崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「韓国ドラマ」

2008年11月30日 05時42分38秒 | エッセイ
 2008年11月29日(土)毎日新聞リレーエッセー一回分が掲載された。
「冬ソナが面白い」「チャングムが面白い」「ベヨンジュンが好き」「イヨンヘが好き」「キムチが美味しい」「韓国が好き」の流れを「韓流」という。なぜ韓国のドラマや映画が日本人に受けいれられるようになったのだろうか。これは日韓関係における突飛な文化現象でもある。
 以前にも面白かったのに2003年NHKで放送されてから熱風が吹き始めた。ある日隣の80過ぎの一人暮らしの方が訪ねてきた。日本人である家内は韓国人男性と結婚していかに幸せであろうかと言う。私からベヨンジュンの影を探しているようであった。それはドラマであるといっても、「韓国の男性は立派」と信じている。韓国旅行にも数回行っている。知られざる神秘的なものがあるというのが韓国のイメージのようである。
 未だに韓国の連続ドラマを見ない日はないほどである。私ども夫婦も「冬ソナ」にはまった。ドラマは「劇」である。「冬ソナ」でいうと、交通事故により記憶喪失、人格変身、再びの事故で戻るなど、まさに劇的なものが多い。泣く場面も多い。また、気絶する場面が数回ある。感情コントロールができないことだ。しかし性的な乱れはない。ベッドシーンもない。最後にキスをする。純情が続く。それが20回、20時間つづく。また続いてもよい・・・。
 劇的表現には韓国人の神懸かりやすいシャーマニズムの要素がある。シャーマニズムとは激しい歌舞によって神がかり、没我状態で神と交流する信仰である。仏教の念仏やキリスト教の説教では神の存在感が薄い。韓国人はよく泣き、気絶する。それもこのようなシャーマニズムの現象である。もう一つは日本女性が日本の男性に欠けているものを韓国ドラマの男性に求めているのではないだろうか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

党首討論

2008年11月29日 06時09分51秒 | エッセイ
 麻生太郎首相と民主党の小沢一郎代表の初の党首討論を興味深く視聴した。小沢から「国民への背信行為だ」といわれても首相は言葉に拘らず、戦略的に応じなかった。政策などの内容はすでに報道されたとおりであり新鮮さがないが、討論や発言のレトリックに注目した。その後与野党別のコメントが報じられた。自民党と民主党の議員の意見は真反対であった。終始党別に分かれてサポーターたちがヤジをとばしたり拍手したりした。テニスかボクシングのゲームのようであった。
 私は小沢の問題提議に麻生が誠意をもって応対した討論だと肯定的に評価する。また麻生に対して小沢の政治家として重さがクローズアップされたと感じた。問題は金融「危機を利用して政権を延長するか」、その「危機により政権が延長されるのか」が核心である。韓国の朴大統領は常に危機(北朝鮮)を強調しながら軍事独裁政権を延長してきたが、今その話を日本で繰り返して聞いているような気分である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「オレオレ詐欺」

2008年11月28日 05時57分50秒 | エッセイ
 高齢者の女性が多く狙われている。自宅に一人でいる人が被害に遭いやすい。自宅にかかってくる電話によって騙されて振り込みする詐欺である。孫や息子、配偶者などを装った人物が「交通事故を起こした」といったようなことで、示談金、賠償金、修理代、妊娠中絶費用など様々な理由で、「至急、お金を振り込むように」という。電話一本で、なぜか、大金を振り込んでしまう。孫や息子の泣き声を聞かされてしまい、相手の言うことを信じてしまうのは当然であろう。詐欺の「相手」は「純粋な心」の持ち主である。
 被害者を美化するわけではないが私も何度も詐欺された。大きく2回は社会的な正義感による同情を狙われた。一例は全斗煥大統領の強制的な言論統合によって多くの新聞記者が職を失った時であった。有名な新聞社の編集局の記者を名乗り、「私を前から新聞社のデスクとしてよく知っている。恥ずかしくも俺は首になった」と言って訪ねてきたのである。私の正義感を同情しながらマスコミへの同情を狙ったのである。最近では朝鮮民族への「民族心」が刺激されて詐欺されたことがある。
 日本の「オレオレ詐欺」と対照的なのは韓国の親孝行詐欺でる。韓国の新婚旅行のメッカと言われる済州島では新婚旅行者団体に「親孝行の商品」として漢方薬を全員に売りつけるのをみて私には詐欺と思われた。「オレオレ詐欺」が親から孫や息子へというならば韓国の「親孝行の商品」は孫や息子から親へのものである。いずれ高齢化社会における親子、世代間の事情を表すものである。しかしもっとも怖いのは政治家が国民を欺くことである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇麗に老ける

