Latin for Beginners_159

【本文】
LESSON III
FIRST PRINCIPLES (Continued)
 32. Declension of Nouns. We learned above (§§19, 20) the difference between the subject and object, and that in English they may be distinguished by the order of the words.

【訳文】
第3課
基本原則(続き)
 32. 名詞の変化 先に(§19, §20)我々は、主語と目的語の違い、英語ではそれらは語句の順序によって区別されることを学んだ。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_160

【本文】
Sometimes, however, the order is such that we are left in doubt. For example, the sentence The lady her daughter loves might mean either that the lady loves her daughter, or that the daughter loves the lady.

【語句】
such that:…のようなものだ
in doubt:不確かで、疑って、迷って

【訳文】
しかしながら、時として語順は我々にとって不確かなものである。例えば、The lady her daughter loves. という文は、The lady loves her daughter.(その婦人は娘を愛している。)の意味かもしれないし、又は The daughter loves the lady.(その娘はその夫人を愛している。)の意味かもしれないのである。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_161

【本文】
 I. If the sentence were in Latin, no doubt could arise, because the subject and the object are distinguished, not by the order of the words, but by the endings of the words themselves.

【語句】
doubt:疑い、疑念、不確かさ
arise:生じる、起こる

【訳文】
 I. もしその文がラテン語ならば、何の疑いも生じ得ないだろう。何となれば、主語と目的語とは、語順によってではなく、語自体の語尾によって、区別されるからである。

【コメント】
 この文の If 節は、… were … could …と仮定法過去になっています。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_162

【本文】
Compare the following sentences:

 Domina fīliam amat
 Fīliam domina amat
 Amat fīliam domina
 Domina amat fīliam
 ― The lady loves her daughter
 Fīlia dominam amat
 Dominam fīlia amat
 Amat dominam fīlia
 Fīlia amat dominam
 ― The daughter loves the lady


【訳文】
以下の文を比較せよ。

 Domina fīliam amat.
 Fīliam domina amat.
 Amat fīliam domina.
 Domina amat fīliam.
 ― The lady loves her daughter.
  (その女主人は娘を愛している。)
 Fīlia dominam amat.
 Dominam fīlia amat.
 Amat dominam fīlia.
 Fīlia amat dominam.
 ― The daughter loves the lady.
  (その娘は女主人を愛している。)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_163

【本文】
 a. Observe that in each case the subject of the sentence ends in -a and the object in -am. The form of the noun shows how it is used in the sentence, and the order of the words has no effect on the essential meaning.

【語句】
effect:影響、効果
have no effect on ~:~に影響がない、~に効果がない
essential:本質的な、基本的な

【訳文】
 a. それぞれの場合において、文の主語は語尾が -a で終わり、目的語は語尾が -am で終わっていることに注意すること。名詞の「語形」は、その名詞が文中でどのように用いられているかを示している。そして、語の順序は、文の基本的な意味に何ら影響を及ぼさないのである。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_164

【本文】
 2. As stated above (§23), this change of ending is called declension, and each different ending produces what is called a case. When we decline a noun, we give all its different cases, or changes of endings.

【語句】
state:述べる
what is called:いわゆる
case:格
decline:(名詞、代名詞、形容詞の語尾を)変化させる
or:すなわち、言い換えれば

【訳文】
 2. 前に述べたように(§23 参照)、この語尾の変化は変化(declension)と呼ばれている。そして、それぞれの異なる語尾はいわゆる(case)を作り出している。名詞を変化させるということは、その名詞の全ての異なる格、すなわち語尾の変化を与えることなのである。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_165

【本文】
In English we have three cases, ― nominative, possessive, and objective; but, in nouns, the nominative and objective have the same form, and only the possessive case shows a change of ending, by adding 's or the apostrophe. The interrogative pronoun, however, has the fuller declension, who? whose? whom?

【語句】
nominative:主格の
objective:目的格の
apostrophe:アポストロフィ[’]
interrogative:疑問の
full:完全な

【訳文】
英語には3つの格 ― 主格、所有格及び目的格 ― がある。しかし、名詞では、主格と目的格は同じ形をしている。そして、所有格だけが、 's 又はアポストロフィ(')を付け加えることによって語尾の変化を示すのである。しかしながら、疑問代名詞にはより完全な変化がある。例 who(主格) whose(所有格) whom(目的格)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_166

【本文】
 33. The following table shows a comparison between English and Latin declension forms, and should be thoroughly memorized:

ENGLISH CASES LATIN CASES
Declension of who? Name of case and use Declension of domina and translation Name of case and use S
I
N
G
U
L
A
R
 Who?


 Whose?


 Whom?


 Nominative ―
case of the subject
 Possessive ―
case of the possessor
 Objective ―
case of the object
 domin-a
the lady

 domin-ae
the lady's
of the lady
 domin-am
the lady
 Nominative ―
case of the subject
 Genitive ―
case of the possessor
 Accusative ―
case of the direct object
 Who?


 Whose?


 Whom?


