崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

授業参観

2017年07月08日 05時08分44秒 | 講義

 九州地方に大雨。東京、千葉、北海道、韓国などから安否が寄せられた。そんな中、私の日本文化論の講義に同僚の家根橋伸子氏と大連理工大学の林楽青氏が参観に来られた。しかし、大雨の影響で電車が不通になり、小倉に住んでいるベトナムからの留学生5人全員が欠席で、結果的に学生3、教員3の研究会のようになった。日本の贈答文化がテーマだった。普通の商品がプレゼント化されたりしている。そんな日本文化の親切さは商術だけだろうか。贈答文化は基本的には優しさ、思いやりなどの基本精神に基ずく情の交換である。そこに色々な要素が付加して時代と共に複雑化していく傾向にある。外国人からから見たら現金を包んで渡す。お返しのある贈答。丁寧に何重にも包装をして、「つまらないものですが、、、」と言って渡すことなど、互酬性について議論した。

*権藤博志氏撮影・編集DVD

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 校内で見つかった映画フィルム | トップ | 『純平』(ハート出版) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

講義」カテゴリの最新記事