2008年11月27日 06時03分12秒 | エッセイ
中高校時代の同窓生の廉泰鎬氏がユンソックテ作の詩「このように年を取っていくようにしてください~」を「文も良く, 聞きよく…」とコメントをつけて送ってきた。抜粋して紹介する。「醜く年を取らないように」「年を取っていくことが恐ろしくない、世の中を恨まない、自分を主張しない、欲心を捨てる、欲心に苦しみ自分を虐待しない、愛があふれる慈しみ深い年寄りになる、周辺の人々に常に寛大であるように、経済的, 精神的, 時間的に余裕があって常に周辺を見回ってどのように助けようか悩むべき、若い人々から"私もあのように老けたい" といわれるよう、老けるというのは当たり前のこと、しかも希望があること、感謝すべきこと、 世の中を恨まない…」。
 まるで私を見て書いたように痛いところがある。私はまだ欲心があり、時間がないといい、醜いところがある。これからはコップケヌンヌンダ(美しく年をとる)ようになりたい。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

拙著がヤフーオークションに

2008年11月26日 05時58分39秒 | エッセイ
 拙著『恨の人類学』がヤフーオークションに出ている。1994年平河出版社。初版帯付。定価4017円。467p。21×16㎝。裏表紙カバーの上部の折れ目に5ミリ程の裂けがあります。中身に問題ありません。「恨のメカニズムを解明。儒教的な体系から逸脱した社会構造の暗部。…女性、不浄、怨恨、復讐、自殺、死穢…。韓民族が社会的矛盾の中で生きてきた、長い歴史の恨多き生活を真生面から取り上げ、民族の深層を明らかにする」。送料は340円という案内文が付いている。
 よいか、わるいかはともかく、それをみて「私は過ぎた者」という感がする。しかし「私は過ぎた者ではない」と叫びたくなった。先日来年台湾でアメリカ学会を招致して英語で学会を行うというオーガーナイザーに手を挙げて発表を希望したのを聞いた弟子が私のパワーに驚いたというメールが来た。目下映像編集と新著の出版に力を入れている。研究メンバーの一人である下関下関市立大学の木村教授から研究会開催への誘いが出て、嬉しく思っている。研究会への抑制の言葉もある劣悪な環境ではあっても研究会は続けたい。そしてまだまだいろいろなものに挑戦したい。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連続襲撃事件

2008年11月25日 06時00分53秒 | エッセイ
 元厚生事務次官宅連続襲撃事件が起きて関心が高い。探偵物語りそのものである。日本社会に大きく注目される年金問題との関連テロとも言われた。科学的に検証しながら右利きなどと推測されたが、小泉毅容疑者(46)が自首したことによってそれは外れた。自首によって逮捕されたが新聞などには「逮捕」と見出しをだしている。警察の少しずつの発表は連続ドラマのように視聴者の関心を刺激する。新聞記者の初期研修は警察への出入から始まる。ニュース源や特殊種の発信地であるからである。
 「元次官ら厚生官僚トップとその家族10人前後を殺害する計画だった」と恐ろしいことを供述している。「高級官僚が悪だ」といい、不特定な社会への不満からの「殺意」のようである。悪魔的犯人を「英雄化」するような報道の仕方は問題である。悪くても有名になればよいという構造になっている。しかし、マスコミの報道方法だけの問題ではない。大学が政治などを批判しても人類愛などを教育していないのがより大きい問題であろう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

顔が通る

2008年11月24日 06時26分39秒 | エッセイ
11月23日は「勤労感謝の日」、下関のグリーンモールでは「リトル釜山」フェスティバールが行われた。昨日私は朝から郵便局へ、教会の生け花、礼拝、グリーンモールでの学生へ講義実習、グリーンモール韓国伝統音楽鑑賞、国際文化交流会に来賓として参加、映像撮影するなどで忙しく勤めた「勤労」の日であった。時々行事は韓国語で進行され、通訳がなくとも拍手するなど本当に「リトル釜山」を感じた。
 私たち一行は10人ほどであったが、民団の方から全員昼食を御馳走になった。また、たくさんの知人、友人に会えて楽しいひと時であった。韓国人は他人をもてなす、あるいは他人に施す気持ち、「人心」を持っている人が多い。「情が深く、人心が良い」リトル釜山であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JCOMで大隈暉教授と対談

