Latin for Beginners_1648

【本文】
 3. The future active participle, translated about to, etc., denotes time after the action of the main verb.

【訳文】
 3. 未来能動分詞は、「~しようとしている〔ところの〕、~するであろう〔ところの〕」等と訳されるが、主節の動詞の動作・行為〔が行われる時〕の後の時を表す。

【コメント】
 未来能動分詞の意味については、Latin for Beginners_1622 も御参照ください。

 未来能動分詞の時制は主節の動詞の時制との関係で決まり、主節の動詞の時制より“後の時”を表します。

       主節の動詞の時制(A)   未来能動分詞の時制(B)
               A                B
時の流れ  ――――+――――――――――+―――――→
          (過去・現在・未来)     (時点Aより後の時)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... 当ブログの概要 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。