崔吉城との対話

日々考えていること、感じていることを書きます。

「SAPIO」「反日売り반일팔이」

2017年03月08日 06時00分05秒 | エッセイ

 私と一緒に東洋経済日報にコラムエッセーを書く呉文子氏の「蘭坡音楽賞」に関する新聞記事を読んだ。洪蘭坡氏が韓国で反日感情によって親日派と非難される中の賞の話を堂々と書かれている。コメントなど、詳しくは次の寄稿文としたい。「反日売り반일팔이」という新造語が現れた。反日感情を煽り売り物とすることを指すだろう。これから時々使わせていただきたい。
 4月号「SAPIO」(15ページ)に私のインタビュー記事が28行載っている。記者がわざわざ東京から下関まで来られての記事としては短いかもしれないが、私の長く広い領域の調査、つまりサハリンから長崎までの調査結果の話でもある。それは親日とか反日とかに左右されない私の意見である。一読を願う。ただもう少し説明したいものがある。それは広島でMBCTV光復節記念プログラムの司会をした時のエピソードである。
 広島民団の推薦で「強制連行被害者」として登壇した有名な尹氏に司会者の私が「強制連行されたのですか?」という質問した。彼は「貧困で日本に希望してきた」という意外な内容の話をして、PDの手信号によって録画が一時中断されたことがある。
 戦争が悪いという叫ぶ平和主義者たちに逆らうとする人はいない。しかし戦争も「平和のために」(?)という名分を持って行われたということを知らなければならない。帝国や軍人は政治的に戦争の「参反:是非」を決めるために戦ったわけではない。私はその戦争の倫理性を問うために研究するのではない。戦争期、貧困期にも人が生きて来たその実態を知りたくて研究をしているのである。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主主義に懐疑 | トップ | 石井氏の話を聞いて »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今回の記事はわかりにくいです (高木ラブ)
2017-03-08 23:55:18
>韓国はあまり「反日売り반일팔이」が酷い。
とはどういう意味の言葉なのでしょうか。
팔이は機械翻訳だと「腕が」と訳されます。
googleで検索してもメジャーな単語ではないみたいで
どういう文脈で使用される言葉かもわかりませんでした。

>戦争が悪いという平和に逆らうとする人はいない。
ここも途中で単語が欠落しているようです。

>帝国や軍人は戦争の参反のために戦ったわけではない。
この参反という部分もどういう意味か想像できません。

平和の定義というのも難しいですね。
平和学とか非常に哲学的で難解な学問になってますし。
反日売り (西原経徳)
2017-03-09 03:23:56
確かに崔先生の文章は難解な時があります。
私の理解力がないからなのかとも思ったりも
します。
今回の反日売りは「反日を売りにしている人たち」を
指す言葉であろうと解釈しましたがそうでしょうか。
Unknown (崔吉城)
2017-03-09 05:43:54
表現上手くできず申し訳ありません。「反日売り반일팔이」は私も初めて読んだ新造語です。反日を以て人気を得ようとする人を指すと思います。良い言葉ですので私も使おうかと思います。後に書き直します。愛読ありがとうございます。
Unknown (崔吉城)
2017-03-09 06:58:17
 書き直しました。

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事