Latin for Beginners_1394

【本文】
9. Nōnne mercātōrēs magnitūdinem īnsulae cognōverant ? Longitūdinem sed nōn lātitūdinem cognōverant.

【コメント】
 本文のラテン語を訳してみると以下のようになるかと思います。なお、誤りがあれば御容赦願います。

9-① 商人たちは島の大きさを知っていたのではないか。
(解説)
 nōnne は「~ではないか? ~なのだろう。」と、肯定の答えを期待する疑問文を作ります(Latin for Beginners_708 参照)。
 cognōverant は cognōscō(知る)の3人称複数過去完了形ですが、cognōscō はその完了形 cognōvī で「知っている」の意味を表すことがあるようですので、ここでは、「知っていた」と訳してみました(語彙の cognōscō の項参照)。
 magnitūdō には「大きいこと」の意味もありますが、ここでは「大きさ」と訳してみました。

9-② 彼らは長さは知っていたが、幅は知らなかった。
(解説)
 直訳すれば、「長さ(longitūdō)を知っていたが、しかし、幅(lātitūdō)を知らなかった」となるでしょうか。longitūdinem と lātitūdinem はともに対格で、cognōverant の目的語になっています。

ー初学者のためのラテン語ー

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... Latin for Beg... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。