 Nominative ―
case of the subject
 Possessive ―
case of the possessor
 Objective ―
case of the object
 domin-ae
the ladies

 domin-ārum
the ladies'
of the ladies
 domin-ās
the ladies
 Nominative ―
case of the subject
 Genitive ―
case of the possessor
 Accusative ―
case of the direct object
P
L
U
R
A
L


【語句】
table:表
comparison:比較
thoroughly:徹底的に、全く、完全に、十分に
memorize:記憶する、覚える
possessor:所有者、持ち主
genitive:属格の(英語の所有格に相当する格)
accusative:対格の(直接目的語を表す格)

【訳文】
 33. 次の表は英語とラテン語の変化形の比較を示しているが、徹底的に記憶すべきである。

英語の格 ラテン語の格
who の変化 格の名称及び用法 domina の変化及び訳 格の名称及び用法


 Who?
(誰が)

 Whose?
(誰の)

 Whom?
(誰を・に)

 主格 ―
主語を表す格

 所有格 ―
所有者を表す格
 目的格 ―
目的語を表す格
 domin-a
女主人は

 domin-ae
女主人の

 domin-am
女主人を
 主格 ―
主語を表す格

 属格 ―
所有者を表す格

 対格 ―
直接目的語を表す格
 Who?
(誰が)

 Whose?
(誰の)

 Whom?
(誰を・に)

 主格 ―
主語を表す格

 所有格 ―
所有者を表す格
 目的格 ―
目的語を表す格
 domin-ae
女主人たちは
 domin-ārum
女主人たちの
 domin-ās
女主人たちを
 主格 ―
主語を表す格

 属格 ―
所有者を表す格

 対格 ―
直接目的語を表す格



-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_167

【本文】
 When the nominative singular of a noun ends in -a, observe that
a. The nominative plural ends in -ae.
b. The genitive singular ends in -ae and the genitive plural in -ārum.
c. The accusative singular ends in -am and the accusative plural in -ās.
d. The genitive singular and the nominative plural have the same ending.

【訳文】
 ある名詞の単数主格が -a で終わるとき、次の点に注意すること。
a. 複数主格は -ae で終わる。
b. 単数属格は -ae で終わり、複数属格は -ārum で終わる。
c. 単数対格は -am で終わり、複数対格は -ās で終わる。
d. 単数属格と複数主格は語尾が同じである。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_168

【本文】
 34. EXERCISE
 Pronounce the following words and give their general meaning. Then give the number and case, and use of each form. Where the same form stands for more than one case, give all the possible cases and uses.
1. Silva, silvās, silvam.
2. Fugam, fugae, fuga.
3. Terrārum, terrae, terrās.
4. Aquās, causam, lūnās.
5. Fīliae, fortūnae, lūnae.
6. Iniūriās, agricolārum, aquārum.
7. Iniūriārum, agricolae, puellās.
8. Nautam, agricolās, nautās.
9. Agricolam, puellam, silvārum.

【語句】
where:…するところに(で)
stand for ~:~を表す、~を意味する
possible:あり得る

【訳文】
 34. 練習問題
 次の語を発音し、それらの一般的な意味を言え。それから、それぞれの変化形の数及び格並びに用法を言え。同じ変化形が2つ以上の格を表すところでは、あり得る全ての格と用法を言え。
 〔問題略〕

【コメント】
 問題の答えは以下のようになるかと思います。間違いがあれば御容赦願います。なお、-ae は単数与格も表しますが、現時点ではまだ与格の説明がされていませんので、与格については触れないことにします。
1. silva:スィルウァ・森は・単数主格
  silvās:スィルウァース・森を・複数対格
  silvam:スィルウァム・森を・単数対格
2. fugam:フガム・逃走を・単数対格
  fugae:フガエ・逃走の・単数属格/逃走は・複数主格
  fuga:フガ・逃走は・単数主格
3. terrārum:テッラールム・土地の・複数属格
  terrae:テッラエ・土地の・単数属格/土地は・複数主格
  terrās:テッラース・土地を・複数対格
4. aquās:アクウァース・水を・複数対格
  causam:カウサム・原因を・単数対格
  lūnās:ルーナース・月を・複数対格
5. fīliae:フィーリアエ・娘の・単数属格/娘たちは・複数主格
  fortūnae:フォルトゥーナエ・運命の・単数属格/運命は・複数主格
  lūnae:ルーナエ・月の・単数属格/月は・複数主格
6. iniūriās:インユーリアース・不正を・複数対格
  agricolārum:アグリコラールム・農夫たちの・複数属格
  aquārum:アクウァールム・水の・複数属格
7. iniūriārum:インユーリアールム・不正の・複数属格
  agricolae:アグリコラエ・農夫の・単数属格/農夫たちは・複数主格
  puellās:プエッラース・少女たちを・複数対格
8. nautam:ナウタム・水夫を・単数対格
  agricolās:アグリコラース・農夫たちを・複数対格
  nautās:ナウタース・水夫たちを・複数対格
9. agricolam:アグリコラム・農夫を・単数対格
  puellam:プエッラム・少女を・単数対格
  silvārum:スィルウァールム・森の・複数属格

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_146

【本文】
LESSON II
FIRST PRINCIPLES (Continued)

 23. Inflection. Words may change their forms to indicate some change in sense or use, as, is, are; was, were; who, whose, whom; farmer, farmer's; woman, women. This is called inflection. The inflection of a noun, adjective, or pronoun is called its declension, that of a verb its conjugation.

