崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

感謝

2017年06月18日 05時04分42秒 | 日記

 感謝の日であった。私の講演のレジメより、
 
 皆様に感謝したい。東亜大学に感謝したい。広島大学を定年してから10年以上も働かせていただいております。韓国からの留学生をはじめ、多くのアジアからの留学生を受け入れるようにもなりました。真の教育のチャンス、松陰先生の教育精神、小人数精鋭教育ができます。市民、友人、知人、同僚、学生に感謝したい。利害関係ではない、友情、協力、尊敬と愛の関係に感謝したい。日常生活では妻の幸子に感謝したい。公私に関わらず運転手、文章の校正、健康管理者であり、大切な伴侶です。

 『ワン・アジアに向けて』出版記念会

2017.6.17

(東亜大学コミュニティセンター4階)

1.記念行事 司会 古川智(東亜大学教授・国際交流学科学科長)

  15:00   挨拶 発起人代表・櫛田宏治(東亜大学学長)

      :代読 山田千秋(東亜大学副学長)

       来賓挨拶 野村忠司(山口県文化連盟会長)

      祝辞紹介 江島潔(参議院議員)

 15:10  リコーダー演奏 ラ・ポティット・バンド

      益田旬一 益田智子 高宮善之 高宮香苗 中原聰

アントニー・ホルボーン作曲「5本のリコーダーのための組曲」

15:20   講演 崔吉城(東亜大学教授・東アジア文化研究所所長)

         「緊張する日朝関係」

閉会の挨拶 友松弘幸(下関広域日韓親善協会会長)  

 (東亜大学コミュニティセンター3階)

2.祝賀会   司会 上水流久彦(県立広島大学准教授)

   16:00  祝辞 金田晉(東亜大学教授・大学院研究科長)

       祝辞 姜信杓(高麗大学校特任教授)  

乾杯 石本弘之(山口県日韓親善協会連合会副会長)

歌 李陽雨(シンガーソングライター)
曲 「よいとまけの歌」他

祝辞・花束贈呈 中村八重(韓国外国語大学校副教授)

参加者紹介

 17:30   閉会の挨拶 田辺よし子(下関市議会議員)

 (発起人  櫛田宏冶 倉光誠 佐々木正一 田辺よし子 友松弘幸)

 反省会まで感謝の言葉は続いて夜帰宅して初めて座った感がした。呼びかけから終わりまで多くの人にご配慮いただき、迷惑をかけた感がする。大学側の協力で盛況出来たことも感謝である。韓国(7人)、名古屋、広島などからも来られた。祝意、花束、お土産が山盛り、心温まるお言葉も溢れる日であった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の喜寿 | トップ | 高級な帽子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (西原経徳)
2017-06-18 07:04:48
大変な盛況でした。
改めてお祝い申し上げます。
たまたま私の隣に高麗大学の姜教授が座られたので
韓国語で話しかけましたところ日本語で返ってきました。
聞いてみると植民地時代に小学校で学んだとか。
なぜ日本語で挨拶しなかったのかなどを聞きました。
僅かな時間でしたが植民地時代のお話を伺うことができました。
本はざっと目を通しただけでまだ読んでいませんが父が中国戦線で
戦ったことを聞いていましたので興味深く読んでみようと思っています。
Unknown (崔吉城)
2017-06-19 05:37:06
ご参加、本当にありがとうございました。講演では自分で陶酔してしまい時間過ぎるのも気がつかず時間切れで、後悔しています。お父さんのお話も聞かせてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む