dlpip

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

かい」って啖呵(たんか)を切らせた

2017-07-12 18:47:28 | 日記
見せ場の少なかった香川、危険なプレーを見せた酒井には酷評…
 ブンデスリーガ第31節は、先週に続いて、日本人選手たちには厳しい週末となった。マインツの武藤がゴールを挙げたものの、彼を含めて全体的に評価は低調だった。
シャネルiphone7ケース
 
 ドルトムントの香川は、ケルン戦(0-0)でリーグ戦2試合ぶりの先発復帰。前半には彼のクロスからオーバメヤンがネットを揺らすシーンがあったが、オフサイドでゴールは認められず。
グッチiPhone7ケースその後はほとんど見せ場がなく、66分で交代となった。
 
『ビルト』紙と『キッカー』誌の採点は、ともにチーム最低タイの4点。
iPhone7ケース地元紙『WAZ』はチーム最低ではなかったものの4点と低く、「ドルトムント攻撃陣のなかでは最も酷く、何度もケルンの守備網に掛かった。65分のビッグチャンスの後、ピッチを後にした」と厳しい寸評を記した。
シャネルiphone8ケース
 
『ルールナハリヒテン』も同じく4点で、寸評では、前半のふたつの決定機演出に触れながらも、全体的な出来の悪さを追求している。
 
「彼の最高のシーンはオーバメヤンへのパスだったが、そのシーンでこの日本人はわずかにオフサイドだったため、ノーゴールだった。
ルイヴィトンiphone7ケース16分のロイスへのパスも素晴らしく、ロイスは自らゴールに向かうこともできた」
 
「しかし、その後はほとんど見せ場がなかった。彼のミスは、その非常にムラのあるパフォーマンスを象徴していた」
 
 アウクスブルクとの残留争い直接対決に大敗(0-4)したハンブルクの酒井には、酷評が並んだ。
ケイトスペード iPhone7ケース共通するのは、ボールロストについてだ。序盤のこのプレーがあわやというシーンを招き、失点こそ免れたものの、その後の悪い流れに繋がってしまった感はある。
シャネルiPhone7ケース
 
 地元紙『ハンブルガー・アーベンドブラット』が「このキャプテンは、愛されない役回りを担っている。彼のボールロストが、アウクスブルクを楽にさせた」と記せば、北部放送局『NDR』、以下のような寸評でボールロストを糾弾した。
グッチiPhone7ケース
 
「彼は試合がローブローで始まらなかったことを、ミッケルに感謝すべきだろう。序盤であまりにも軽いボールロストを犯してしまった。
シャネルiPhone香水風ケースポジティブなシーンは、032分に危険なクロスを送ったシーンだけだった」
 
『キッカー』の採点は5.5点だったものの、『ビルト』ではGK以外の10選手に6点が付き、酒井については「通常であれば、そのプレーは模発売中の『週刊プレイボーイ』19&20合併号で“創刊50周年イヤー”真っ最中のスペシャル企画として「週プレグラビア遺産 秘宝ポジフィルム一挙出し!」と題した袋とじが掲載されている。

【画像】70年代の週プレとグラビア

これは週プレ編集部の資料室に長年、保管されていたフィルムを使い、1970年代のお宝グラビアを再掲載したメモリアルな企画で、アグネス・ラムはじめ、由美かおる、安西マリヤ、関根恵子、秋吉久美子、水沢アキから研ナオコに泉ピン子までーーグラビア黎明期の当時、誌面を彩った女神たちの姿をデジタル画像では引き出せない生々しさで甦らせているものだ。
シャネルiphone8ケース

その最終ページではコラムニストの亀和田武氏に70年代の週プレとグラビアについて語ってもらっているが、ここではその特別版として、亀和田氏が語る本誌50年のエピソードや思い出に残る記事でその時代を振り返り、当時の空気感とともに楽しんでいただきたい。

* * *

―早速ですが、『週刊プレイボーイ』っていつから読まれてます?

亀和田 高校3年の時、創刊号を買いましたよ。
シャネルiphone8ケース僕、中学生の頃から新しい雑誌が出るたびに創刊号は必ず買う習慣があったんで。でもそれ以降はたまにしか買わなかったかな。
グッチiPhone7ケースどちらかというと『平凡パンチ』を読んでいました。

―週プレのライバル誌ですね(笑)。
ゴヤールiphone7 ケース

亀和田 どちらもグラビアやクルマなど当時の流行・風俗に関する記事はあったけど『パンチ』は特に海外記事が充実していたんですよ。それも「ストックホルムではフリーセックスが大流行」とか「ロスで黒人による暴動が発生」とか、新聞の国際欄を隅から隅まで読んでも見たことのない刺激的な記事が載ってた。
シャネルiPhone香水風ケース

