崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

朴クネ大統領弾劾

2016年12月10日 05時46分07秒 | 日記
  • 原田環(県立広島大学名誉教授)「亜細亜3国(日本、朝鮮、清)の近代化の相互比較ー断髪ー
  • 清永修全(東亜大学准教授) 大正期生活改善運動と新しいヘア・スタイル

    2016.12.10 14:30~16:00 東亜大学13号館202

上記は本日の公開講座のお知らせである。

 昨日韓国国会で朴クネ大統領が弾劾された。生中継を見た。決定の瞬間歡呼する風景を見て心が重くなった。私は韓国初の女性大統領に大きく期待、それが外れ、日韓関係についての政策などで失望していた。しかし弾劾については否定的である。それは民主化過程を生きてきたものとして、民主化が独裁化を呼んだ歴史を知っているからである。
 弾劾されたという放送中、下関毎日新聞反田氏から電話、韓国の不安、私も不安であることを語った。今朝の西部版27ページに引用された。

 下関「残念」「不安」~在日韓国人が多い山口県下関市でも弾劾訴追案可決に動揺が走った。韓国出身で日本に住んで28年になる下関市のキムチ店経営、広川順運さんは実家が朴大統領の地元の近く。「反政府運動が一気に盛り上がり、言えなかったことも多いのではないか。(弾劾に)心を痛めている。指導力が足りなかったか、周囲に巻き込まれたのか分からないが期待していたので残念」と同情を寄せた。
 東亜大東アジア文化研究所(下関市)で日韓関係の研究を続ける崔吉城所長は「市民の不満が民意という形で爆発し、国会議員もそれに応じた。しかしこのようなものが本当に民主主義なのだろうか。今後、韓国内がどのような形でまとまっていくのか非常に不安を覚える」と話す。日韓関係について「野党が国内をまとめるために反日に向かう危険がある。今後の日韓関係は不透明さを増すだろう」と懸念を示した。(反田昌平)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギャンブルと娯楽 | トップ | 「アジアの近代化と断髪」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
舛添都知事の件を連想します (高木ラブ)
2016-12-10 18:35:11
舛添前都知事の場合は民意に応じた(屈した)わけでなく、
民意の離反を怖れる自民党や公明党からの組織的圧力で
降ろされたのだと思っております。

リコールになる前に水面下工作で降ろされた都知事。
断崖決議を進める韓国国会。どちらが民主的なのか。
色々と悩ましいところではあります。

崔教授の抱える不安はおそらく民主主義への不安というより、
衆愚政治やポピュリズムへの不安なのではないでしょうか。

韓国国民の政治参画への熱意は日本でも評価されていますが、
同時に長期的視野と構造的視点の欠落が懸念されております。

日本人は民主党政権で痛い目を見た記憶があるせいでしょうね。
かつて無思慮に政権交代して後悔した過去の自分たちの姿と
現在の韓国が被って見えるのかもしれません。
Unknown (崔吉城)
2016-12-10 22:04:48
高木ラブ様、貴重なコメントありがとうございます。フェースブックのコメントを参考まで以下に紹介します。

白嶋 正人 先生、おはようございます。直接選挙と言うことが、一端民衆の怒りを買うと大統領の弾劾までに発展します。この市民運動の背景にも親北の組織が関与するとも聞いています。いずれにせよ、韓国の悪しき習慣共言える過剰共言える
情実政治が大統領権限の強大さとリンクして、富の偏りを生んでいます。これをなんとかしなければ何時までたっても大統領が退いた時の彼らに対する対応が正されて来ませんね。
いいね! · 返信 · 1 · 14時間前 · 編集済み


菅野 修一 『国際市場で会いましょう』と映画を見たことがあります。父親が北朝鮮の咸興で技師として働いた一家が朝鮮戦争で中国軍に追われ米軍と共に南に逃げ、釜山で暮らし、生き別れとなった、父と妹を待つ。・・という内容で、主人公は西ドイツに炭鉱労働者として出稼ぎに行く、ベトナム戦争の時、ベトナムに仕事に行って、片足を失うなど、苦労して21世紀になって生活が安定し、生き別れの妹(幼少時の記憶がないままアメリカで暮らしていた)とも再会する。…・やっと韓国社会が安定を得たのに、何故このような大混乱になるのか、
いいね! · 返信 · 1 · 13時間前


菅野 修一 朴槿恵が大統領にふさわしいとは私も全く思いませんが、次の算段が整ってから、朴槿恵の罪状をきちんと調査してから、辞めさせれば良いではないですか。でないと、また同じことが繰り返されると思います。何故落ち着いて待てないのか。先手必勝ですか?   大統領が悪いことができないように法的整備も必要でしょうし、監査する組織的保証も必要でしょう。朴槿恵の個性の責任ではないでしょう。個人は間違いを犯しますから、これをサポートする仕組みを作るのが政治家や官僚や世論マスコミ=国民の仕事ではないですか。(外国人が余計なことを申しました。)
いいね! · 返信 · 2 · 13時間前


平井 敏晴 최교수님
동감입니다.
いいね! · 返信 · 1 · 12時間前

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事