメント】
 fīlia parva (語根 fīli- parv-) を変化させると次のようになります。

単 数

複 数

主格   fīlia parva fīliae parvae
属格 fīliae parvae fīliārum parvārum
与格 fīliae parvae fīliābus parvīs
対格 fīliam parvam    fīliās parvās
奪格 fīliā parvā fīliābus parvīs

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_244

【本文】
 68. Latin Word Order. The order of words in English and in Latin sentences is not the same.

【訳文】
 68. ラテン語の語順 英文とラテン文の語順は同じではない。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_245

【本文】
 In English we arrange words in a fairly fixed order. Thus, in the sentence My daughter is getting dinner for the farmers, we cannot alter the order of the words without spoiling the sentence.

【語句】
arrange:並べる
fairly:かなり
fixed:固定した
alter:変える
spoil:損なう、だめにする、台無しにする

【訳文】
 英語では、単語をかなり固定した順序で並べる。したがって、My daughter is getting dinner for the farmers.(私の娘は農夫たちのために食事の用意をしている。)という文では、文を損なわずに語順を変えることはできない。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_246

【本文】
We can, however, throw emphasis on different words by speaking them with more force. Try the effect of reading the sentence by putting special force on my, daughter, dinner, farmers.

【語句】
throw:投げかける、向ける、浴びせる
emphasis:強調
force:力

【訳文】
 しかしながら、異なる語を、より力を込めてそれらを話すことにより、強調することはできる。my, daughter, dinner, farmers に特に力を入れてこの文を読むことの効果を試してみよう。

【コメント】
 the sentence とは、前回の“My daughter is getting dinner for the farmers.”です。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_247

【本文】
 In Latin, where the office of the word in the sentence is shown by its ending (cf. §32.1), and not by its position, the order of words is more free, and position is used to secure the same effect that in English is secured by emphasis of voice.

【語句】
where:(関係副詞・非制限用法)そしてそこで
office:役目、役割;機能、働き
position:位置、場所
secure:確保する、手に入れる
the same ~ that …:…と同じ~

【訳文】
 ラテン語では、文中における語の役割はその「位置」ではなく、その「語尾」(§32.1 参照)によって示されることとなり、語順はより自由である。そして、語の位置は、英語では声の強調によって得られる効果と同じ効果を得るために用いられる。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_248

【本文】
To a limited extent we can alter the order of words in English, too, for the same purpose. Compare the sentences

 I saw a game of football at Chicago last November (normal order)
 Last November I saw a game of football at Chicago
 At Chicago, last November, I saw a game of football

【語句】
limited:限られた、わずかの
extent:範囲、程度

【訳文】
ある限られた程度までは、英語でも同じ目的のために語順を変えることができる。次の各文を比較してみよう。

 I saw a game of football at Chicago last November.(通常の語順)
  〔私はシカゴでこの前の11月にフットボールの試合を見た。〕

 Last November I saw a game of football at Chicago.
  〔この前の11月に、私はシカゴでフットボールの試合を見た。〕

 At Chicago, last November, I saw a game of football.
  〔シカゴで、この前の11月に、私はフットボールの試合を見た。〕

【コメント】
 the same purpose とは、語句を強調することかと思われます。英語でも、語句を強調するために、ある程度語順を変えることができるということです。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_249

【本文】
 1. In a Latin sentence the most emphatic place is the first; next in importance is the last; the weakest point is the middle. Genarally the subject is the most important word, and is placed first; usually the verb is the next in importance, and is placed last.

【語句】
emphatic:強調された、語気の強い
weak:弱い
generally:一般に、概して;通例、たいてい

【訳文】
 1. ラテン文において、最も強調される場所は「文頭」である。次に重要なところは「文末」である。最も強調されない部分は「中間」である。一般的には、「主語」は最も重要な語であり、「文頭」に置かれる。また、たいていの場合、「動詞」は次に重要であり、「文末」に置かれる。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