例えば、イラストレーターの小林泰彦さんが西海岸サンフランシスコのヘイト・アシュベリーへ行って、ヒッピーたちをイラストでルポするとか取材の仕方も秀逸で。そこへいくと週プレはどこが売りなのかちょっとわかりづらかった。
シャネルiphone7ケースよく読むようになったのは70年代初頭からですね。

―その頃から篠山紀信さんや立木義浩さん、沢渡朔さんらのグラビアが話題になって、少しづつ波に乗ってきました。
シャネルiphone8ケース

亀和田 週プレが出る少し前(1965年)に『話の特集』って雑誌が創刊されるんです。活字の雑誌なんだけど、小説のイラストに丸々1ページを使ったり、篠山さんや立木さんがそれまでの週刊誌のヌード写真より断然カッコいいグラビアを撮ったり、ビジュアルやデザインがともかく洗練されてて話題で。
エムシーエムiphone7ケース週プレはそういうところからスタッフを起用しだしたんですよね。いいと思ったらどんどん動く。
グッチiPhone7ケースエネルギッシュでしたよ。

―特に印象に残っている企画はあります?

亀和田 73年から連載が始まった「うろつき夜太」はすごいと思いました。
ルイヴィトンiphone7ケース時代小説の大御所・柴錬(柴田錬三郎)さんと横尾忠則さんによる豪華な組み合わせの全編カラーで。横尾さんの絵をゴージャスに見せてやるって意気込みが誌面から伝わってきましたね。
シャネルiphone7ケース



―連載中、ふたりはホテルで缶詰になって生まれたという渾身の作品です。

亀和田 あとは「人生相談」。
シャネルiphone8ケースこれも柴錬さんが最初ですけど、青春の真っ只中で悶え苦しんでいる若者たちに「バカヤロウ!」って喝を入れて。初めて読んだ時は「すげーな」って驚きました。
シャネルiphone7ケース

その後も、今東光大僧正に「そんなのわかるかい」って啖呵(たんか)を切らせたり、石原裕次郎に「あんたはくだらねえ奴だよ」って言わせたり。人生相談って、普通は偽善的なくらいに投稿者に寄り添うものなのに、そういう姿勢が一切なく本音で向き合う。
Kate Spade iPhone7ケースこのスタイルの人生相談はまさに他のどの媒体にもない、週プレならではです。



―人生相談はその後、開高健さんやアントニオ猪木さんに赤塚不二夫さん…現在のリリー・フランキーさんまでが担当し、いまだ続く人気コーナーです。
ヴィトン iphone7ケース一方のグラビアで好きなアイドルはいました?

亀和田 それはあまり…(笑)。その頃の僕は、グラビアを見て性的な妄想に耽(ふけ)るなんて安易すぎるなんて思ってたしね。
シャネルiphone7ケースそれより街をうろついてたら年上の美女と出会って、どこかへ連れてってもらえたらなんて夢みたいなこと考えてましたね。あははは。
シャネルiphone7ケース

―ちなみに70年代の週プレの表紙登場ランキングは山口百恵さんとアグネス・ラムさんが1位で以下、岡田奈々さん、ハニー・レーヌ、桜田淳子さん、多岐川裕美さんなどが続きます。

亀和田 百恵ちゃんとアグネスは70年代の象徴ですよね。
シャネルiPhone7ケース太陽の下、青い海のビーチで笑顔を見せるハワイ娘と鋭い眼差しで薄幸な雰囲気を漂わせる謎めいた美少女…。当時、高度成長期が終わりに差し掛かって、明るさの中にも停滞ムードが漂ってた。
シャネルiPhone7ケース陽と陰のキャラクターが同居していたというか。時代の空気が表れてますね。
グッチiPhone7ケース

―亀和田さんはどちらがお好きでした?

亀和田 僕は断然、百恵ちゃん。彼女の登場は大きかった。
ルイヴィトンiphone7ケース当時、ほとんどのアイドルがしていた作り笑いを彼女はしてなかった。むしろ仄暗い表情を浮かべて。
サンローランiPhone7ケースだからこそ、アイドル=ファンタジーの対局にあるリアリティがありましたよね。

―考えてみれば、おふたり共に引退してますけど。
グッチiPhone7ケース範になる。しかし、アウクスブルクでは壊滅的だった。
シャネルiphone7ケース今シーズンは3つのボールロストが失点に直結している」と記した。
 
 なお、アウクスブルクの宇佐美はメンバー外だった。
シャネルiphone8ケース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | マイクロソフトは昨年、同社... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。