Latin for Beginners_1539

【本文】
 359. EXAMPLES

 I. Primary tenses in principal and dependent clauses:

      Mittit
    Mittet
    Mīserit
hominēs ut agrōs vāstent
He { sends
will send
will have sent
} men { that they may
in order to
to
lay waste the fields


【語句】
lay waste:荒らす、荒廃させる

【訳文】
 359. 例文

 I. 主節及び従属節で第一次時制

     Mittit
     Mittet
     Mīserit
hominēs ut agrōs vāstent.
  彼は、畑を荒らすために、人々を {

送る。
送るだろう。
送ってしまっているだろう。


【コメント】
 主節の mittit(直説法現在形)、mittet(直説法未来形)、mīserit(直説法未来完了形)と従属節の vāstent(接続法現在形)は、いずれも第一次時制ですLatin for Beginners_1537 参照)
 vāstent の人称・数は、主節の主語にではなく、hominēs に一致しているようです。実際に畑を荒らすのは派遣された人々だからでしょうか。
 “ut +接続法”は目的を表す従属節です(Latin for Beginners_1509 参照)。

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... Latin for Beg... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。