2008年11月23日 06時53分36秒 | エッセイ
 昨日はケーブルテレビで東亜大学の大隈暉教授と対談した。私に朝鮮半島の事情に関して講義してくれないかと依頼されたが堅い話より軽く語るために大隈氏に対談を頼んだのである。「私が日本研究をするに至った経過」「植民地という負の遺産」「親日と反日」「なぜ西欧諸国の何百年もの長い植民地に比して日本の植民地が悪くいわれるか」「伊藤博文と安重根」「観光化」「下関は私の終着駅」など様々なものを話題にした。12月放映するという。
 私はパワーポイントに動映像などを準備し、彼は2枚の朝鮮半島の地図も用意していた。しかしイントロで日韓の表現の差の質問に私が拙著『哭きの文化人類学』(勉誠出版)の話を展開してしまうなどで時間をオーバーしたりして準備したものを利用することができなかった。大部逸れてしまった。二人で雑談のように語ったので楽しかったが、閉めるところに下関に関して「廃れていくのを待つのではなく、積極的に動いてくれ」とカメラを向かって下関へ熱愛を訴えて終わった。視聴を願う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下関 電線埋没工事

2008年11月22日 06時20分08秒 | エッセイ
 下関わがマンションの前の国道2号線に沿って電線埋没工事が終盤になっている。工事の煩わしさも気にならない。工事の完成を楽しみにしている。赤間神宮や名所が多いこの付近は観光地でもあり、写真を撮ろうとしても黄色い束になっている電線が邪魔になる。
 私は電線には怖さを感じている。昔、電線工事中に電信柱の上で感電死した現場を見たことがあるからである。まるで虫が焼かれるような残酷な場面であった。また落下傘訓練中に高圧線に引っかかって火傷し、重症患者になった人のつらさも見た。この付近の電線はそのような危険なものとは思わないが、私にとって観光上、そして脅威感がありいやなものである。
 それを目下、地下に埋没する工事の最中である。工事現場を通り抜けながら嬉しく観察する。おそらく下の貫通が終わり、新しい電線を入れてから地上のものを撤去するのだろう。一日も早く終わることを待つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

派閥

2008年11月21日 06時25分28秒 | エッセイ
 電車の窓からうつる村落などを見下ろしながらいろいろと想像する。平和な田園風景の中の村人たちが互いに協力し合っていることを描いてみる。それは理想的である。また反目と葛藤の関係からそこを離れて都会に移る人もいるだろうとも想像する。小都市や村落には大都会ではあまり感じられない嫉妬、いじめ、縄張りなどが横行するとも思う。
 数日間続きの研究会などを終えてほっとしたが、外部から激励の言葉も多くいただいたが同僚からは聞いていない。その代わりに日本的に装ったレトリックで非難されたのでびっくりし、また不愉快である。それは単に気分の良し悪しというよりは日本的文化かも知れないとも思った。小さい集団であっても派閥は常にある。それは場合によっては京都学派のように仕事の機能集団にもなるが、場合によって一個のいじめグループにしかならない。小都市や村落が廃れていくことは政府政治政策の故ではなく、このような粗末は派閥、人間関係にあることも指摘したい。
 大都会では伝統的な人間関係が崩れて個人化、個別化しているのが問題であるといわれが村落社会や準村落社会の小都市では悪い人文環境、特に粗末な派閥が問題であろう。在日が差別を訴える心が少し理解できる。少子化問題より人を愛する基本から立て直すべきである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当の未来

2008年11月20日 06時40分00秒 | エッセイ
 県立広島大学の上水流氏と台湾中央研究院の黄智慧氏が下関に来てくれて再来年1月台湾での学会の日程など打ち合わせ会を行った。その直後山口大学の来年11月28日のシンポのパネラーの予定も決まった。台湾の黄智慧氏は10歳の息子の絵個展のパンフレットを持ってきて見せた。早速それをもってウィミョンオン氏の個展に案内した。日清講和条約記念館も案内した。台湾からの観光客が満員である。彼らは縁のあるところを観光しているようである。
 黄氏の10歳の息子の将来に期待する。1年数か月の先の予定などを準備しながらあまりにも気が早いのではないかと思った。「日本人は準備には強い。しかし現場に弱い」といわれている。台湾の夏は暑く、秋は台風が多く、冬に日程を決めようとする。この「先」、将来、未来の話が主であった昨日である。自分の墓や寿衣を準備する人もいる。個人としてはそれが一番未来の終点であろう。しかしそれも新しい出発点にするのが本当の希望であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日韓における懇親会の差

