崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「代理選挙」

2017年03月13日 06時09分15秒 | 日記

 毎日10時間以上編集作業中、春の散歩がてらに下関市長選に出かけ40分ほど歩いた。はじめは負担を若干感じたが徐々に坂道も早足になった。道路辺の梅やツバキ、水仙など家庭の鉢物にも視線が注がれた。花を育てて管理する心が伝わってきた。この民族のやさしさや美意識が感じられた。帰宅して南京虐殺映画「ジョン・ラーべ」を鑑賞した。残酷さを感じた。日本の男からは性欲のような性質は感じないが、日本軍はなぜ残酷であったのか。それに至った人間の本性に迫る本を編集している。
 永遠の与党地といわれる山口県、自民党の安倍晋三首相と林芳正元農相の"代理戦争"といわれる下関市の市長選は首相の元秘書の前田晋太郎氏となった。期待を込めて「おめでとうございます」という。中尾市長が3選を狙ったが負けた。しかし実績の力は強かった。実績とは行政でもあるが、宣伝と人脈つくりを指すもののように感ずる。私は「3選」ということが気になっている。下関の政治を通して霞が関へ行くのではなく、釜山へ、世界へと期待している。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成熟 | トップ | 袋叩き »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (黒羊)
2017-03-13 12:47:55
>日本軍はなぜ残酷であったのか。それに至った人間の本性に迫る本を編集している。

もう十年以上前から友人と二人で、疑問に思っている事を質問してよいですか?
残忍残酷、性欲の固まりの集団である旧日本軍が、「ガソリンの一滴は血の一滴」とまで言われた貴重な燃料を使ってまで、前線に数十万人の女性を輸送したんでしょうか。コストを考えれば「現地調達」が一番安上がりで簡単でしょうに。
Unknown (崔吉城)
2017-03-14 08:19:38
鈴木さん、南京事件は現地調達が起こした残酷でしょう。
現地調達 (大阪府民)
2017-03-14 21:13:45
現地調達

私は、現地調達の点でも疑問があります。なぜなら、中国でも、貧しい農家の娘さんが大勢身売りしてた状況があったはずなのに、なぜか、それが無視されている点です。

リスクを犯して、現地で民衆の怒りを買うやり方で強姦や拉致をそんなに堂々とやったとは思えません。
そんなことしなくても、現地の売春宿を利用すれば良かったと感じます。

少数の強姦があったかもしれませんが、スマイス調査でも、国民党の仕業と思われるものが多数あったとあります。そして、国民党軍は、台湾でも白色テロで強姦を多発させました。日本軍も、規律が一部乱れてたとしても、国民党の犯罪が全く調査されてません。

また、黒洋さんのいう指摘は、朝鮮からの慰安婦の移送についての指摘かと思います。
Unknown (黒羊)
2017-03-15 22:33:30
外国人記者がいる場所では悪行三昧、世界から孤立し、外国人記者が居ない所では良い子ちゃんぶっている。そこも不思議ではあります。逆ならまだわからなくもないのですが。

その外国人記者といえば、南京事件辺りの時代、国民党の中央宣伝部は特権と検閲で外国人記者を取り込んでプロパガンダに使っていたそうですが、教授はどのようにして情報の真偽を確かめられたのですか?

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事