動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙 第71号

2015年01月31日 | 通信紙版バックナンバー
平成27年 2月

もうすぐ節分となる2月を迎えましたね。
厳しい冬も終わりに近づき園内には小さな梅の花が咲こうとしております。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
巡る画像
近年は撮影した画像をSNSに投稿したくさんの人と共有される方が多いですね。
私も経験がある事なのですが、最近の出来事です。
私的に知り合って10年来のワンちゃんのご葬儀を行いました。前日からの予定から早朝ご自宅へお迎えした時ご家族は広く延ばされたワンちゃんの画像を手にされております。
見慣れた可愛い顔の画像について御主人に自分で撮影されたのかと尋ねましたら、数週間前にインターネット上で犬の画像集を閲覧してた時に・・どこかで見た姿が・・何とご自分宅のワンちゃんがネット上にアップロードされていたのを偶然見つけました。公園でたたずむ姿はご主人も思い当たりがあり、1年くらい前に散歩の途中に顔見知りの方に撮影してもらったそうです。
その後、撮影した方がご自分のSNSに上げ、画像が巡り巡って戻ってきたのです。
ご家族は嬉しさのあまり画像を出力し写真化しました。
良く晴れた公園を背景にした写真を遺影に、ご家族はワンちゃんをお送りしました。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
この春16才を迎えようとした当霊園挨拶担当猫の「ソラ」が1月5日未明にその生涯を終えました。
様々な形で来園された方に挨拶をしに本堂や構内に出てこれまで多くの方々に可愛がって頂きました。飼い主として皆様に厚く御礼申し上げます。
ソラは生後3カ月で同じく生まれた2匹の兄妹と共に3匹で霊園に来ました。
生まれる時は母猫の飼い主さんの手で3匹とも取り上げてもらい、歯は生えるまで大事にされてその後は人間との関わりが深い生活となります。
生後1年間で兄妹猫を事故で亡くしましたが、他に居た霊園の飼い猫とも仲良くして寂しくはなかったみたいです。
時が経つに連れ霊園の猫達は寿命を迎え続け2年前には一匹だけのソラになりました。
ここ1ヶ月の間に見た目はめっきり歳を取った感じになり体格も小さくなりましたが、人の前でする行動は仔猫時代に戻った様な事をしており、元来からの甘えん坊は死ぬ2日前まで寒空の下、回廊で丸くなり来園される方をお招きしておりました。

死ぬ前日は座布団を敷いた空のミカン箱の中でソラは赤ちゃんに戻りました。寝ているのか、起きているのか分かりませんが時々喋る様な鳴き声に私は一日中返事を繰り返しておりました。
当日早朝、最後の寝床となったミカン箱と共の火葬を行い、お骨は「特別共同墓地」に納めました。
ソラとご縁のありました皆様、来園なさった時に思い出して頂けたら幸いです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
平成27年春彼岸行事は、3月21日・22日の午前11時と午後2時と予定してございます。










紙面版PDF
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巡る画像 | トップ | 豆撒き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。