Latin for Beginners_1645

【本文】
 1. The present active participle corresponds to the English present active participle in -ing, but can be used only of an action occurring at the same time as the action of the main verb; as, mīlitēs īnsequentēs cēpērunt multōs, the soldiers, while pursuing, captured many.

【語句】
correspond:(to ~:~に)相当する、対応する;一致する
of ~:~について

【訳文】
 1. 現在能動分詞は、-ing で終わる英語の現在能動分詞に対応しているが、主節の動詞の動作・行為と同時に起こる動作・行為についてのみ用いることができる。例 Mīlitēs īnsequentēs cēpērunt multōs.(兵士たちは、追いかけている間に、多くの人々を捕らえた。)

【コメント】
 ラテン語の現在能動分詞は、英語の動詞の現在分詞(-ing 形。例 occurring, pursuing 等)に対応する語です。
 現在能動分詞の時制は主節の動詞の時制との関係で決まり、主節の動詞の時制と“同時”を表します。

      主節の動詞の時制(A)   現在能動分詞の時制(B)
                     A=B(B時点はA時点と同時)
時の流れ  ―――――――――+―――――→
                (過去・現在・未来)

     主節の動詞の時制 ← [同時] → 現在能動分詞の時制
             現在      =      現在
             過去      =      過去
             未来      =      未来

 本文のラテン文 Mīlitēs īnsequentēs cēpērunt multōs. について見てみると、multōs は形容詞 multus(多い)の複数対格男性形ですが、名詞として用いられており、「多くの人々を」の意味を表しています(Latin for Beginners_346 参照)。
 īnsequentēs は形式所相動詞 īnsequor(追う、追いかける)の現在能動分詞で、「追いかけている〔ところの〕」と能動の意味を表しています(Latin for Beginners_1640 参照)。ここでは、主語 mīlitēs を修飾しており、複数主格男性形になっています。直訳すれば「追いかけている兵士たちは」となりますが、本文の英訳では、接続詞 while を用いて「兵士たちは、追いかけている間に、」と叙述的に訳されています。
 現在能動分詞で表されている「追いかける」行為の時をみると、述語の「捕らえた」行為と同時であり、いずれも過去の動作・行為を表しています。

  現在能動分詞 īnsequentēs ← [同時(過去)] → 完了形 cēpērunt(捕らえた)

-初学者のためのラテン語-

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )