崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

波乱万丈な人生

2017年04月19日 05時45分56秒 | エッセイ
 作家柳美里氏とは久しぶりに会うような気分であるが実は初対面。彼女は拙著『恨の人類学』を手にしていた。ぎこちなくない、よそよそしくない。なぜであろう。民族感情によるもの?。彼女は在日3世、私はニューカマー。否、有名な作家に会う度にもしかしたら私の人生を小説として書いてくれるのではないかという期待感?。皆自分の人生は波乱万丈だと思うのではないだろうか。そして人はそれぞれ自分の人生を小説にしたら何冊にもなるだろうと思うだろう。私もそうである。*東洋経済日報2017.4.7寄稿文
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京から着任した記者 | トップ | 韓国大統領候補のテレビ討論会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む