崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

メディア「媒体」不信

2017年08月09日 05時48分11秒 | エッセイ

 朝起きてコンピューターを開きネット上の情報を読み、それからこれを書くのが変わらない私の日常である。トーフラが未来ショークFuture Shock(1970)にて予告したとおりネット中心の生活になった。トランプ大統領の直話ツイッターなどから情報を読みとる。新聞などの媒体の存在感が薄くなっている。情報源からメディアを通して伝わる体制、「媒体」とは情報を集めて伝えるが、それは「編集」や「偏執」によって捏造、隠ぺいなどが多く、情報源者からは不満があるのは事実である。トランプ大統領はCNNやNew York Timesなどと対立して直接投稿送信する。私も新聞の読者であるが、時には情報提供者にもなる。ある新聞は記者が取材を3回もしても編集者が載せない。直接ブログ、FB、ツイッターなどで報じている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売春婦 | トップ | 記憶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事