【語句】
inflection:屈折、語形変化
may:…することがある
sense:意味
adjective:形容詞
declension:(名詞、代名詞、形容詞の)語形変化
conjugation:(動詞の)活用、語形変化

【訳文】
第2課
基本原則(続き)

 23. 屈折 語は、意味又は用法上の変化を表すために、その語形を変化させることがある。例 is, are;was, were;who, whose, whom;farmer, farmer's;woman, women これは屈折(inflection)と呼ばれる。名詞、形容詞又は代名詞の屈折は変化(declension)と呼ばれ、動詞の屈折は活用(conjugation)と呼ばれる。

【コメント】
 名詞、形容詞等の語形変化は、動詞の「活用」に対して「曲用」と呼ばれることもありますが、本ブログでは、名詞、形容詞等の語形変化を「変化」と、また、動詞の語形変化を「活用」と呼ぶことにしたいと思います。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_147

【本文】
 24. Number. Latin, like English, has two numbers, singular and plural. In English we usually form the plural by adding -s or -es to the singular. So Latin changes the singular to the plural by changing the ending of the word. Compare

    Naut-a pugnat     The sailor fights
    Naut-ae pugnant     The sailors fight

【語句】
number:(文法上の)数
singular:単数の
plural:複数の
ending:(語形変化をする)語尾

【訳文】
 24.  ラテン語には、英語と同様に、2種類の「数」がある。単数と複数である。英語では、複数形はたいてい単数形に -s 又は -es を付け加えることによって作る。ラテン語では、語の語尾を変化させることによって単数形を複数形に変える。以下の例を比較せよ。

    Naut-a pugnat.     The sailor fights.(その水夫(1人)は戦う。)
    Naut-ae pugnant.     The sailors fight.(その水夫たち(複数)は戦う。)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_148

【本文】
 25. RULE. Nouns that end in -a in the singular end in -ae in the plural.

【語句】
rule:規則

【訳文】
 25. 規則 単数形が -a で終わる名詞は、複数形は -ae で終わる。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_149

【本文】
 26. Learn the following nouns so that you can give the English for the Latin or the Latin for the English. Write the plural of each.

【語句】
so that ~:~するために、~するように

【訳文】
 26. 以下の名詞を学習して、ラテン語に英語の訳を与えることができるよう、また、英語にラテン語の訳を与えることができるようにせよ。それぞれの語の複数形を書け。

【コメント】
 following nouns は次回読みます。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Latin for Beginners_150

【本文】
agricola, farmer (agriculture)(1)
aqua, water (aquarium)
causa, cause, reason
domina, lady of the house, mistress (dominate)
fīlia, daughter (filial)
fortūna, fortune
fuga, flight (fugitive)
iniūria, wrong, injury
lūna, moon (lunar)
nauta, sailor (nautical)
puella, girl
silva, forest (silvan)
terra, land (terrace)

(1) The words in parentheses are English words related to the Latin. When the words are practically identical, as causa, cause, no comparison is needed.

【語句】
agriculture:農業
aquarium:水槽、水族館
cause:原因、理由
lady:女主人
mistress:女主人
dominate:支配する
filial:子の
fortune:幸運、運;財産、富
flight:逃亡、逃走、逃避
fugitive:逃亡者、亡命者;逃亡した
injury:不正、悪;傷害、怪我、損害
lunar:月の
nautical:船員の、船舶の、航海の
silvan:(=sylvan)森の
terrace:テラス、段地
related to ~:~に関係のある、~に関連した
practically:事実上、実際には、実質的に
identical:同一の、同じ
comparison:比較

【訳文】
agricola:農夫、農民(agriculture)(1)
aqua:水(aquarium)
causa:原因、理由(cause)
domina:女主人(dominate)
fīlia:娘(filial)
fortūna:運、運命(fortune)
fuga:逃亡、逃走(fugitive)
iniūria:悪、不正(injury)
lūna:月(lunar)
nauta:水夫、船乗り(nautical)
puella:少女
silva:森林、森(silvan)
terra:土地、地面(terrace)

(1) 括弧内の語句は、そのラテン語に関連した英語の語句である。causa, cause のように、その語句が実質的に同じである場合には、比較は必要とされない。

【新出ラテン語句】
causa fortūna fuga iniūria lūna silva terra

【コメント】
 注(1)に関して、訳文では、cause や fortune も括弧に入れてラテン語に関連する英語の語句であることを示しました。
 本文のラテン語単語の複数形は順に次のとおりです。
agricolae
aquae
causae
dominae
fīliae
fortūnae
fugae
iniūriae
lūnae
nautae
puellae
silvae
terrae

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