Latin for Beginners_645

【本文】
 2. In like manner inflect the pluperfect and future perfect indicative active of dō, portō, dēleō, moveō, habeō, dīcō, discēdō, faciō, veniō, mūniō.

【訳文】
 2. 同様の仕方で、次の動詞の直説法能動相過去完了形及び未来完了形を活用させてみよう。
  dō, portō, dēleō, moveō, habeō, dīcō, discēdō, faciō, veniō, mūniō

【コメント】
 これらの動詞の完了語幹については、Latin for Beginners_634, 635 を御参照ください。
 なお、念のため、これらの動詞の現在語幹と完了語幹を以下に示しておきます。

dō(与える): da- → ded-
 語頭の子音 d- を繰り返します。de- の -e- は発音しやすさの観点から挿入されているとみることができるでしょうか。
portō(運ぶ): portā- → portāv-
 第1活用動詞なので、現在語幹末に -v- を付けます。
dēleō(破壊する): dēlē- → dēlēv-
 第2活用ですが、現在語幹末に -v- を付けます。
moveō(動かす): movē- → mōv-
 現在語幹中の母音 -o- を長母音 -ō- にします。
habeō(持つ): habē- → habu-
 現在語幹末の -ē- を -u- にします。
dīcō(言う): dīce- → dīx-
 現在語幹末に -s- を付けます(dīc(e)- → dīcs- → dīx-)。
discēdō(立ち去る): discēde- → discess-
 現在語幹末に -s- を付けます(-cēd(e)- → -cēds- → -cess-)。
faciō(作る、する): face- → fēc-
 現在語幹中の母音 -a- を長母音 -ē- にします。
veniō(来る): venī- → vēn-
 現在語幹中の母音 -e- を長母音 -ē- にします。
mūniō(守る): mūnī- → mūnīv-
 第4活用ですが、現在語幹末に -v- を付けます。

 

 ここでは、 の過去完了形と未来完了形を活用させてみます。

過去完了形

単 数

複 数

1. dederam      dederāmus
2. dederās dederātis
3. dederat dederant
 

未来完了形

単 数

複 数

1. dederō dederimus
2. dederis dederitis
3. dederit dederint

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« Latin for Beg... Latin for Beg... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (サトシ)
2008-02-12 23:01:56
ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。