2008年11月19日 05時43分41秒 | エッセイ
 これから年末年始にかけて宴会や懇親会が多く行われる季節である。それらに日韓の差は大きく、日韓文化の摩擦が時々起こる。韓国では宴会や学会には会費制が少なく、誰でも参加してほしいという雰囲気がある。古い宴「チャンチ」の伝統をもっている。オプーンして食べ物を豊富に出すのがチャンチである。懇親会を盛り上げるためには会長が出すか、スポンサーを探さなければならない。私は日本の学会の大会を韓国で何回か開催したことがあるが、そのたび問題は会費制による懇親会であった。日本式の懇親会では乾杯の音頭、スピーチなど形式がきちんと整っているが、韓国人からは日本人が吝人に映る。学会の懇親会でも豊富に料理を出し、演芸を行うことが多い。先日ソウル大学の学会では伽耶琴の素晴らしい演奏が行われた。韓国式の懇親会では突然の指名など、計画性が弱いようにみえるが臨機応変で面白く進行されることが多い。日本の懇親会と韓国のチャンチを調和させるともっと面白くなると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス・キャロルの意味

2008年11月18日 06時17分53秒 | エッセイ
 高校の英語のテキストとして授業でクリスマス・キャロルについて学んだ。先生の解釈と説明ぶりを覚えている。全部は覚えていなくともスクルージの守銭奴的な人物像を批判する作家精神は私の体に刻まれている。今年9月初めころ大英博物館に行った時クリスマス・キャロルを書いたディケンズを思い出し、彼の記念館の存在を知り、それを探して歩きながら道を行き、聞いてもその記念館を知っている人はいなかった。彼は本国より世界的に有名になっているのだと思った。その後値段の安いポケットブック「クリスマス・キャロル」を買った。偶然にも帰国したら教会から今年のクリスマス礼拝の説教依頼が来ていた。もう一つの偶然がある。先日韓国旅行中に読むためにこの本をポケットに入れて行った。ソウル大学で有名なイギリス人の人類学者のアダム・クーパー氏が『クリスマス・キャロル』について長く言及するので、神秘的な偶然だと思い彼に話かけた。
 吝嗇家のスクルージがクリスマス・イヴに超自然的な体験をし、それがもとで改心するというクリスマス・メッセージが決まった気持である。ディケンズはのスクルージという商人で、冷酷無慈悲、エゴイストで、人間の心の暖かみや愛情などとは、まったく無縁の日々を送っている人物がクリスマスイブに亡霊に会い、新しい人生へと生き方を変え、夜明けたクリスマスに未来が、まだ変えることができる可能性があることを知る。社会改革を意識させる問題作であった。私たちはスクルージとどう違うのだろうか。「質素」という美徳を装っているのではないだろうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テープカット

2008年11月17日 06時46分33秒 | エッセイ
昨日下関郵便局・レトロギャラリーでウィ・ミョンオン画伯の展示会をオープンするテープカットをした。テープカットは初めての体験であった。100年以上前に建てられた文化財とされている野外空間で祝賀演奏会が行われた。ウィ氏の友人の伽耶琴、併唱パンソリ、大琴の演奏が古い壁と共鳴・調和した。続いて室内で娘さんのピアノの演奏とコーヒータイム、さらに祝賀パティなど、夜11まで参加した。私はソウルから帰国直後の参加、3度挨拶に立った。疲労を忘れ、生ビールに酔って朦朧としながら伽耶琴の音と唱に陶酔した。
 引率のカン氏は40年前から私の報告書を読んだということでここで会えたことを幸運だと繰り返し言っていた。私は絵を描いて展示すること、そこに鑑賞のために足を運ぶということ自体が生活の質、幸せをレベルアップすること、そしてそれは文化的な交流と位置付けた。「またやってほしい。韓国に行ってみたい」という声に私が代表で韓国旅行を計画するように提案した。実行できると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

韓国から帰国

2008年11月16日 13時54分12秒 | エッセイ
 韓国の文化人類学会で私はイギリスとアイルランドを例にして、日韓の親日とか反日という、植民地と被植民地との関係について若干言及した。早速質問があった。その「変節」特に反日から親日へ変節が問題にされることをどう思うか。私はどちらを味方をするかはそれほど重要ではないと、スポーツのゲームと同じ、どちらの方を応援するかが問題ではなく、そのゲームが面白くしかも意味あるものであったかが重要であると論じて答えた。最後のパネルでは50年前私が学会創立期を回顧した。私の恩師以外には私が最高齢であった。会員の多くが覚えが薄く、あちらから知って話をかけてくれたので嬉しかった。一方では同年輩の人が少なくて、さびしかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加