崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「生きること」

2017年11月30日 05時44分24秒 | 日記

 私のもう一つの学問的な関心は「死」である。そこにシャーマニズムとキリスト教などが関わっている。1960年代半ば韓国西海の蝟島で風葬の墓「草墳」を目撃した。その後日本に留学したばかりで日本の沖縄で洗骨の現場に立って写真撮影をしたのは幸運であった。それは貴重な写真であり、日本の民俗の写真資料として残したかった。今度東亜大学紀要25号に「沖縄の洗骨調査ノート」として掲載した。抜きずりを多くいただいたので寄贈したい。しかし、読みたいと思われる読者が浮かばない。それでも研究は続けるのが私自身「生きること」である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレビ局の取材 | トップ | 小説作家の韓勝源氏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事